デニス・ベルカンプ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デニス・ベルカンプ Football pictogram.svg
Dennis Bergkamp cropped.JPG
名前
本名 デニス・ニコラース・マリア・ベルカンプ
愛称 アイスマン、king of trap
カタカナ デニス・ベルカンプ
ラテン文字 Dennis BERGKAMP
基本情報
国籍 オランダの旗 オランダ
生年月日 1969年5月10日(44歳)
出身地 アムステルダム
身長 187cm
体重 81kg
選手情報
ポジション FW
利き足 右足
代表歴
1990–2000 オランダの旗 オランダ 79 (37)
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

デニス・ベルカンプDennis Nicolaas Maria Bergkamp1969年5月10日 - )は、オランダアムステルダム出身の元同国代表サッカー選手。ポジションはFW。「アイスマン」のニックネームを持つ。

略歴[編集]

12歳でアヤックスのユースに入ったベルカンプは、ヨハン・クライフに才能を見出され1986年、17歳でトップチームにデビュー。アヤックスで1990年から3年連続得点王に輝き、リーグ優勝、UEFAカップ優勝などに貢献。239試合に出場し、122ゴールを挙げた。

その後、インテルに移籍したが能力を発揮できず、1995年にアーセナルに移籍しチームの中心として活躍。97~98シーズン、01~02シーズンの二冠等に貢献。また、2003-2004シーズンには無敗でプレミアリーグを制するなど、一時代を築いた。1998年フランスワールドカップアルゼンチン代表戦や01年プレミアリーグのニューカッスル・ユナイテッド戦など伝説的なゴールを数多く挙げ、パトリック・クライファート2003年に更新するまでオランダ代表の最多得点記録も保持していた。

FIFAワールドカップには、94年アメリカ大会1998年フランス大会の計12試合に出場し6得点を記録、アメリカ大会ベスト8、フランス大会ベスト4に大きく貢献した。前述の1998年フランスワールドカップ準々決勝アルゼンチン戦の見事なトラップからのゴールは、当時オランダの新聞によって、「まるでレンブラントの筆さばきのようだ」と同国の歴史的画家のタッチに例えて賞賛された。

05-06シーズン終了をもって引退を表明した。自身がプロデビューを果たしたチームであるアヤックス・アムステルダムとアーセナルの対戦で引退試合が行われ、オランダの往年の名選手であるヨハン・クライフ、元オランダ代表監督マルコ・ファン・バステン、元FCバルセロナ監督フランク・ライカールト、そしてジョバンニ・ファン・ブロンクホルストパトリック・ヴィエラティエリ・アンリデビッド・シーマンエマニュエル・プティエドガー・ダーヴィッツなどが出場し、数多くのサッカー関係者がこの日のために駆けつけた。ベルカンプ本人も出場し、惜しくもこの試合ではゴールを決めることはできなかったが、随所で彼らしいイマジネーション溢れるプレイを魅せ、引退の花道を飾った。また、クライフとファン・バステンは当初スタンドから観戦していたが、後半から当時のアヤックスのユニフォーム姿で実際にピッチに立ち、ベルカンプとプレイしている。特にこの時のファン・バステンは現役時代さながらのプレイを披露し観客を大いに沸かせた。なお、この試合はアーセナルの新スタジアムのエミレーツ・スタジアムのこけら落としとして行われた。

2008-2009シーズンから古巣アヤックスに指導者として復帰し、コーチングライセンス獲得を目指すことが決まっている。 その際、アーセナルよりフロント入りのオファーを受けたが断って古巣アヤックスに指導者として復帰を選んだと本人が2010年5月31日放送の「すぽると!」にて語っている。

エピソード・人物[編集]

  • デニスというファーストネームは、マンチェスター・ユナイテッドの名FW、デニス・ローにあやかって名づけられた。"n"が一つ多いのは、オランダで "Denis" は女性名と間違われる恐れがあるとの理由で市役所が認可せず、父親が追加したためである。愛称のアイスマンは、そのパワーと冷静さによる正確な決定力の他、顔が俳優のヴァル・キルマー(『トップガン』でアイスマン役を演じた)に似ていることから名付けられた。
  • 極度の飛行機恐怖症という弱点を持つことでも有名である。このためヨハン・クライフのニックネーム「Flying Dutchman空飛ぶオランダ人)」をもじって「Non-flying Dutchman飛ばないオランダ人)」と呼ばれた。飛行機恐怖症の理由として、「乗っていた飛行機が爆破予告の対象になり、それがトラウマになっている」、「機中で同行記者に不安を煽ることを言われた」、「自分が乗る予定だった飛行機に乗った友人が航空事故で亡くなった」等の諸説がある。このため、遠隔地への遠征にも陸路でしか参加できなかったことがチームの監督を悩ませていた。EURO2000後の代表引退の一因はこの飛行機恐怖症であるとも言われている[要出典]。ベルカンプを欠いたオランダ代表は2002年ワールドカップ欧州予選で敗退した。
  • インテル所属時代に、当時の主将ジュゼッペ・ベルゴミに「もっとも失望した選手」と言われたことがある。[要出典]また所属チームの会長からホームシックにかかったと目され故郷オランダ絡みのミニ風車、ダムを自宅に作ってもらったがチームになじめなかった、等の話がある[要出典]。インテル在籍2年間は全く活躍できず、獲得時の高額の移籍金を引き合いに「史上最高額のガラクタ」と揶揄されたこともある[要出典]
  • アーセナル時代のチームメイトであるティエリ・アンリが憧れの選手に挙げている。
  • FAがプレミアリーグ発足10年を記念して企画したベストゴール特集で1位を獲得したことがある(ニューカッスル・ユナイテッドFC戦で相手DFを鮮やかな振り向きトラップでかわして決めたゴール)。
  • 甥のローランド・ベルカンプもサッカー選手であり、2012-13シーズンはVVVフェンローに所属している。

所属クラブ[編集]

タイトル[編集]

アーセナルでのベルカンプ

クラブ[編集]

  • インテル
    • UEFAカップ 1994

個人[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
オランダ リーグ戦 リーグ杯 KNVBカップ 期間通算
1986-87 アヤックス 14 エールディヴィジ 14 2
1987-88 25 5
1988-89 30 13
1989-90 25 8
1990-91 33 25
1991-92 30 24
1992-93 28 26
イタリア リーグ戦 イタリア杯 オープン杯 期間通算
1993-94 インテル 10 セリエA 31 8
1994-95 21 3
イングランド リーグ戦 FLカップ FAカップ 期間通算
1995-96 アーセナル 10 プレミアリーグ 33 11
1996-97 29 12
1997-98 28 16
1998-99 29 12
1999-00 28 6
2000-01 25 3
2001-02 33 9
2002-03 29 4
2003-04 28 4
2004-05 29 8
2005-06 24 2
通算 オランダ 185 103
イタリア 52 11
イングランド 315 87
総通算 552 201

代表歴[編集]

  • 代表デビュー:1990年9月26日 イタリア
  • 代表キャップ:79試合
  • 得点記録:37得点(歴代2位)
  • 2000年8月10日に代表引退を発表

この項目は、ウィキプロジェクト サッカー選手の「テンプレート」を使用しています。