VfLヴォルフスブルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
VfLヴォルフスブルク
原語表記 Verein für Leibesübungen Wolfsburg Fußball GmbH
愛称 Wolfs
クラブカラー
創設年 1945年
所属リーグ ドイツ・ブンデスリーガ
所属ディビジョン 1部
ホームタウン ドイツの旗 ドイツ ニーダーザクセン州ヴォルフスブルク
ホームスタジアム フォルクスワーゲン・アレーナ
収容人数 30,000
代表者 フランシスコ・ハヴィエル・ガルシア・サンス
監督 ドイツの旗 ディーター・ヘッキング
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ
ヴォルフスブルクの選手たち (2004年)

VfLヴォルフスブルク・フースバルドイツ語: VfL Wolfsburg-Fußball GmbH)は、ドイツニーダーザクセン州ヴォルフスブルクに本拠地を置くサッカークラブチーム。ヴォルフスブルクに本社を置く大手自動車メーカーフォルクスワーゲンをスポンサーに抱えており、比較的潤沢な資金を有している。

歴史[編集]

1945年に創設された。1990年代後半よりクラブの強化が進み、1995年にはブンデスリーガ2部のクラブでありながら、カップ戦で準優勝を果たした。1996-97シーズンにおいて、最終戦でヘルタ・ベルリンを得失点差で逆転、ブンデスリーガ1部へ昇格を果たした。目立ったビッグネームの補強はないが、フォルクスワーゲンという強力なスポンサーの下で堅実な補強を重ねており、ブンデスリーガで比較的安定した成績を残している。

初のリーグ優勝[編集]

2005-06シーズンからの2年間は残留争いに巻き込まれる不本意な成績が続いていたが、2007-08シーズンからシュトゥットガルトバイエルン・ミュンヘンを率いたフェリックス・マガトが新監督に就任。前半戦こそ30得点30失点の11位と不安定な成績で終えたものの、冬の補強でCDナシオナルからGKのディエゴ・ベナリオを、浦和からMFの長谷部誠らを獲得しDF組織のテコ入れを図る。この補強が功を奏して後半戦は28得点16失点と安定した戦いを見せ、クラブ史上最高の5位でシーズンを終了。2008-09シーズンのUEFAカップ出場権を獲得した。

2008-09シーズンは序盤戦こそ成績が安定しなかったものの、グラフィッチエディン・ジェコの大ブレイクなどもあり、徐々に順位を上げていった。2009年4月4日のバイエルン・ミュンヘン戦に圧勝して首位に立つと、最終節まで勢いは衰えず、クラブ史上初のリーグ優勝(はもとより、カップ戦を含めドイツの主要国内大会初優勝)を果たした。グラフィッチは28得点で得点王、ジェコは26得点でグラフィッチに次ぐ得点ランク2位となるなど、攻撃力の高さが目立った。なお、同一チームから20得点以上の選手が2人出るのはブンデスリーガ史上初である。また、長谷部誠(と大久保嘉人)は奥寺康彦以来31年ぶりにブンデスリーガ優勝を経験した日本人となった。

リーグ優勝達成以降[編集]

ドイツ王者として出場した2009-10シーズンのUEFAチャンピオンズリーグではマンチェスター・ユナイテッドCSKAモスクワ等と同組となり、最終節まで決勝トーナメント進出を争ったものの、マイケル・オーウェンにハットトリックを決められて、1-3でマンチェスター・ユナイテッドに破れ、グループリーグにて敗退している。リーグも中位に低迷し、 アルミン・フェーは解任された。

2009-10シーズン以降、クラブの予算や戦力に見合わない低迷した成績が続いている(2010-11シーズンはあわやブンデスリーガ2部降格という危機にまで陥った)。

2011年3月、2008-09シーズン優勝時の監督フェリックス・マガトを呼び戻し、彼の主導の下、ここ暫く続いた低迷を打破しようと試みている(その他、2010年にヘルタ・ベルリンのフロントで手腕を振るっていたディーター・ヘーネスゼネラルマネージャーに招聘するなど、クラブは次のビジョンを見据えている)。

現在、クラブの立ち位置としては、優勝もしくは優勝争いをするレベルまでの戦力および予算を保持していないが、チャンピオンズリーグ出場権(2011-12シーズンからは4位以内)もしくはヨーロッパリーグ出場権(国内カップ戦優勝、リーグ戦5位6位)を狙える、上位グループに位置する戦力を有している。

