マリオ・マンジュキッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリオ・マンジュキッチ Football pictogram.svg
Mario Mandžukić Bayern.jpg
名前
ラテン文字 Mario Mandžukić
キリル文字 Марио Манџукић
基本情報
国籍 クロアチアの旗 クロアチア
生年月日 1986年5月21日(27歳)
出身地 スラヴォンスキ・ブロド
身長 186cm
体重 74kg
選手情報
在籍チーム ドイツの旗 バイエルン・ミュンヘン
ポジション FW
背番号 9
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2004-2005
2005-2007
2007-2010
2010-2012
2012-
クロアチアの旗 マルソニア
クロアチアの旗 NKザグレブ
クロアチアの旗 ディナモ・ザグレブ
ドイツの旗 ヴォルフスブルク
ドイツの旗 バイエルン・ミュンヘン
23 (14)
51 (14)
81 (42)
56 (20)
47 (32)
代表歴2
2005-2007
2007-
クロアチアの旗 クロアチア U-21
クロアチアの旗 クロアチア
7 (1)
46 (13)
1. 国内リーグ戦に限る。2014年3月22日現在。
2. 2013年11月19日現在。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

マリオ・マンジュキッチMario Mandžukić, 1986年5月21日 - )は、クロアチア東部スラヴォンスキ・ブロド出身のサッカー選手。バイエルン・ミュンヘン所属。ポジションはFWで、クロアチア代表では右のウインガーも務める。

来歴[編集]

クラブ[編集]

幼少時にドイツで過ごしていた時期があり、シュトゥットガルト近郊ディツィンゲンという町のクラブでサッカーを始めた。その後出身地に戻り、1997年から2003年までNKマルソニアのユース組織に所属した。2005年夏にNKザグレブに移籍。元クロアチア代表監督であるミロスラヴ・ブラジェヴィッチの指導の下で才能を伸ばし、他の多くのクラブから関心を持たれるようになった。

2007年夏、クロアチア内の強豪NKディナモ・ザグレブに、エドゥアルド・ダ・シルヴァの代役として130万ユーロの移籍金で移籍[1]。移籍初年度は29試合出場で12ゴール、11アシストを記録した反面、8枚のイエローカードを受けるという不名誉な記録も残してしまった。2008-09シーズンは、28試合に出場し16ゴールをあげ、クロアチアリーグ得点王に輝いた。シーズン終了後、ドイツのヴェルダー・ブレーメンから1200万ユーロの移籍金で獲得のオファーがあったが、ディナモは1500万ユーロを要求し破談に終わった。

2009年9月17日UEFAヨーロッパリーグRSCアンデルレヒト戦(ホームで0対2の敗戦)後、試合中の低調なパフォーマンスと、以前に行われたUEFAチャンピオンズリーグ予選、レッドブル・ザルツブルク戦でのレッドカードの責任を問われ、10万ユーロの罰金という高額な懲罰が課された[2]。これはクラブ史上初の経済的懲罰だった[3]

2010年7月16日ドイツVfLヴォルフスブルクへ移籍。移籍金は700万ユーロと報道されている[4][5]

12得点を挙げた2011-12シーズンと、UEFA EURO 2012でグループリーグで敗退したものの3試合で3得点した活躍が評価されて、2012年6月27日に1300万ユーロでバイエルン・ミュンヘンに移籍した。

クロアチア代表[編集]

2007年11月17日マケドニア共和国代表戦で代表デビュー。2008年9月10日イングランド代表戦で初ゴールを決めた。

2012年6月10日UEFA EURO 2012グループリーグ初戦、アイルランド戦では2得点を挙げ、クロアチアの勝利に貢献した。

2013年11月19日2014 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選プレーオフアイスランド戦では先制点を決めたものの退場処分を受けた。その後ダリヨ・スルナのゴールでクロアチアは本大会出場権を獲得したものの、ブラジルとの開幕戦に出場できなくなった。

タイトル[編集]

クラブ
クロアチアの旗 NKディナモ・ザグレブ
ドイツの旗 バイエルン・ミュンヘン
個人タイトル
  • クロアチアリーグ得点王 2008–09
  • クロアチアリーグ最優秀選手 2008–09
  • UEFA EURO 2012得点王
  • クロアチア年間最優秀選手 2012, 2013

個人成績[編集]

2013年6月12日現在[6]
国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点
クロアチア リーグ戦 オープン杯 期間通算
2004-05 NKマルソニア ドルガ 23 14 - 23 14
2005-06 NKザグレブ 17 プルヴァ 27 3 - 27 3
2006-07 23 11 - 23 11
2007-08 NKディナモ・ザグレブ 29 12 8 5 37 17
2008-09 28 16 5 5 33 21
2009-10 24 14 0 0 24 14
ドイツ リーグ戦 DFBポカール 期間通算
2010-11 VfLヴォルフスブルク 18 ブンデス 24 8 3 0 27 8
2011-12 32 12 1 0 33 12
2012-13 バイエルン・ミュンヘン 9 24 15 5 3 29 18
通算 クロアチア HNL 154 70 13 10 167 80
ドイツ ブンデス 80 35 9 3 89 38
総通算 234 105 22 13 256 118

脚注[編集]

  1. ^ Dinamo act quickly to replace Eduardo, uefa.com, 2007年7月10日
  2. ^ “Mandžukića igrači trebaju šamarati zbog njegovog seljačkog ponašanja!” (クロアチア語). Milan Stjelja (Sportske novosti). (2009年9月18日). http://sportske.jutarnji.hr/index.php?cmd=show_clanak&clanak_id=13925 2009年9月21日閲覧。 
  3. ^ “Ne želi o kaznama: 'Samo se nadam da će reakcija igrača biti pozitivna!” (クロアチア語). Davorin Olivari (Sportske novosti). (2009年9月19日). http://sportske.jutarnji.hr/index.php?cmd=show_clanak&clanak_id=13949 2009年9月19日閲覧。 
  4. ^ クロアチア代表マンズキッチ、ヴォルフスブルク移籍 Livedoor 2010年7月17日付記事
  5. ^ Career statistics Nogometni Magazin 2010年7月17日閲覧
  6. ^ Career statistics at transfermarkt.de (ドイツ語)

外部リンク[編集]