フェルナンド・イエロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フェルナンド・イエロ Football pictogram.svg
Fernando Hierro 2008.jpg
名前
本名 フェルナンド・ルイス・イエロ
愛称 機関車
ラテン文字 Fernando Hierro
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 1968年3月23日(46歳)
出身地 ベレス=マラガ
身長 187cm
体重 84kg
選手情報
ポジション DF (CB) / MF (DH)
利き足 右足
ユース
1980–1984 ベレス=マラガ
1984 CDマラガ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1987–1989 レアル・バリャドリード 58 (3)
1989–2003 レアル・マドリード 439 (102)
2003–2004 アル・ラーヤンSC 19 (3)
2004–2005 ボルトン・ワンダラーズFC 29 (1)
代表歴
1989–2002 スペインの旗 スペイン 89 (29)
1. 国内リーグ戦に限る。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

フェルナンド・ルイス・イエロ(Fernando Ruiz Hierro, 1968年3月23日 - )は、スペインの元サッカー選手。選手時代のポジションはディフェンダー(センターバック)、ミッドフィールダー(守備的ミッドフィールダー)。

愛称は機関車。因みに、「hierro」とはスペイン語で「鉄」と言う意味がある。身長187cmと大型のディフェンダーであったが、フィジカルだけではなく繊細なテクニックも特徴的であり、スペイン代表レアル・マドリードのキャプテンとしても評価が高く、他の選手からの人望も厚かった。フリーキックペナルティーキックも得意で、スペイン代表での通算得点数はラウルに抜かれるまで歴代1位だったほか、1991-92シーズンはリーグ21得点を挙げてマノロに次ぐ得点ランク2位となった。

兄のマヌエルもサッカー選手でセンターバックをしており、マラガCFレアル・バリャドリードなどに所属してプリメーラ・ディビシオンで174試合に出場している。

経歴[編集]

選手時代[編集]

1968年3月23日スペインの都市ベレス=マラガ生まれ。地元クラブのベレスでサッカーのキャリアをスタートし、1987-88シーズンにレアル・バリャドリードへ移籍してプリメーラ・ディビシオンにデビューした。

1989-90シーズンにレアル・マドリードへ移籍した。1997年から始まったUEFAクラブ・フットボール・アワードでは、初代の最優秀DFに選ばれた。1989年9月20日に行われたポーランドとの親善試合でスペイン代表デビューし、その後もFIFAワールドカップ4大会で招集された。1998年にアンドニ・スビサレッタからキャプテンを引き継ぎ、日韓W杯ではスペイン人唯一の大会オールスターチームに選出された[1]

マヌエル・サンチス・オンティジュエロが引退した2001年からはクラブでもキャプテンに就任し、強力なメンタリティでクラブの銀河系政策により集められた移籍組とチームの古株組をまとめあげ、チームの精神的支柱となった。更に、展開力に優れていたイエロは、最終ラインから豪華なタレントを擁する前線にボールを供給する攻撃の起点の役割を果たした。また、非常に攻撃的なロベルト・カルロスの攻撃参加をカバーするための巧みなDFライン形成やラインコントロールを担い、更に的確なポジショニングから強靭なフィジカルを活かしたマークで、クロード・マケレレイバン・エルゲラらと共に攻撃偏重のチームの守備を支えた。その一方で、守備陣への低待遇への不満からクラブ側と衝突を繰り返した事や年齢的な衰えから、2002-03シーズン終了後には契約更新のオファーはなかった(同じく守備要員であったマケレレも程なくして移籍している)。そのため、シーズン終了後、契約満了に伴いカタールのアル・ラーヤンSCへ移籍した。2004-05シーズンにはイングランド・プレミアリーグボルトン・ワンダラーズFCへ移籍し、再びプレーの場をヨーロッパへと移した。

そしてシーズン終了をもって引退を宣言した。最終所属クラブとなったボルトンでは、最終ラインではなく、守備的ミッドフィールダーでプレー。既に36歳であったが、レギュラーとして高いパフォーマンスを披露した。イエロ本人の活躍はもちろんだが、UEFAカップの出場権を得たことで選手層の確保が必要だったこともあり、クラブは契約更新のオファーを出したがイエロは引退を決意していた。引退に際して、レアル・マドリードのキャプテンを引き継いだラウルは「彼は歴史に残るプレーヤーだった」と語った。

引退後[編集]

スポーツ関連のマーケティング会社を経て、2007年9月にスペインサッカー協会初のスポーツディレクターに就任した。スポーツディレクターとしてスペイン代表のUEFA欧州選手権20082010 FIFAワールドカップの優勝に尽力した後、2011年6月に契約満了となった[2][3]

2011年7月、故郷のクラブマラガCFのジェネラル・マネージャーに就任した[3]。だが、2012年5月、就任から1年足らずで退団した[4]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

年度 クラブ 背番号 リーグ カップ 国際カップ 合計
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
1987-88 バリャドリード 16 29 1 0 0 - 29 1
1988-89 29 2 0 0 - 29 2
1989-90 R・マドリード 22 37 7 5 0 4 0 46 7
1990-91 4 35 7 3 0 5 1 43 8
1991-92 37 21 7 3 9 2 53 26
1992-93 33 13 8 0 6 5 47 18
1993-94 34 10 3 0 4 1 41 11
1994-95 33 7 2 0 5 0 40 7
1995-96 31 7 4 0 5 1 40 8
1996-97 39 6 6 2 - 45 8
1997-98 28 3 2 0 10 3 40 6
1998-99 28 6 4 1 8 1 40 8
1999-00 20 5 2 0 14 2 36 7
2000-01 29 5 1 0 13 1 43 6
2001-02 30 5 5 0 14 0 49 5
2002-03 25 0 1 1 12 0 38 1
2003-04 アル・ラーヤン 6 19 3 - - 19 3
2004-05 ボルトン 20 29 1 0 0 - 29 1
合計 スペイン 497 105 53 7 109 17 659 129
カタール 19 3 - - 19 3
イングランド 29 1 0 0 - 29 1
通算 545 109 53 7 109 17 707 133

代表歴[編集]

タイトル[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]