パトリック・クライファート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パトリック・クライファート Football pictogram.svg
Kluivert7Sep2006.jpg
名前
本名 パトリック・ステーフェン・クライファート
Patrick Steven Kluivert
愛称 黒いファン・バステン
ドン・キホーテ、気まぐれの天才
ラテン文字 Patrick KLUIVERT
基本情報
国籍 オランダの旗 オランダ
スリナムの旗 スリナム
生年月日 1976年7月1日(38歳)
出身地 アムステルダム
身長 188cm
体重 81kg
選手情報
ポジション FW (CF)
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1994-1997
1997-1998
1998-2004
2004-2005
2005-2006
2006-2007
2007-2008
オランダの旗 アヤックス
イタリアの旗 ACミラン
スペインの旗 FCバルセロナ
イングランドの旗 ニューカッスル
スペインの旗 バレンシアCF
オランダの旗 PSV
フランスの旗 リール
70 (39)
27 0(6)
182 (90)
25 0(6)
10 0(1)
16 0(3)
13 0(4)
代表歴
1994-2004[1] オランダの旗 オランダ 79 (40)
監督歴
2008-2009
2010-2011
2011-
オランダの旗 AZアルクマール(コーチ)
オランダの旗 NECナイメヘン(コーチ)
オランダの旗 FCトゥヴェンテ(ユース監督)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

パトリック・ステーフェン・クライファート(Patrick Steven Kluivert, 1976年7月1日 - )は、オランダアムステルダム出身の元サッカー選手、現サッカー指導者。オランダ代表の前歴代最多得点者である。現役時代のポジションはフォワードオランダ語読みに近いクライフェルトと表記されることもある。

経歴[編集]

初期の経歴[編集]

1976年7月1日、パトリック・クライファートはオランダの首都アムステルダムに生まれた。スリナムのCalcutta出身の父親はプロサッカー選手であり、母親も父親同様スリナム出身である[2]。ストリートサッカーで技術を習得し、Schellingwoude というクラブに1年間通った後、7歳の時にアヤックス・アムステルダムの下部組織に入団した。この頃はディフェンダーなどのポジションでもプレーしていた。技術の高さやインテリジェンス、スピードなどが持ち味であったが、調子に波がありすぎることが欠点だった[3]

現役時代[編集]

クラブ[編集]

アヤックス

アヤックス・アムステルダムの下部組織出身であり、1994年8月21日、18歳の時にトップチームのルイス・ファン・ハール監督に見出され、オランダ・スーパーカップフェイエノールト戦でデビューした。この試合でトップチーム初得点を決めると、デビューシーズンの1994-95シーズンは高い得点能力を発揮し、デニス・ベルカンプエドガー・ダーヴィッツクラレンス・セードルフエドウィン・ファン・デル・サールなど同じ下部組織出身の若手選手たちとともにUEFAチャンピオンズリーグで旋風を巻き起こし、ついには優勝を果たした。ウィーンで行われた決勝のACミラン戦では途中出場して85分に決勝点を決め、クラブにとって22シーズンぶりとなる欧州でのタイトルを獲得した。1995年夏にはオランダ・スーパーカップUEFAスーパーカップというふたつのスーパーカップを制覇し、1995年冬のインターコンチネンタルカップではグレミオをPK戦の末に破って世界一の座に輝いた。1995-96シーズンにはエールディヴィジ2連覇を果たした。

ACミラン

1997年、ボスマン・ルールを行使してイタリア・セリエAのACミランに移籍した。ユヴェントスとの親善試合で鮮烈なデビュー弾を決めて見せたが、1997-98シーズンはわずか6得点に終わった。1997年、激しい自動車事故を起こし、同乗していた演出家のカートン・パットマンが死亡した。クライファートは故殺罪で起訴され、運転免許の剥奪と社会奉仕活動を課された。