タイトル[編集]

国内タイトル[編集]

2008-09

国際タイトル[編集]

なし

過去の成績[編集]

シーズン リーグ 順位 得点 失点 勝ち点
1992-93 2. ブンデスリーガ 14位 65 69 45-47
1993-94 2. ブンデスリーガ 5位 47 45 40-36
1994-95 2. ブンデスリーガ 4位 51 40 43-25
1995-96 2. ブンデスリーガ 12位 41 46 44
1996-97 2. ブンデスリーガ 2位 52 29 58
1997-98 ブンデスリーガ 14位 38 54 39
1998-99 ブンデスリーガ 6位 54 49 55
1999-2000 ブンデスリーガ 7位 51 58 49
2000-01 ブンデスリーガ 9位 60 45 47
2001-02 ブンデスリーガ 10位 57 49 46
2002-03 ブンデスリーガ 8位 39 42 46
2003-04 ブンデスリーガ 10位 56 61 42
2004-05 ブンデスリーガ 9位 49 51 48
2005-06 ブンデスリーガ 15位 33 55 34
2006-07 ブンデスリーガ 15位 37 45 37
2007-08 ブンデスリーガ 5位 58 46 54
2008-09 ブンデスリーガ 1位 80 41 69
2009-10 ブンデスリーガ 8位 64 58 50
2010-11 ブンデスリーガ 15位 43 48 38
2011-12 ブンデスリーガ 8位 47 60 44
2012-13 ブンデスリーガ 11位 47 52 43
2013-14 ブンデスリーガ 5位 63 50 60

現所属メンバー[編集]

2014年7月11日現在
No. Pos. 選手名
1 スイスの旗 GK ディエゴ・ベナリオ (Captain sports.svg)
2 ドイツの旗 DF パトリック・オクス
4 ドイツの旗 DF マルセル・シェーファー
5 スイスの旗 DF ティム・クローゼ
6 セルビアの旗 MF スロボダン・メドイェヴィッチ
7 ドイツの旗 MF ダニエル・カリジュリ
8 ポルトガルの旗 FW ヴィエリーニャ
9 クロアチアの旗 MF イヴァン・ペリシッチ
11 クロアチアの旗 FW イヴィツァ・オリッチ
12 オランダの旗 FW バス・ドスト
14 ベルギーの旗 MF ケヴィン・デ・ブライネ
15 ドイツの旗 MF クリスティアン・トレーシュ
19 ベルギーの旗 MF ジュニオール・マランダ
20 ドイツの旗 GK マックス・グリュン
21 ドイツの旗 GK パトリック・ドレヴェス
No. Pos. 選手名
22 ブラジルの旗 MF ルイス・グスタヴォ
24 ドイツの旗 FW ケヴィン・シャイドハウアー
25 ブラジルの旗 DF ナウド
26 ブラジルの旗 DF フェリペ・ロペス
27 ドイツの旗 MF マクシミリアン・アルノルト
30 ドイツの旗 MF シュテファン・クッチケ
31 ドイツの旗 DF ロビン・クノッヘ
32 ドイツの旗 MF ヴィリ・エフセエフ
33 ドイツの旗 MF パウル・セギン
34 スイスの旗 DF リカルド・ロドリゲス
37 ドイツの旗 DF モーリッツ・シュプレンガー
-- ドイツの旗 DF セバスティアン・ユング
-- ドイツの旗 MF アーロン・ハント
-- ドイツの旗 FW セバスティアン・シュトルツェ
-- ポーランドの旗 MF マテウシュ・クリッチ

ローン移籍選手[編集]

in
No. Pos. 選手名
out
No. Pos. 選手名
-- ブラジルの旗 DF ファグネル (ヴァスコ・ダ・ガマ)
-- ドイツの旗 DF ビャーネ・トールケ (ディナモ・ドレスデン)
-- チェコの旗 MF ヴァーツラフ・ピラシュ (ヴィクトリア・プルゼニ)
No. Pos. 選手名
-- コートジボワールの旗 MF イブラヒム・シッソコ (デポルティーボ)
-- スウェーデンの旗 FW ラスムス・ヨンソン (オールボー)

2014-15シーズン移籍[編集]

歴代監督[編集]

歴代所属選手[編集]

GK[編集]

DF[編集]

MF[編集]

FW[編集]

外部リンク[編集]