ブライアン・ラウドルップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブライアン・ラウドルップ Football pictogram.svg
Brian-laudrup-2002.jpg
名前
ラテン文字 Brian LAUDRUP
基本情報
国籍 デンマークの旗 デンマーク
生年月日 1969年2月22日(45歳)
出身地 オーストリアの旗 ウィーン
身長 186cm
体重 72kg
選手情報
ポジション FW (WG,ST) / MF (SH, OH)
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1986-1989
1989-1990
1990-1992
1992-1994
1993-1994
1994-1998
1998
1998-1999
1999-2000
デンマークの旗ブレンビーIF
ドイツの旗バイエル・ユルディンゲン
ドイツの旗バイエルン・ミュンヘン
イタリアの旗フィオレンティーナ
イタリアの旗ACミラン(loan)
スコットランドの旗レンジャーズ
イングランドの旗チェルシー
デンマークの旗FCコペンハーゲン
オランダの旗アヤックス
68 (18)
34 0(6)
44 (11)
31 0(5)
9 0(1)
133 (44)
11 0(1)
12 0(2)
38 (15)
代表歴
1987-1998 デンマークの旗 デンマーク 82 (21)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ブライアン・ラウドルップ(Brian Laudrup, 1969年2月22日 - )は、デンマークの元サッカー選手オーストリア共和国ウィーン生まれでデンマーク・コペンハーゲン育ち。ポジションはFW

同じくサッカー選手であった兄のミカエル・ラウドルップと共に「ラウドルップ兄弟」として知られる。父のフィン・ラウドルップ英語版も元サッカー選手で代表キャプテンを務めた。

経歴[編集]

クラブ[編集]

1986年に地元のブレンビーIFでキャリアをスタートすると、1989年にドイツ・ブンデスリーガバイエル・ユルティンゲンへ移籍。翌1990年には200万ポンドの契約金で強豪のバイエルン・ミュンヘンへ移籍した。

デンマーク代表での活躍(後述)もあって1992年夏にイタリア・セリエAフィオレンティーナへ移籍したが、多くの結果を残す事は出来ずチームもセリエBへ降格。翌1993-94シーズンにACミランへレンタル移籍するも厚い選手層の中で出場機会を得ることは出来ず、同シーズン限りでイタリアを離れる事になった。

その後、1994年にスコットランドのレンジャーズFCへ移籍。3度のリーグ優勝に貢献した。2000年アヤックスを最後に現役を引退した。なお1988年1992年1995年1997年と4度デンマーク最優秀選手に選出されている。

代表[編集]

1987年には18歳でデンマーク代表に招集され、同年11月17日の西ドイツ戦で代表デビューを果たす(試合は0-1で敗退)。1988年に西ドイツで行われたUEFA欧州選手権1988の代表メンバーからは落選したが、大会後は主力選手の一人として代表メンバーに定着していった。一方で兄のミカエルはこの時期から代表招集に難色を示すようになり、兄弟が揃い踏みする機会は少なくなった。

ユーゴスラビアの代替で急遽出場した1992年UEFA欧州選手権1992では、堅守速攻が特徴のチームの中で、得点こそは成らなかったものの切れ味のあるドリブルで攻撃陣をリードし、キーパーのピーター・シュマイケルらとともに優勝の原動力となった。また同年のFIFA最優秀選手賞では第5位に選ばれた。

ヨーロッパ王者として挑んだ1994 FIFAワールドカップ欧州予選ではスペインアイルランドに競り負け予選敗退となったが、1995年キング・ファハド・カップ1995では、決勝でアルゼンチンを破って優勝した。1996年UEFA欧州選手権1996では兄弟揃って出場を果たしたが、グループリーグ敗退に終わり大会2連覇は逃した。

1998年1998 FIFAワールドカップでは決勝トーナメント1回戦、ナイジェリア戦では決勝点。準々決勝のブラジル戦では50分に2-2の同点に追いつくゴールを決めた。ブラジルには2-3で敗れベスト8という結果に終わったが、国際サッカー連盟が選ぶ大会オールスターチームの16人に兄弟揃って選ばれた。そして大会終了後に29歳でデンマーク代表から引退を表明した。代表通算成績は82試合出場21得点。

引退後[編集]

引退後はデンマークの放送局TV3+でUEFAチャンピオンズリーグなどのコメンテーターを務めている。また元デンマーク代表のラース・ヘグ(en)と共に「ラウドルップ&ヘグ・プロキャンプ」(Laudrup & Høgh ProCamp)を設立しユース年代の指導を行っている[1]2010年9月7日、自身がコメンテーターを務める番組内で、悪性リンパ腫を患っていることを公表した[2][3]が、後に全快したことが発表された[4]

個人タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Velkommen til Laudrup & Høgh - Procamp” (デンマーク語). 2010年9月8日閲覧。
  2. ^ Laudrup aiming to beat cancer” (英語). skysports.com (2010年9月7日). 2010年9月8日閲覧。
  3. ^ Brian Laudrup har fået konstateret kræft” (デンマーク語). skyspopolitiken.dk (2010年9月7日). 2010年9月8日閲覧。
  4. ^ Legend Brian Laudrup given cancer all clear” (英語). 2011年6月18日閲覧。

外部リンク[編集]