FCバルセロナ

1998年8月28日、移籍市場が閉まる直前にスペイン・リーガ・エスパニョーラFCバルセロナと4年契約を結んだ[4]。移籍金は875万ポンド。アヤックスで指導を受けたファン・ハール監督と再会し、1998-99シーズンのリーグ戦を制した。1999-2000シーズンにはリーグ戦3連覇を逃したものの、チーム内得点王となる15得点を挙げた[5]。1998-99シーズンからはリバウドルイス・フィーゴと3トップを組むことが多く、2001-02シーズンにはリバウド、ハビエル・サビオラと3トップを組むことが多かった。トップ下としてプレーしたこともある。1998-99シーズンから2002-03シーズンまで5シーズン連続でリーグ戦15得点以上を挙げたが、2003年夏にフランク・ライカールト監督が就任して脱オランダ化を図り、パリ・サンジェルマンFCからロナウジーニョが加入したこともあって出場機会が減少した。2003-04シーズンはリーグ戦21試合の出場にとどまり、FCバルセロナ移籍後最少となる8得点に終わった。FCバルセロナでは6シーズンでリーグ戦182試合に出場して90得点を挙げた。2004年3月4日、FIFA100に選出された。

ニューカッスル・ユナイテッドFC

2004年7月21日、イングランド・プレミアリーグニューカッスル・ユナイテッドFCに移籍し、チームの象徴であるアラン・シアラーとコンビを組んだ。ニューカッスルと契約した理由として、FCバルセロナ時代にUEFAチャンピオンズリーグの試合でニューカッスルと対戦し、その際に強い感情を受けたためだとしている。FAカップでは、2005年2月20日のチェルシーFC戦(1-0)[6]や3月13日のトッテナム・ホットスパーFC戦(1-0)[7]などで重要かつ華麗な得点を決め、ともに1-0で勝利している。2004-05シーズンには公式戦通算13得点を挙げたが、リーグ戦では14位に沈み、契約延長には至らなかった。

バレンシアCF

2005年夏、スペインのバレンシアCFに移籍した。2005-06シーズンは絶えず負傷に悩まされて202分間しか出場できず、2006年7月には移籍先を探すことを許された。

PSVアイントホーフェン

2006年夏には古巣アヤックスへ復帰する噂もあったが、移籍市場終了直前の8月31日にアヤックスのライバルであるPSVアイントホーフェンと1年契約を結んだ。アヤックスの時と同じようにフェイエノールト戦(2-1)で途中出場してデビューすると、ライバルクラブ出身のクライファートに対してスタンディングオベーションが贈られた。2006-07シーズンは前半戦だけで2度の負傷に悩まされ、出場機会を阻まれた。フィリップス・スタディオンで行われたアヤックス戦では古巣相手に得点したが、古巣に対しての愛情からゴールセレブレーションを拒否した。2007年7月、契約満了によりPSVを離れた。

LOSCリール・メトロポール

2007年7月25日、イングランドのシェフィールド・ウェンズデイFCのトライアル受験に誘われたが、これを拒否し[8]、フランス・リーグ・アンLOSCリール・メトロポールと契約を結んだ[9]。若いチームに自身の経験を伝え、先発出場は10試合だったが4得点を挙げ、価値あるアシストを何度も決めてチームに貢献した。2008年5月、クロード・ピュエル監督に対してチームを離れる意向を示し、現役引退を発表した。

代表[編集]

U-15、U-16、U-17オランダ代表に選ばれた経験がある[3]

UEFA欧州選手権1996

1995年にオランダA代表としてデビューし、UEFA欧州選手権1996出場メンバーにも選ばれたが、膝の負傷で満足にプレーできなかった。それでもグループリーグのイングランド戦ではデニス・ベルカンプのアシストから得点し、スコットランドを得点数の差で上回って決勝トーナメント進出を決めた。準々決勝のフランス戦はPK戦の末に敗れ、大会からの敗退が決まった。

1998 FIFAワールドカップ

1998 FIFAワールドカップにも出場したが、ベルギー戦ではロレンツォ・スターレンスに挑発され、肘打ちを見舞って退場処分を受けた。準々決勝のアルゼンチン戦では改心し、先制点を挙げて準決勝進出に貢献した。準決勝のブラジル戦でも輝きを見せ、ヘディングで同点ゴールを挙げたが、PK戦で敗れた。

