ジョルディ・クライフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョルディ・クライフ Football pictogram.svg
Cruyff, Jordi.jpg
名前
本名 ヨハン・ジョルディ・クライフ
ラテン文字 Johan Jordi CRUYFF
基本情報
国籍 オランダの旗 オランダ
生年月日 1974年2月9日(40歳)
出身地 アムステルダム
身長 184cm
体重 72kg
選手情報
ポジション OHCF、WG
代表歴
1996[1] オランダの旗 オランダ 9 (1) 
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ジョルディ・クライフ(Johan Jordi Cruijff, 1974年2月9日 - )は、オランダアムステルダム出身のサッカー選手、サッカー指導者。オランダが世界に誇るスーパースター、ヨハン・クライフを父に持つ。親譲りの足技を武器に、攻撃的なポジションならどこでもこなせるユーティリティ・プレイヤー。

人物[編集]

父ヨハン・クライフが選手としてFCバルセロナに在籍していた1974年に誕生し、カタルーニャ語風に「Jordi(ジョルディ)」と名付けられた。FCバルセロナの下部組織(カンテラ)を経て、父が監督を務めていた1994年にトップチームデビューを飾る。「エル・ドリーム・チーム」と称された同クラブの黄金時代を間近で体験する。

1996年、父がバルセロナ監督を辞任すると、ジョルディも時を同じくしてイングランドFAプレミアリーグマンチェスター・ユナイテッドへ移籍。しかし度重なる怪我に悩まされ、満足なプレーをすることは出来なかった。その後スペインリーガ・エスパニョーラのクラブを転々としたが、偉大な父を持つ影響で周囲から過度の期待を受けてしまい、その重圧から十分なパフォーマンスを発揮出来ずにいた。

2004年、当時所属していたエスパニョールから自由契約とされ、無所属となる。UAEのクラブチームからオファーを受けるも膝の怪我により白紙となり、負傷箇所の手術を決断、その後はリハビリを続けながらオファーを待っていた。2006-2007シーズンは新天地をウクライナに求め、復活を賭ける。2008年で引退。その後は、ファッションビジネスを手がけたり、クライフブランドの会社を手伝っていたが、2009年夏、マルタのサッカークラブヴァレッタFCの選手兼アシスタントコーチに就任することを発表、現役に復帰した。

バルセロナ生まれであるためスペイン国籍も有するが、父と同じオランダ代表を選択した。通算9試合1得点。

選手歴[編集]

→1998-1999 スペインの旗 セルタレンタル移籍

指導者歴[編集]

  • 2009-2010 マルタの旗 ヴァレッタFC:アシスタントコーチ
  • 2010-現在 キプロスの旗 AEK Larnaca:チームマネージャー

出典[編集]

外部リンク[編集]