クラース・ヤン・フンテラール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クラース・ヤン・フンテラール Football pictogram.svg
Klaas-Jan Huntelaar 2011-08-03-2.jpg
名前
本名 ディルク・クラース・ヤン・フンテラール
愛称 The Hunter
ラテン文字 Klaas-Jan HUNTELAAR
基本情報
国籍 オランダの旗 オランダ
生年月日 1983年8月12日(31歳)
出身地 ドレンプト
身長 186cm
体重 80kg
選手情報
在籍チーム ドイツの旗 シャルケ04
ポジション FW
背番号 25
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2002-2004 オランダの旗 PSV 1 (0)
2003 オランダの旗 デ・フラーフスハップ (loan) 9 (0)
2003-2004 オランダの旗 AGOVV (loan) 35 (26)
2004-2006 オランダの旗 ヘーレンフェーン 46 (33)
2006-2008 オランダの旗 アヤックス 92 (76)
2009 スペインの旗 レアル・マドリード 20 (8)
2009-2010 イタリアの旗 ミラン 25 (7)
2010- ドイツの旗 シャルケ 107 (62)
代表歴2
2002-2006 オランダの旗 オランダ U-21 23 (18)
2006- オランダの旗 オランダ 69 (38)
1. 国内リーグ戦に限る。2014年11月1日現在。
2. 2014年11月16日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ディルク・クラース・ヤン(クラース=ヤン)・フンテラール(Dirk Klaas-Jan HuntelaarKlaas-Jan Huntelaar pronunciation.ogg 発音[ヘルプ/ファイル]1983年8月12日 - )は、オランダヘルダーラント州ドレンプト出身の同国代表ドイツ・ブンデスリーガシャルケ04所属のサッカー選手。ポジションはフォワード

テクニックと高い身体能力を併せ持つストライカーで[1]、そのスタイルはしばしマルコ・ファン・バステンルート・ファン・ニステルローイと比較される[2][3]。同じくオランダ出身で、FCバルセロナFCバイエルン・ミュンヘンの監督を歴任したルイス・ファン・ハールは「ペナルティエリアの中では文句なしに世界最高の選手」と評した[4]

2006年オランダ年間最優秀選手を受賞。オランダ代表の一員として出場した2006 U-21欧州選手権では得点王となり、大会ベストイレブンに選出された。彼がU-21オランダ代表として記録したゴールは18を数え、これは歴代最多記録である[4]。オランダ国内リーグでは2005-06、2007-08シーズンの2度エールディヴィジ得点王に輝いた。

フンテラールは過去にPSVデ・フラーフスハップAGOVVアペルドールンSCヘーレンフェーンAFCアヤックスレアル・マドリード、そしてACミランでプレーした経験を持つ。現在所属するシャルケには2010年8月から在籍している。

私生活[編集]

フンテラールはオランダヘルダーラント州ドレンプトという村に生まれた。家族は両親と2人の兄弟がおり、一家は彼が6歳の時にハメロへ移住した[5]。2000年から交際するガールフレンドとの間には2009年に長男が生まれている[6]

ユース期[編集]

5歳になったフンテラールは2人の兄弟とともに地元のサッカークラブ VV H. en Kへ入団し、6歳になる翌年までここでプレーした[5]。彼はゴー・アヘッド・イーグルスのスカウトも受けたが、クラブがベースを置くデーフェンターまでの移動距離が入団を困難にした[5]

それからすぐ後のこと。彼はデ・フラーフスハップのスカウトを受け、1994年4月6日に11歳でユースチームへ入団した[5]。彼はデ・フラーフスハップでの最初の2年間で左のウイング、攻撃的ミッドフィールダー、左サイドバック、時にはゴールキーパーまで様々なポジションを試され、3年目にストライカーに専念することになった[5]

1997-98シーズン、14歳になったフンテラールは、デ・フラーフスハップCチームのエースストライカーとして20試合で33得点を挙げた[5]。シーズン終了後にはB1チームに昇格し、1999-2000シーズンにはB1リーグ最多となる31得点を記録した[5]。その得点能力はPSVの関心を惹き、彼は2000年6月にPSVと契約を結んだ[5]

