ハンジ・ミュラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハンジ・ミュラー Football pictogram.svg
Hansi Müller.jpg
名前
本名 ハンス=ペーター・ミュラー
Hans-Peter Müller
ラテン文字 Hansi Müller
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
生年月日 1957年7月27日(57歳)
出身地 シュトゥットガルト
身長 180cm[1]
体重 75kg[1]
選手情報
ポジション MF
利き足 左足
ユース
1963-1969 ドイツの旗 SVロート
1969-1975 ドイツの旗 VfBシュトゥットガルト
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1977-1982 ドイツの旗 VfBシュトゥットガルト 186 (65)
1982-1984 イタリアの旗 インテル・ミラノ 48 (9)
1984-1985 イタリアの旗 カルチョ・コモ 17 (1)
1985-1990 オーストリアの旗 FCヴァッカー・インスブルック 123 (35)
代表歴
1976-1978 西ドイツの旗 西ドイツ アマチュア 7 (3)
1977-1978 西ドイツの旗 西ドイツ B 5 (0)
1978-1983[2] 西ドイツの旗 西ドイツ 42 (5)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ハンジ・ミュラー(Hans-Peter Müller, 1957年7月27日 -)は、ドイツサッカー選手。選手時代のポジションはミッドフィールダー。左利きの技巧的な攻撃的ミッドフィールダーであり[3][4]1980年代初頭にはドイツ国内において最高のサッカー選手の一人と評された[5]

選手経歴[編集]

1963年SVロートドイツ語版の下部組織でサッカーを始め[6]1969年VfBシュトゥットガルトの下部組織へ移籍[6]1975年ブンデスリーガ2部に所属するトップチームに昇格した[7]。シュトゥットガルトでは1976–77シーズンにブンデスリーガ2部優勝に貢献し1部リーグ昇格に貢献するなど中心選手の一人となり[7]1982年に退団するまでの間にリーグ戦通算186に出場し65得点を記録した[7]

西ドイツ代表としては1978年4月5日に行われたブラジル代表との親善試合でデビューし[2]、同年6月にアルゼンチンで開催された1978 FIFAワールドカップでは4試合に出場した[2]1980年イタリアで開催されたUEFA欧州選手権1980ではベルント・シュスターらと共にチームを牽引[8][9]、全4試合に出場し優勝に貢献した[4]。大会終了後にはベスト11に選出されたほか[4]、同年にはヨーロッパにおいて最も優れた若手選手に贈られるブラヴォー賞を受賞するなど[2]、選手として最盛期を迎えた[4]

1981年に入ると怪我の影響もあり[3]、同年9月2日に行われたポーランド代表戦を最後に代表から外れたが[2]、復帰戦となった1982年3月21日のブラジル代表戦では効果的なゲームメイクを行うなど復調を果たした[10]。一方、1982年スペインで開催された1982 FIFAワールドカップでは膝の状態が芳しくなく[11]、2次リーグのイングランド代表戦と決勝のイタリア代表戦の2試合のみの出場に終わった[2]。その後、1983年9月27日に行われたハンガリー代表を最後に代表から退くまで国際Aマッチ42試合に出場し5得点を記録した[2]

クラブレベルでは同年7月にイタリアのインテル・ミラノへ移籍[7][6]。デビュー戦となったエラス・ヴェローナでは直接FKを決める活躍を見せ[12]、入団早々にイタリア語を習得するなど環境に適応したが[12]、一方で膝の怪我を抱えていた[12]1984年にインテルを退団し同じイタリアのカルチョ・コモで1シーズンプレーをした[7][6]

1985年7月にオーストリアFCヴァッカー・インスブルックへ移籍すると好調なプレーを維持[13]。西ドイツ代表監督のフランツ・ベッケンバウアーはミュラーのプレーを評価し代表復帰の可能性を示唆したが[13]、ミュラー自身が後のインタビューにおいて「当時の代表の中盤にはタレントが揃い、控え選手として代表に復帰する気はなかった」「ベッケンバウアーに『優先順位としてはクラブでのプレーが先にある』と告げたところ、彼も承知した」と評するように復帰が実現することはなった[12]

