エル=ハッジ・ディウフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エル・ハッジ・ディウフ Football pictogram.svg
Dioufy.jpg
名前
本名 エル・ハッジ・ウセイヌ・ディウフ
愛称 シリアル・キラー、セネガルのクライフ
ラテン文字 El-Hadji DIOUF
基本情報
国籍 セネガルの旗 セネガル
生年月日 1981年1月15日(33歳)
出身地 ダカール
身長 181cm
体重 74kg
選手情報
ポジション FW, RWG
利き足 右足
ユース
フランスの旗 レンヌ
-1998 フランスの旗 ソショー
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1998-1999 フランスの旗 ソショー 16 (0)
1999-2000 フランスの旗 レンヌ 28 (1)
2000-2002 フランスの旗 RCランス 54 (18)
2002-2005 イングランドの旗 リヴァプール 55 (3)
2004-2005 イングランドの旗 ボルトン (loan) 27 (9)
2005-2008 イングランドの旗 ボルトン 87 (12)
2008-2009 イングランドの旗 サンダーランド 14 (0)
2009-2011 イングランドの旗 ブラックバーン 60 (4)
2011 スコットランドの旗 レンジャーズ (loan) 15 (1)
2011-2012 イングランドの旗 ドンカスター 22 (6)
2012-2014 イングランドの旗 リーズ 40 (5)
代表歴2
2000-2009 セネガルの旗 セネガル 69 (21)
1. 国内リーグ戦に限る。2014年12月2日現在。
2. 2014年12月2日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

エル=ハッジ・ディウフEl-Hadji Ousseynou Diouf, 1981年1月15日 - )は、セネガルダカール出身の同国代表サッカー選手

経歴[編集]

「セネガルのクライフ」の異名を取る、味方を活かすプレイに長けたフォワード。ずば抜けた突破力を持ち、チャンスを演出するが、好不調の波も激しい。また、ピッチ内外でもトラブルが多い。早くからフランスで頭角を現し、アフリカを代表する選手であり2002 FIFAワールドカップで快進撃を見せたセネガル代表の中でも圧倒的な輝きを放って一躍世界の注目を浴び、同大会最大の掘り出し物とも言われた。しかし、その勢いを認められ移籍したリヴァプールでは右サイドで起用されることが多く、能力を完全発揮できていたとは言い難い。 その後、ボルトン・ワンダラーズへ移籍し、サム・アラダイス監督の下で復活した。

2001年2002年アフリカ年間最優秀選手賞に輝き、2004年にはペレ選出のFIFA 100にも名を連ねた。

2007年10月上旬、セネガルサッカー協会の腐敗体質問題を指摘し、26歳の若さでセネガル代表からの引退を表明した。しかし多くの再考嘆願があったことで10月下旬には代表に戻ることを決意した。 2009年4月、クラブに専念することを理由に、再び代表引退を表明した。

2011年7月、フランスのラジオ番組内で、「アフリカのサッカーシステムは完全に腐敗している」と発言し、セネガルサッカー協会から事情聴取を要求されたが無視し、さらに別の番組内で「協会から何らかの処分が下されたら、戦争に突入する」と発言した為ついに協会から今後5年間、セネガル国内で一切のサッカー活動を禁止された。

2012年9月、セネガルサッカー協会はディウフに課した制裁を解除し、彼自身も協会の人事が変更次第、代表への復帰の意思があることを表明した。

2011-2012シーズンはチャンピオンシップのドンカスター・ローヴァーズに在籍したがチームは降格。2012-2013シーズンからリーズ・ユナイテッドへ移籍した。ここで過去に少なからず因縁があったニール・ウォーノック監督の下で再度復活し、短期契約であった契約期間を延長する事に成功した。

人物[編集]

ディウフは既婚が一人おり、彼の兄であるダメ・ディウフもプロサッカー選手だった。 また、ディウフは同じセネガル出身のシンガーソングライターであるエイコンと親交があり、彼の曲をよく聞くとインタビューで答えている。

所属クラブ[編集]

→ 2004-2005 イングランドの旗 ボルトン・ワンダラーズFC (loan)
→ 2011 スコットランドの旗 グラスゴー・レンジャーズFC (loan)

タイトル[編集]

クラブ
イングランドの旗 リヴァプールFC
スコットランドの旗 グラスゴー・レンジャーズFC
個人

代表歴[編集]

外部リンク[編集]