UEFA欧州選手権2000

UEFA欧州選手権2000にも出場し、準々決勝のユーゴスラビア戦(6-1)ではハットトリックを達成して相手を粉砕した。準決勝のイタリア戦で、オランダ代表は90分の間に2度もペナルティキックを蹴る機会があったが、2本とも外し(1本はクライファート)、PK戦にもつれ込んだ。PK戦でもオランダ代表の選手はなかなかゴールネットを揺らせず、2年前のブラジル戦や4年前のフランス戦と同じくPK戦の末に敗れた。自身は大会通算5得点を挙げ、ユーゴスラビア代表のサボ・ミロシェビッチとともに大会得点王に輝いた。

UEFA欧州選手権2004

UEFA欧州選手権2004にもやはり、背番号9を付けて臨んだ。しかし、頑固なディック・アドフォカート監督はクライファートに出場機会を与えず、オランダ代表のフィールドプレーヤーとして唯一、試合に出場することがなかった選手であった。

2006 FIFAワールドカップ

UEFA欧州選手権2004後に就任したマルコ・ファン・バステン監督はクライファートを無視し、2006 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選には1試合も招集されなかった。

指導者時代[編集]

2008年4月29日、オランダメディアはクライファートがオランダサッカー協会(KNVB)の指導者養成コースに参加する可能性があると報じた[10]。2008年7月18日、Goal.comはクライファートがAZアルクマールのコーチングスタッフの一員となる可能性を報じ、2009年3月21日にはサッカーAMのインタビューにてAZアルクマールでフォワードを指導している事を認めた。2010年1月24日、オーストラリア・Aリーグブリスベン・ロアーFCで2週間限定で指導を行うことを発表した[11]。同年5月19日、現役復帰の可能性があり得ないことをジャーナリストに伝えた[12]。2010年8月、NECナイメヘンのアシスタントコーチに就任し、チームのフォワードを指導した。2011年6月にはFCトゥウェンテのユースチームの監督に就任した[13]。また2012年夏よりオランダ代表のコーチも兼任することになった。

人物[編集]

最初の妻との間に3人の息子がいる。2007年9月24日、再婚相手との間に4人目となる息子が生まれた。オランダ代表のチームメイトであったルート・ファン・ニステルローイとは生年月日(1976年7月1日)が一緒である[14]

所属クラブ[編集]

選手[編集]

指導者[編集]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

個人[編集]

個人成績[編集]

クラブでの出場成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
オランダ リーグ戦 リーグ杯 KNVBカップ 期間通算
1994-95 アヤックス エールディヴィジ 25 18
1995-96 9 28 15
1996-97 17 6
イタリア リーグ戦 イタリア杯 オープン杯 期間通算
1997-98 ACミラン 9 セリエA 27 6
1998-99 0 0
スペイン リーグ戦 国王杯 オープン杯 期間通算
1998-99 FCバルセロナ 19 リーガ・エスパニョーラ 35 15
1999-00 9 26 15
2000-01 31 17
2001-02 33 18
2002-03 36 16
2003-04 21 8
イングランド リーグ戦 FLカップ FAカップ 期間通算
2004-05 ニューカッスル 11 プレミアリーグ 25 6
スペイン リーグ戦 国王杯 オープン杯 期間通算
2005-06 バレンシア 9 リーガ・エスパニョーラ 10 1
オランダ リーグ戦 リーグ杯 KNVBカップ 期間通算
2006-07 PSV 9 エールディヴィジ 16 3
フランス リーグ戦 F・リーグ杯 フランス杯 期間通算
2007-08 リール 9 リーグ・アン 13 4
通算 オランダ エールディヴィジ 86 42
イタリア セリエA 27 6
スペイン リーガ 192 90
イングランド プレミアリーグ 25 6
フランス リーグ・アン 13 4
総通算 343 148

代表での年別得点[編集]


オランダ代表 国際Aマッチ
出場 得点
1994 1 0
1995 5 3
1996 5 1
1997 5 2
1998 11 7
1999 8 4
2000 14 12
2001 9 4
2002 6 3
2003 11 4
2004 4 0
通算 79 40

脚注[編集]

外部リンク[編集]