クロード・ピュエル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クロード・ピュエル Football pictogram.svg
Claude Puel.jpg
名前
ラテン文字 Claude PUEL
基本情報
国籍 フランスの旗 フランス
生年月日 1961年9月2日(52歳)
出身地 カストル
身長 178cm
選手情報
ポジション MF
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

クロード・ピュエルClaude Puel, 1961年9月2日 - )は、フランスカストル出身の元サッカー選手、サッカー指導者。ポジションはMF。息子のグレゴワールもOGCニースに所属するサッカー選手。

来歴[編集]

現役時代[編集]

地元カストルのチームに9年間所属した後、1977年からASモナコのユースに移籍。1979年に同チームでプロデビューを果たすと、そのままチームを代えることなくプレーし、1996年に引退した。在籍は17年を数え、1982年および1988年にはリーグ優勝も経験している。

指導者転身後[編集]

現役を退いた後もASモナコに残り、フィジカルトレーナーやリザーブチームの監督を務めた。さらに1999年1月、Aチームの監督に就任し、4位でシーズンを終えると、続く1999-2000シーズンにはチームを優勝に導いた。しかしながら翌シーズンは低迷し、モナコとの契約は延長されることなくユース時代から24年在籍したチームを去ることとなった。

モナコ退団後はすぐさまLOSCリール・メトロポールの監督に就任。ここでの初シーズンを5位で終えると、2004-05シーズンは2位という成績を上げ、UEFAチャンピオンズリーグの出場権を獲得する。すると翌シーズン、クラブ初となる同リーグの決勝トーナメント進出を果たした。トーナメント1回戦のマンチェスター・ユナイテッドFC戦では健闘したものの敗退し、ベスト16に終わった。

2008年からはオリンピック・リヨンの監督に就任している。しかし、チームを掌握できずにリーグ戦8連覇を逃し、ピュエル自身の評価も大暴落してしまった。2009-10シーズンは真価が問われる1年となったが、カリム・ベンゼマジュニーニョ・ペルナンブカーノといったチームを支え続けた主力選手の抜けた穴は大きく、序盤からチームは低迷したままリーグ戦の前半を終えた。しかし、後半戦になると徐々に持ち直し、UEFAチャンピオンズリーグ 2009-10でもレアル・マドリードFCジロンダン・ボルドーといった強豪を倒し、初のベスト4進出を果たした。最終的にリーグ戦2位でシーズンを終えたため、なんとか首の皮が繋がり2010-11シーズンも引き続き指揮を執ることになった。ジミー・ブリアンヨアン・グルキュフといった攻撃的な選手を加えたことで攻撃力はアップされたが、守備陣に関してはほとんど補強されなかったことで戦力的なバランスの悪さは最後まで解消せず、リーグ戦は3位にとどまった。在任3年間で7連覇がストップしたばかりか結局一つもタイトルは獲れず、2011年6月20日に解任された。

2012-13シーズンからOGCニースの監督に就任。

選手歴[編集]

指導者歴[編集]

外部リンク[編集]