クラブ[編集]

PSV[編集]

PSVでの最初のシーズン、フンテラールはすぐにヴィリー・ファン・デル・カイレン率いるA1チームでゴールを量産し、23試合で26得点を挙げてユースリーグの得点王となった[5]。2シーズン目にはフース・ヒディンク率いるトップチームへ昇格。2002年11月23日、アウェーのRBCローゼンダール戦(3対0で勝利)の76分、マテヤ・ケジュマンとの交代出場でトップデビューを飾るが、結果的にこれがPSVで唯一の出場となった[7]

デ・フラーフスハップ[編集]

2003年になりトップチームでの居場所を失ったフンテラールは[8][9]、彼の叔父が財務部長をしていた古巣デ・フラーフスハップへレンタルで放出された[10]。デ・フラーフスハップでのデビュー戦は2003年2月8日のローゼンダール戦で、ハンス・ファン・デル・ハールに代わって途中出場した[11]。先発出場の機会は2月16日のSCヘーレンフェーン戦(1対5で敗戦)しか与えられなかった[12]。デ・フラーフスハップでのラストゲームは2003年5月29日のFCズウォレ戦で、この試合を1対2で落としたデ・フラーフスハップはエールディヴィジから降格した[13]。このシーズンは9試合に出場(うち先発1、途中出場8)するも無得点に終わり、デ・フラーフスハップはレンタル期間の延長を見合わせた[14]

AGOVV[編集]

ヘーレンフェーン時代

2003-04シーズンが始まり、フンテラールはエールステ・ディヴィジAGOVVアペルドールンへ再びレンタルで放出された[15]。彼はデビュー戦のFCオス戦でゴールを奪う幸先の良いスタートを見せると[16]、2戦目のヘラクレス・アルメロ戦ではハットトリックを達成した[17]。フンテラールは35試合に出場して26得点という成績でシーズンを終え、エールステ・ディヴィジ得点王、リーグMVPに輝いた[18]。このシーズンの活躍はクラブに強いインパクトを残し、後にAGOVVホームスタジアムの一部スタンドは「クラース・ヤン・フンテラールスタンド」と名付けられた[19][20]

ヘーレンフェーン[編集]

AGOVVでのレンタル期間は終わったが、フンテラールはPSVとの新たな契約を拒みフリースラント州SCヘーレンフェーンと契約を結んだ[21]。2004-05シーズンが始まり、AZとの開幕戦で初得点を記録[22]したフンテラールは、冬の中断期間までに17試合で10得点という成績を残す。最終的には31試合で17得点を挙げてシーズンを終え、へーレンフェーンはUEFAカップ出場権を獲得した。2005-06シーズンは前半戦の17試合で15得点を記録し、冬の中断期間にはオランダ国内のトップクラブ間でフンテラールの争奪戦が始まっていた[23][24]

アヤックス[編集]

アヤックス時代

2006年1月、アヤックスと契約を結んだ。へーレンフェーンには900万ユーロの移籍金と活躍に応じたインセンティブが支払われることになり、そのうちの15%(135万ユーロ)はPSVへ渡った[25]

冬期中断明けにアヤックスでのデビューを飾ったフンテラールは、2006年2月5日のKNVBカップで古巣ヘーレンフェーンを相手に移籍後初ゴールを決めた[26]。2月の間、7試合で9得点という活躍をみせ、セリエAインテル・ミラノ戦でUEFAチャンピオンズリーグに初出場した[27]

アヤックス移籍後のリーグ戦16試合で、チームトップの16得点を叩き出し、シーズン合計33得点の成績でエールディヴィジ得点王に輝いた[28]。このシーズンは公式戦47試合で44ゴールを記録した。

2位でシーズンを終えたアヤックスは、プレーオフでフェイエノールト[29][30]FCフローニンゲンを破り、UEFAチャンピオンズリーグ出場権を獲得した[31]。KNVBカップ準決勝ではフンテラールのバイシクルゴールを含む2得点もあり、アヤックスは4対1でローダJCに勝利した[32]。決勝は古巣PSVとの対戦となったが、フンテラールはここでも2得点の活躍を見せ、アヤックスは2対1で勝利を収めた[33]。これらの活躍からフンテラールは2005-06シーズンのオランダ最優秀選手、アヤックス最優秀選手に輝いた[34]

