イバン・エルゲラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イバン・エルゲラ Football pictogram.svg
Helguera.jpg
名前
本名 Iván Helguera Bujía
カタカナ イバン・エルゲラ・ブヒア
ラテン文字 Ivan HELGUERA
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 1975年3月28日(39歳)
出身地 サンタンデール
身長 185cm
体重 78kg
選手情報
ポジション DF / MF
利き足 右足
ユース
ラシン・サンタンデール
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1994-1995 ラシン・サンタンデール B
1995 レビージャ
1995-1996 マンチェゴCF 13 (2)
1996-1997 アルバセテ・バロンピエ 14 (2)
1997-1998 ASローマ 8 (0)
1998-1999 RCDエスパニョール (2)
1999-2007 レアル・マドリード (18)
2007-2008 バレンシアCF (1)
代表歴
1998-2004 スペインの旗 スペイン 47
1. 国内リーグ戦に限る。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

イバン・エルゲラ・ブヒア(Iván Helguera Bujía, 1975年3月28日 - )は、スペインサンタンデール出身の元サッカー選手スペイン代表であった。ポジションはディフェンダー(センターバック)、ミッドフィールダー(センターハーフ)。

経歴[編集]

クラブ[編集]

初期の経歴[編集]

カンタブリア州サンタンデールに生まれ、マンチェゴCFでサッカーを始めた。その後アルバセテ・バロンピエの下部組織に移り、1996-97シーズンはセグンダ・ディビシオン(2部)で14試合に出場した。1997年夏にチームメイトのセサル・ゴメス(César Gómez)とともにイタリア・セリエAASローマに移籍するが、1997-98シーズンは失望しか残せなかった。1998年夏にRCDエスパニョールに移籍すると、1998-99シーズンはリーグ戦37試合に出場して際立ったパフォーマンスを見せた。

レアル・マドリード[編集]

1999年7月、強豪レアル・マドリードに移籍した。レアル・マドリードではすぐさまレギュラーの座を獲得し、移籍初年度の1999-2000シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグ優勝を果たした。決勝はバレンシアCFとの同国対決(3-0)となり、エルゲラはスイーパーとして先発出場している。2000-01シーズンにはリーグ優勝、2001-02シーズンには2度目のUEFAチャンピオンズリーグ優勝、2002-03シーズンには2度目のリーグ優勝と、主要2大会で交互にタイトルを獲得。2002年のUEFAチャンピオンズリーグ決勝ではストッパーとして出場し、バイエル・レバークーゼンに2-1で勝利した。2002年にはインターコンチネンタルカップでも優勝して世界王者にもなっている。センターバックでの起用が多いが、00-01シーズンではフェルナンド・レドンドが退団したことにより、本職のセンターハーフとして起用されていた。ボランチとして完成された選手であったため、DFよりもMFとしてのエルゲラのプレーを高く評価する声も多く上がっている。2003年にDFフェルナンド・イエロが退団すると、守備の要としていっそうの活躍を見せたが、2005-06シーズンと2006-07シーズンはチームにとって不可欠な選手とは言えず、2シーズンでわずか42試合しか出場できず、得点は2006年10月28日のヒムナスティック・タラゴナ戦(3-1)での1点にとどまった。2006年夏には新加入のマアマドゥ・ディアッラに突然背番号6を奪われ、ユースチームで練習させられたため、契約が2009年6月まで残っていたにもかかわらず他クラブへの移籍を予感させた[1]。しかし2006-07シーズンはレギュラーに返り咲いてリーグ優勝に貢献した[2]。2007年夏にはDFクリストフ・メッツェルダーやDFペペが加入し、余剰戦力となったため、レアル・マドリードとの契約を解除した。

バレンシアCF[編集]

2007年7月20日、バレンシアCFと3年契約を結んだ[2]。契約の際の記者会見では、バレンシアCFへの移籍を長い間待ち望んでいたことや契約を喜ばしく思っていることなどを語っている。2007-08シーズンは重要な役割を担い、コパ・デル・レイ優勝に貢献した。しかし、2008-09シーズン前半戦はほとんど出場機会がなく、2008年12月12日にバレンシアCFとの契約を解除した[3]FCディナモ・ブカレスト[4]ロサンゼルス・ギャラクシー[5]がエルゲラ獲得に興味を持っていることを明らかにしたが、契約は実現せず、2009年後半に現役引退が発表された。

代表[編集]

1998年11月18日、イタリアとの親善試合(2-2)でスペイン代表デビューした。UEFA欧州選手権2000UEFA欧州選手権2004の2度のUEFA欧州選手権に出場し、日本と韓国で共催された2002 FIFAワールドカップにも出場している。2002 FIFAワールドカップ準々決勝・韓国戦終了後には、判定に不服を唱えて審判に殴りかかった。試合後、「この後10年間出場停止にされても構わない。ただあいつを殴らせてくれ」と発言した[6]。2004年までに55試合に出場し、4得点を記録した。2006 FIFAワールドカップに出場するメンバーからは外れた。

人物[編集]

長年付き合っていた女性と結婚し、2005年11月30日と2008年に息子が生まれた。弟のルイス・エルゲラ(Luis Helguera)はミッドフィールダーとしてプレーするサッカー選手で、レアル・サラゴサデポルティーボ・アラベスヴィチェンツァ・カルチョなどでプレーした。

所属クラブ[編集]

タイトル[編集]

個人成績[編集]

代表での年別出場試合数[編集]


スペイン代表 国際Aマッチ
出場 得点
1998 1 0
1999 2 0
2000 10 0
2001 6 2
2002 11 0
2003 8 1
2004 9 0
通算 47 3

脚注[編集]

  1. ^ FootballDatabase profile and stats Football Database.com
  2. ^ a b “Stalwart Helguera goes to Valencia”. CNN. (2007年7月20日). http://www.cnn.com/2007/SPORT/football/07/20/valencia.helguera.ap/ 2007年7月27日閲覧。  [リンク切れ]
  3. ^ Rescisión de contrato de Iván Helguera” (Spanish). Valencia's official website (2008年12月12日). 2008年12月12日閲覧。
  4. ^ Un milion pentru Helguera!” (Romanian). Prosport (2008年12月24日). 2008年12月24日閲覧。
  5. ^ Ivan Helguera attracts LA Galaxy interest”. Goal.com (2009年1月1日). 2009年1月1日閲覧。
  6. ^ イバン・エルゲラ”. Valencia.jpn. 2011年6月20日閲覧。

外部リンク[編集]