ビリー・ブレムナー (サッカー選手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビリー・ブレムナー Football pictogram.svg
Billy Bremner cropped.jpg
名前
本名 ウィリアム・ジョン・ブレムナー
William John Bremner
ラテン文字 Billy Bremner
基本情報
国籍 スコットランドの旗 スコットランド
生年月日 1942年12月9日
出身地 スターリング
没年月日 1997年12月7日(満54歳没)
身長 166cm
体重 63kg
選手情報
ポジション MF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1959-1976
1976-1979
1979-1981
イングランドの旗リーズ・ユナイテッド
イングランドの旗ハル・シティ
イングランドの旗ドンカスター
587 (90)
61 (6)
5 (0)
代表歴
1965-1976 スコットランドの旗 スコットランド 54 (3)
監督歴
1978-1985
1985-1988
1989-1991
イングランドの旗ドンカスター
イングランドの旗リーズ・ユナイテッド
イングランドの旗ドンカスター
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ビリー・ブレムナー(Billy Bremner、1942年12月9日 - 1997年12月7日)は、スコットランド出身の元サッカー選手サッカー指導者。ポジションはMF

経歴[編集]

スコットランドでサッカーを学び、当初はチェルシーへの入団を目指したが、身長が小さすぎる(165cm)との理由から入団を果たせなかった。1959年、17才でリーズ・ユナイテッドにスカウトされ入団、プロ選手としてのキャリアを開始した。ドン・レヴィーの下で1966年から主将を務めるようになると強烈なリーダーシップと闘争心でチームを牽引。驚異的なスタミナと優れたパスセンス・相手に競り負けない屈強な肉体を併せ持ち、1960年代中盤から1970年代初頭のリーズの中盤を支えた。

彼は激しい闘志の性格の持ち主であり、当時「ダーティ・リーズ」と呼ばれるほど反則・激しい衝突が多かったリーズの象徴といえる選手で、ブレムナーは対戦相手に強烈な爪痕を残し、チームメイトのノーマン・ハンターらと並び度々警告の対象となっていた。

1967-68シーズンにはフットボールリーグカップ優勝、翌1968-69シーズンにはリーグ初優勝に貢献した。その後も1971年にFAカップ優勝、1974年に2度目のリーグ優勝に貢献するなど、1959年から1976年までの在籍期間にリーグ通算587試合出場90得点を記録した。

国際試合においてもインターシティーズ・フェアーズカップUEFAカップの前身)優勝2回(1967年、1971年)、1973年のUEFAカップウィナーズカップ準優勝、1975年のUEFAチャンピオンズカップ準優勝(試合は0-2でドイツバイエルン・ミュンヘンに敗退)に貢献した。

リーズ・ユナイテッド監督のレヴィーがイングランド代表監督を務めるため退団するとリーズ内部に内紛が起こり、1976年にブレムナーもリーズを去る。同年ハル・シティに移籍、1979年にはドンカスター・ローヴァーズでプレーを続け、1981年に現役を引退した。

スコットランド代表としては、1965年に代表デビュー。主将として1974年のFIFAワールドカップ・西ドイツ大会に出場した(1勝2分けの無敗ながら得失点差により1次リーグ敗退)。ブレムナーは1976年に代表から退くまで国際Aマッチ54試合に出場し3得点を記録した。

引退後は指導者の道へ進み、ドンカスターで7年間監督を務め、1985年には低迷していた古巣リーズの監督に就任するがトップディビジョンへの復帰は果たせず、1989年には再度ドンカスターの監督に就任した。1997年12月7日に心筋梗塞により死去、54歳没。

生前の功績が認められ、2004年にイングランドサッカー殿堂入りを果たした。2006年12月9日、選手時代に多くの成功を収めたリーズ・ユナイテッドのホームスタジアム・エランド・ロードの正面通りにブレムナーの銅像が立てられた。銅像前はリーズファンにとっての聖域となっている。

個人タイトル[編集]

外部リンク[編集]