KNVBカップを掲げるフンテラール(2006年)

2006年7月、デニス・ベルカンプの引退記念試合に出場し、この試合がこけら落としとなったアーセナルの新スタジアム(エミレーツ・スタジアム)での最初のゴールを挙げた[35]。そして2006-07シーズンはアヤックスの副主将としてシーズンを迎えた[36]

UEFAチャンピオンズリーグ予選3回戦ではコペンハーゲンと対戦。アウェイでの1stレグではフンテラールの2得点もあり2対1で勝利するが、ホームでの2ndレグで敗れてトーナメントから姿を消した。アヤックスはUEFAカップに回るが、3回戦でブレーメンに敗れた。フンテラールは7試合に出場、7得点を記録した。

エールディヴィジでは21得点を挙げた。アヤックスは2位でシーズンを終え、前年に続きプレーオフを勝ち抜き、チャンピオンズリーグ出場権を獲得した[37]。フンテラールはプレーオフ準決勝のヘーレンフェーン戦で2つのゴールを決めた[38]

KNVBカップでは6試合で4得点を記録した。決勝のAZ戦では1対1のまま決着がつかず、PK戦を8対7で制したアヤックスがKNVBカップ2連覇を達成した[39]。フンテラールは2006-07シーズンの全公式戦で51試合に出場し、36得点を記録した。

2007-08シーズンはルイス・スアレスという新たなパートナーを得るが、チャンピオンズリーグでは再び予選で敗退した。フンテラールはスパルタ・プラハ戦の1stレグでペナルティーキックを外す失敗を犯している[40]。アヤックスはUEFAカップでもアウェイゴールの差でNKディナモ・ザグレブを相手に敗退。フンテラールは2ゴールを挙げるも、アヤックスはヨーロッパの舞台から早々に姿を消した[41]

エールディヴィジでは昇格組のデ・フラーフスハップ戦(8対1で勝利)での4得点を手始めにゴールを量産した[42]。2007年10月のヤープ・スタム引退後は、故障中のエドガー・ダーヴィッツが復帰するまで一時的に主将を務めた[43]。2008年4月6日、デ・フラーフスハップとの2回戦は再びアヤックスが4対1で勝利した。この試合でハットトリックを達成したフンテラールは、同時にエールディヴィジ通算100ゴールを達成した。25歳以下での100ゴール達成はデニス・ベルカンプディルク・カイトに次いで3人目の記録であった[44]。フンテラールはこのシーズン、34試合の出場で33得点を挙げ、エールディヴィジの得点王に輝いた[45]。また、アヤックスではマルコ・ファン・バステンが1986-87シーズンに記録して以来、21年ぶりの30得点達成となった[46][47]

2008-09シーズン、そのマルコ・ファン・バステンが監督に就任すると、フンテラールは主将の任を受けた[48]。2008年11月のスパルタ・ロッテルダム戦で足首の靱帯を負傷するまで、15試合の出場で9つのゴールを決めた[49]。この負傷で8週間の離脱を余儀なくされ、結果的にこの試合がアヤックスでのラストゲームとなった[50]

レアル・マドリード[編集]

レアル・マドリード時代

2008年12月、レアル・マドリードとアヤックスの交渉が合意に達し、2009年1月にレアル・マドリードへ合流した。移籍金は2000万ユーロで、条件によって最大で2700万ユーロまで上昇する契約が組まれた[51][52]

2009年1月4日、フンテラールはホームのビジャレアル戦でレアル・マドリードでのデビューを飾った。この試合は故障明けということもあり、56分間のプレーで交代している[53]。2月15日、アウェーのスポルティング・ヒホン戦で移籍後初得点を記録。レアル・マドリードはこの試合を4対0で勝利した[54]