その後、2度のリーグ優勝と、UEFAカップ1986-87準決勝進出に貢献し[12]1990年に現役を引退した[6][14]

引退後[編集]

現役引退後はサッカー解説者やスポーツコンサルタントを務め[14]1999年から2001年にかけて古巣のVfBシュトゥットガルトのマーケティングディレクターを務めた[7]。この他、2006年ドイツで開催された2006 FIFAワールドカップではシュトゥットガルトの大使[15]2008年オーストリアスイスで共同開催されたUEFA EURO 2008ではインスブルックの大使を務めた[14]

2011年7月、VfBシュトゥットガルトの監査役に選出された[7]

個人成績[編集]

代表での成績[編集]

出典[2]
チーム 出場 得点
西ドイツの旗 西ドイツ 1978 7 2
1979 7 0
1980 11 3
1981 7 0
1982 5 0
1983 5 0
合計 42 5

代表での得点[編集]

出典[2]
# 開催日 開催地 対戦国 結果 大会
1 1978年6月6日 アルゼンチンコルドバ メキシコの旗 メキシコ 6-0 1978 FIFAワールドカップ
2 1978年10月11日 チェコスロバキアプラハ チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア 4-3 親善試合
3 1980年4月2日 西ドイツミュンヘン オーストリアの旗 オーストリア 1-0 親善試合
4 1980年9月10日 スイスバーゼル スイスの旗 スイス 3-2 親善試合
5

脚注[編集]

  1. ^ a b Hansi Müller”. DFB - Deutscher Fußball-Bund e.V.. 2014年12月20日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i Hans Peter 'Hansi' Müller - International Appearances”. rsssf.com. 2014年12月20日閲覧。
  3. ^ a b 「24代表チームの横顔」『サッカーダイジェスト6月号増刊 スペイン82ワールドカップ展望号』 日本スポーツ企画出版社1982年、19頁。
  4. ^ a b c d 1980 team of the tournament”. UEFA.com (2011年7月1日). 2014年12月20日閲覧。
  5. ^ kicker.tv: Hansi Müller -"Dann setzen sie Magath ein Denkmal!"”. SPIEGEL ONLINE (2010年4月30日). 2014年12月20日閲覧。
  6. ^ a b c d e Hans Müller”. kicker.de. 2014年12月20日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g Hansi Müller”. VfB Stuttgart 1893 e.V. 2014年12月20日閲覧。
  8. ^ 大器晩成のルベッシュが輝いた1980年決勝”. UEFA.com (2011年7月18日). 2014年12月20日閲覧。
  9. ^ サッカーマガジン1980年夏季号 欧州選手権決勝大会 ヨーロッパ'80』 ベースボール・マガジン社1980年、26-29頁。
  10. ^ 「ESPANA82 準備レポート1 本大会への自信を深める 欧州最強・西ドイツ」『サッカーダイジェスト6月号増刊 スペイン82ワールドカップ展望号』 日本スポーツ企画出版社、1982年、105頁。
  11. ^ ブライアン・グランヴィル著、田村修一 他訳 『決定版ワールドカップ全史』 草思社1998年、271頁。ISBN 978-4794208187
  12. ^ a b c d e Hansi Müller über Italien »Die Liebe ist ungebrochen«”. 11 Freunde. 2014年12月20日閲覧。
  13. ^ a b ウルフェルト・シュレーダー 「ハンジ・ミュラーを代表チームに復帰させるベッケンバウアー構想の狙いは何か!?」『イレブン』1986年11月号、日本スポーツ出版社、50-51頁。
  14. ^ a b c Hansi Müller wird Innsbrucks EURO-Botschafter”. ÖFB.at. 2014年12月20日閲覧。
  15. ^ FIFA World Cup theme of International Tourism Fair”. FIFA.com (2005年3月10日). 2014年12月20日閲覧。

外部リンク[編集]