エンリコ・キエーザ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エンリコ・キエーザ Football pictogram.svg
名前
ラテン文字 Enrico CHIESA
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 1970年12月29日(43歳)
出身地 ジェノヴァ
身長 176cm
体重 70kg
利き足
代表歴
1996-2001 イタリアの旗 イタリア 17 (7)[1]
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

エンリコ・キエーザEnrico Chiesa1970年12月29日 - )は、イタリアジェノヴァ出身の元サッカー選手。ポジションはFW。地元サンプドリアのプリマヴェーラ出身。現在はサンプドリア下部組織の監督である。

来歴[編集]

デビュー以来、サンプドリアパルマフィオレンティーナラツィオなど多くのクラブを渡り歩き、現在はフィリーネ・ヴァルダルノに所属。95-96シーズンにサンプドリアで頭角をあらわしイタリア代表へ招集される。セリエA通算350試合出場を達成後も年齢を感じさせぬ動きで、中心選手として活躍。2008-2009シーズンからセリエC2のフィリーネ・ヴァルダルノでプレーしている。

パルマの黄金期の主要メンバーであり、96-97シーズンに同チームに移籍すると、、同年に監督に就任したカルロ・アンチェロッティは、これまでの、ジャンフランコ・ゾラに代わってキエーザ主軸のチームに移行させる。キエーザの厚遇と反比例するかのように右ウィングでの起用を要求されたゾラは不満を募らせ、同シーズン途中で、チェルシーへと移籍する。キエーザ自身も、自らを引き立ててくれたアンチェロッティには特別な思いを抱いており、アンチェロッティに解任論が浮上した際には全面擁護の論陣を張った。その後移籍したフィオレンティーナにおいても、バティストゥータの抜けた穴を埋めた00-01シーズンには22ゴールを記録する活躍を見せた。

イタリア代表としては1996年5月29日のベルギー戦(クレモナ)で代表デビューを飾り、同年のUEFA欧州選手権1996、1998年のFIFAワールドカップ・フランス大会に出場した。

所属クラブ・成績[編集]

シーズン クラブ リーグ
セリエ 試合数 得点数
1988-89 サンプドリア A 1 0
1989-90 A 0 0
1990-91 テラーモ C2 31 5
1991-92 キエーティ C1 24 6
1992-93 サンプドリア A 26 1
1993-94 モデナ B 36 14
1994-95 クレモネーゼ A 34 14
1995-96 サンプドリア A 27 22
1996-97 パルマ A 29 14
1997-98 A 33 10
1998-99 A 30 9
1999-00 フィオレンティーナ A 24 7
2000-01 A 30 22
2001-02 A 5 5
2002-03 ラツィオ A 12 2
2003-04 シエナ A 30 10
2004-05 A 36 11
2005-06 A 38 11
2006-07 A 23 0
2007-08 A 2 0
2008-09 フィリーネ・ヴァルダルノ LP-SD 21 5
2009-10 LP-PD 11 2
合計 503 170

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ RSSSF. “RSSSFによるイタリア代表の選手の記録”. 2009年2月27日閲覧。