2008-09シーズンのチャンピオンズリーグでは、新たに加入したラッサナ・ディアッラと共に出場選手登録される予定であったが、彼らはそれぞれアヤックス、ポーツマスで同じシーズンのUEFAカップに出場しており、同一シーズンにUEFA主催大会に出場した選手の新規登録は1人までとするUEFAルールに抵触した[55][56]。結果、登録から外れ、ラッサナ・ディアッラに出場枠を譲ることとなった[57]。レアル・マドリードでは、20試合に出場(先発13、途中出場7)して8得点という成績で終わった[58][59]

ミラン[編集]

2009年8月、セリエAACミランと4年契約を結んだ。移籍金は1500万ユーロ[60]。ミランでのデビュー戦は2009年8月14日、TIMトロフィーという親善トーナメントであった。

2009年8月29日、リーグ戦デビューを飾るが、ミランは同じ都市のライバルであるインテルを相手に0対4で敗れた。フンテラールの調子はなかなか上がらず、初ゴールは11月29日のカターニャ戦(2対0で勝利)まで遅れた[61]。試合後レオナルドはフンテラールにより多くのチャンスを与えることを示唆したが、好調なマルコ・ボリエッロの存在もあり、彼の負傷離脱まで出場機会は限られたものになった。

シャルケ04[編集]

2010年8月31日、1400万ユーロの移籍金で、ドイツブンデスリーガシャルケ04へ移籍した[62]。移籍後初ゴールは2010年9月19日のボルシア・ドルトムント戦で、シャルケは1対3で敗れた[63]

2011-12シーズンに29得点を挙げ、ブンデスリーガ得点王となった。(2位はマリオ・ゴメスの26得点)

代表[編集]

2010年南アフリカW杯に出場、主に途中出場しカメルーン戦で1ゴールを上げる。

個人成績[編集]

クラブ成績[編集]

クラブ成績 リーグ カップ プレイオフ 国際大会 通算
シーズン クラブ リーグ 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
2002–03 PSV エールディヴィジ 1 0 1 0
デ・フラーフスハップ 9 0 9 0
2003–04 AGOVV エールステ・ディヴィジ 35 26 2 1 37 27
2004–05 ヘーレンフェーン エールディヴィジ 31 16 1 0 7 3 39 19
2005–06 15 17 1 1 7 3 23 21
アヤックス 16 16 3 5 4 2 2 1 25 24
2006–07 32 21 6 4 4 2 9 9 51 36
2007–08 34 33 3 1 4 0 4 2 45 36
2008–09 10 6 1 1 4 2 15 9
レアル・マドリード プリメーラ 20 8 20 8
2009–10 ACミラン セリエA 25 7 2 0 3 0 30 7
2010–11 シャルケ04 ブンデスリーガ 24 8 3 2 8 3 35 13
2011–12 32 29 3 5 12 14 47 48
2012–13 26 10 2 2 7 4 35 16
2013–14 18 12 1 1 2 1 21 14
通算 328 209 28 23 12 4 65 42 433 278

代表成績[編集]

2014年10月10日現在

国名 親善試合 公式戦 通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点
オランダ 2006 2 2 2 0 4 2
2007 3 0 2 1 5 1
2008 5 5 4 2 9 7
2009 5 2 6 2 11 4
2010 5 2 8 9 13 11
2011 3 1 4 4 7 5
2012 4 2 5 2 9 4
2013 2 0 0 0 2 0
2014 3 0 6 4 9 4
通算 32 14 37 24 69 38

代表での得点[編集]

