マッシモ・ボニーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マッシモ・ボニーニ Football pictogram.svg
Massimo Bonini.jpg
名前
ラテン文字 Massimo Bonini
基本情報
国籍 サンマリノの旗 サンマリノ
生年月日 1959年10月13日(54歳)
出身地 サンマリノ
選手情報
ポジション MF
代表歴
1990-1995 サンマリノの旗 サンマリノ 19 (0)
監督歴
1996-1998 サンマリノの旗 サンマリノ
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

マッシモ・ボニーニ(Massimo Bonini, 1959年10月13日 - )は、サンマリノ出身の元サッカー選手サンマリノ代表である。ポジションはミッドフィールダー

経歴[編集]

ユベントスでは296試合に出場して6得点を決めた。3回のスクデット、1回のコッパ・イタリア獲得、1回のUEFAチャンピオンズカップ獲得、1回のUEFAカップウィナーズカップ獲得、1回のUEFAスーパーカップ獲得、1回のインターコンチネンタルカップ獲得に貢献した。彼はビッグイヤーを掲げた唯一のサンマリノ人サッカー選手である。また、世界的なスポーツ大会で優勝した経験があるサンマリノ人選手はボニーニとバイク競技のマヌエル・ポジアーリのみである。

1990年まで、サンマリノサッカー協会はUEFAに公式には認知されていなかった。サンマリノ人選手はイタリア人選手とみなされていたのである。この理由でボニーニはイタリアサッカー連盟からプレーする権利を与えられ、実際にイタリアU-21代表でプレーした。しかし彼はサンマリノ市民権を放棄することを拒み続け、1990年にサンマリノ代表が発足するまで待った。1995年までに、19試合に出場した。引退後は、しばしの間サンマリノ代表監督を務めた。

エピソード[編集]

  • ユベントス時代は当時の主力選手であるミシェル・プラティニに信頼されており、プラティニがクラブ会長から禁煙を言い渡された際には「ボニーニが吸わない限りは大丈夫だ。」と言い返したほどであった。

所属クラブ[編集]

タイトル[編集]