イニャキ・サエス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イニャキ・サエス Football pictogram.svg
名前
本名 ホセ・イグナシオ・サエス・ルイス
ラテン文字 José Ignacio Sáez Ruiz
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 1943年4月23日(71歳)
出身地 ビルバオ
選手情報
ポジション DF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1961-1962
1962-1974
スペインの旗バラカルドCF
スペインの旗アスレティック・ビルバオ
? (?)
263 (7)
代表歴
1968 スペインの旗 スペイン 3 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

イニャキ・サエス(Iñaki Sáez)ことホセ・イグナシオ・サエス・ルイス(José Ignacio Sáez Ruiz, 1943年4月23日 - )は、スペインビルバオ出身の元サッカー選手、元サッカー指導者。現役時代はスペイン代表であり、スペイン代表監督も務めた。現役時代のポジションはDF

選手生活の大半をアスレティック・ビルバオで過ごし、公式戦350試合近くに出場した。現役引退後は育成のスペシャリストとしてアスレティック・ビルバオの下部組織や世代別スペイン代表を長年指揮し、2002年から2004年まではスペインA代表監督を務めた。

経歴[編集]

選手[編集]

クラブ[編集]

バスク自治州ビルバオに生まれ、1962年に近隣のバラカルドCFから自治州内最大のクラブであるアスレティック・ビルバオに移籍した。1962-63シーズンと1963-64シーズン合わせてリーグ戦46試合に出場して5得点したが、1964-65シーズンから1966-67シーズンまでの3シーズンは負傷の影響で計20試合の出場にとどまった。健康体を取り戻すと、1967年から1974年まではレギュラーとしてプレーし、2度のコパ・デル・レイ優勝に携わった。この頃のビルバオの守護神はホセ・アンヘル・イリバルであり、そのほかにルイス・マリア・エチェベリアヘスス・アラングレンなどとともに形成した守備陣は歴史に名高い[1]。31歳だった1974年に現役引退した。

代表[編集]

1968年の1ヶ月の間にスペイン代表としての3キャップを記録した。デビュー戦とラストマッチは同じ相手であり、アウェー(0-1)とホーム(1-2)で行われたUEFA欧州選手権1968予選のイングランド戦である。

指導者[編集]

アスレティック・ビルバオ[編集]

32歳で指導者の道を歩み始め、5年間はアスレティック・ビルバオの下部組織で監督を務めた。その後、セカンドチームであるビルバオ・アスレティックの監督に就任したが、1980-81シーズンが始まって間もなく、トップチームのヘルムート・セネコヴィッチュ監督が解任され、サエスが暫定監督として指揮を執ると、9位でシーズンを終えた。その後はビルバオ・アスレティックの監督に復帰し、1983年にはセグンダ・ディビシオン(2部)への復帰昇格を助けた。1985-96シーズンにはハビエル・クレメンテ監督の後任としてシーズン終盤の13試合の指揮を執り、レアル・マドリードFCバルセロナに次ぐ3位にチームを導いた。その後の4シーズンはビルバオ・アスレティックの監督としてセグンダ・ディビシオンを戦った。1990-91シーズン中盤にはクレメンテの後任として再びトップチームを任せられたが、1991-92シーズンは降格圏からわずか勝ち点2差に低迷し、第23節終了後に解任された。

UDラス・パルマス[編集]

セグンダ・ディビシオンB(3部)のUDラス・パルマスで2度指揮を執った後、1996年3月中旬にはベニート・フローロ監督の後任としてプリメーラ・ディビシオン(1部)のアルバセテ・バロンピエの監督に就任した。初采配試合となったレアル・マドリード戦に0-2で敗れ、昇降格プレーオフを経てセグンダ・ディビシオン降格となった。

世代別スペイン代表[編集]

1996年夏にU-21スペイン代表監督に就任し、1998年にルーマニアで開催されたUEFA U-21欧州選手権では決勝でU-21ギリシャ代表を破って優勝した。U-18スペイン代表やU-20スペイン代表も掛け持ちし、1999年にはナイジェリアで開催されたFIFAワールドユース選手権で優勝した。2000年にスロバキアで開催されたUEFA U-21欧州選手権は3位であったが、2002年に行われたUEFA U-19欧州選手権では優勝した。

スペインA代表[編集]

2002年、ホセ・アントニオ・カマーチョ監督の後を引き継いでスペインA代表の監督に就任した[2]。2004年のUEFA欧州選手権2004はグループリーグ敗退に終わり、大会終了後に監督の座を退いたが[3]、23試合を率いて15勝6分2敗の成績だった[4]。2004年から2008年はU-21スペイン代表監督に復帰し、65歳となった2008年にサッカー界からの引退を発表した。

所属クラブ[編集]

選手時代[編集]

指導者時代[編集]

タイトル[編集]

選手時代[編集]

  • スペインの旗 アスレティック・ビルバオ
コパ・デル・レイ (2) : 1968–69, 1972–73

監督時代[編集]

  • スペインの旗 ビルバオ・アスレティック
セグンダ・ディビシオンB (1) : 1982–83, 1988–89
  • スペインの旗 U-18スペイン代表
UEFA U-18欧州選手権 3位 : 1997
  • スペインの旗 U-19スペイン代表
UEFA U-19欧州選手権 優勝 : 2002
  • スペインの旗 U-20スペイン代表
FIFA U-20ワールドカップ 優勝 : 1999
  • スペインの旗 U-21スペイン代表
UEFA U-21欧州選手権 優勝 : 1998
UEFA U-21欧州選手権 3位 : 2000
  • スペインの旗 U-23スペイン代表
夏季オリンピック: 銀メダル 2000

脚注[編集]

  1. ^ 'Txutxi' Aranguren, un defensa total El País、2011年3月22日 (スペイン語)
  2. ^ Saez seeks Spanish success BBC Sport、2004年5月24日
  3. ^ Saez ends reign in Spain BBC Sport、2004年6月25日
  4. ^ Entrenadores de la historia de la selección española Futbol.sportec (スペイン語)

外部リンク[編集]