ミゲル・ポルラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チェンド Football pictogram.svg
名前
本名 ミゲル・ポルラン・ノゲーラ
ラテン文字 Miguel Porlan Noguera "Chendo"
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 1961年10月12日(53歳)
出身地 ムルシア
身長 175cm
体重 73kg
選手情報
ポジション DF(RSB)
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1979-1983
1982-1998
スペインの旗 レアル・マドリード B
スペインの旗 レアル・マドリード
67 (1)
363 (3)
代表歴
1986-1990[1] スペインの旗 スペイン 26 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

チェンドことミゲル・ポルラン・ノゲーラ(Miguel Porlan Noguera "Chendo"、1961年10月12日-)は、スペインの元サッカー選手。現役時代のポジションはDF(右サイドバック)。レアル・マドリード下部組織出身であり、1997-98シーズンに引退するまでレアル・マドリード一筋だった。

快足を生かして度々サイドから攻撃参加をしてチャンスを作り、また守備でもカバーリングに長け[2]ディエゴ・マラドーナのマークなどの重要な仕事を任された[3][4]

経歴[編集]

ムルシア、トタナで生まれたチェンドは、15歳でレアル・マドリード下部組織に加入。1982年4月11日のCDカステリョン戦でトップチームデビュー。翌シーズン、2試合のリーグ戦に出場した。

1983-84シーズン始め、フアン・ホセが右サイドバックとして出場していたが、怪我によってチェンドにスターティングメンバーの座が巡ってきた。フアン・ホセの怪我が完治すると再びチェンドはベンチに戻ったが、そのシーズンが終わる頃には再び定位置を確保、最終的に26試合に出場した。チェンドの4年目は、25試合のリーグ戦と11試合のUEFAの大会に出場。そのシーズン、レアル・マドリードはUEFAカップを制覇したほか、同じくマドリードを本拠地とするライバルアトレティコ・マドリードを下してコパ・デ・ラ・リーガも獲得。

その後の8シーズンは右サイドバックの位置を不動のものとして297試合に先発出場し、キンタ・デル・ブイトレの一員としてリーガ・エスパニョーラ5連覇などのタイトル獲得に大きく貢献した。しかしその後は定位置を失い、1998年5月20日のUEFAチャンピオンズリーグユヴェントスFC戦が最後の試合となり、37歳のチェンドは引退した。

スペイン代表としては、1986年1月22日のソ連代表戦でデビューし、メキシコW杯と1990年のイタリアW杯に出場した。

引退後は同クラブで働き、現在は代表責任者をしている。2011年5月に故郷ムルシアが地震に襲われたことに対するレアル・マドリード対ムルシア選抜のチャリティーマッチでは[5]、サプライズで現役時代の背番号と同じ2番であるリカルド・カルヴァーリョのユニフォームを着て10分間ピッチに立った[6]

所属クラブ[編集]

タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “Miguel Porlan Noguera, ‘Chendo’ - International Matches” (英語). The Rec.Sport.Soccer Statistics Foundation. http://www.rsssf.com/miscellaneous/chendo-intl.html 
  2. ^ 「GREATEST TEAM」ワールドサッカーマガジン、ベースボール・マガジン社、2007年1月18日号
  3. ^ マラドーナ、練習見学. Real Madrid C.F.、2010年11月20日
  4. ^ 「クラブ・スター列伝」ワールドサッカーマガジン、ベースボール・マガジン社、2007年4月5日号
  5. ^ レアルが震災復興慈善試合開催. nikkansports.com、2011年5月20日
  6. ^ チェンド:発案はモウリーリョで、すべては感動的なものになった. Real Madrid C.F.、2011年5月19日