オランダ代表でのフンテラール(左)
ゴール 日付 会場 対戦相手 得点 結果 試合概要
1 2006年8月16日 ランズダウン・ロードダブリンアイルランド  アイルランド 0–1 0–4 親善試合
2 0–3
3 2007年10月17日 フィリップス・スタディオンアイントホ―フェンオランダ  スロベニア 2–0 2–0 UEFA EURO 2008予選
4 2008年2月6日 スタディオン・ポリュドスプリトクロアチア  クロアチア 0–2 0–3 親善試合
5 2008年3月26日 エルンスト・ハッペル・シュターディオンウィーンオーストリア  オーストリア 3–1 3–4 親善試合
6 3–4
7 2008年5月24日 デ・カイプロッテルダムオランダ  ウクライナ 2–0 3–0 親善試合
8 2008年6月17日 スタッド・ドゥ・スイス・バンクドルフベルンスイス  ルーマニア 1–0 2–0 UEFA EURO 2008
9 2008年9月6日 フィリップス・スタディオンアイントホ―フェンオランダ]  オーストラリア 1–0 1–2 親善試合
10 2008年10月11日 デ・カイプロッテルダムオランダ  アイスランド 2–0 2–0 2010 FIFAワールドカップ予選
11 2009年2月11日 11月7日スタジアムベンナラスチュニジア  チュニジア 0–1 1–1 親善試合
12 2009年3月21日 アムステルダム・アレナオランダ  スコットランド 1–0 3–0 2010 FIFAワールドカップ予選
13 2009年4月1日 アムステルダム・アレナオランダ  マケドニア 2–0 4–0 2010 FIFAワールドカップ予選
14 2009年9月5日 デ・フロルーシュ・フェステオランダ  日本 3–0 3–0 親善試合
15 2010年3月3日 アムステルダム・アレナオランダ  アメリカ合衆国 2–0 2–1 親善試合
16 2010年6月24日 ケープタウン・スタジアム南アフリカ  カメルーン 2–1 2–1 2010 FIFAワールドカップ
17 2010年9月3日 スタディオ・オリンピコサンマリノ  サンマリノ 2–0 5–0 UEFA EURI 2012予選
18 3–0
19 4–0
20 2010年9月7日 デ・カイプロッテルダムオランダ  フィンランド 1–0 2–1 UEFA EURO 2012予選
21 2–0
22 2010年10月8日 ジンブル・スタジアムキシナウモルドバ  モルドバ 0-1 0-1 UEFA EURO 2012予選
23 2010年10月11日 アムステルダム・アレナオランダ  スウェーデン 1-0 4-1 UEFA EURO 2012予選
24 3-0
25 2010年11月17日 アムステルダム・アレナオランダ  トルコ 1-0 1-0 親善試合
26 2011年2月10日 フィリップス・スタディオンオランダ  オーストリア 2-0 3-1 親善試合
27 2011年9月2日 フィリップス・スタディオンオランダ  サンマリノ 5-0 11-0 UEFA EURO 2012予選
28 8-0
29 2011年10月7日 デ・カイプオランダ  モルドバ 1-0 1-0 UEFA EURO 2012予選
30 2011年10月11日 ロースンダ・スタディオンスウェーデン  スウェーデン 1-1 3-2 UEFA EURO 2012予選
31 2012年2月29日 ウェンブリー・スタジアムイングランド  イングランド 0-2 2-3 親善試合
32 2012年8月15日 ボードゥアン国王競技場ベルギー  ベルギー 1-2 4-2 親善試合
33 2012年9月11日 プシュカーシュ・フェレンツ競技場ハンガリー  ハンガリー 1-4 1-4 2014 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選
34 2012年10月12日 デ・カイプオランダ  アンドラ 2-0 3-0 2014 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選
35 2014年6月29日 カステロンブラジル  メキシコ 2-1 2-1 2014 FIFAワールドカップ
36 2014年10月10日 アムステルダム・アレナオランダ  カザフスタン 1-1 3-1 UEFA EURO 2016予選
37 2014年11月16日 アムステルダム・アレナオランダ  ラトビア 3-0 6-0 UEFA EURO 2016予選
38 6-0

獲得タイトル[編集]

クラブ
代表
個人

脚注[編集]

  1. ^ The Hunter's pursuit of excellence”. FIFA.com (2007年1月23日). 2008年4月7日閲覧。
  2. ^ Huntelaar follows Van Basten”. UEFA.com (2008年4月4日). 2008年4月7日閲覧。
  3. ^ Hodges, Vicki (2008年1月11日). “Man United keen on Dutch striker Huntelaar”. London: The Telegraph. http://www.telegraph.co.uk/sport/football/2288617/Man-United-keen-on-Dutch-striker-Huntelaar.html 2009年8月4日閲覧。 
  4. ^ a b Harris, Nick (2009年3月28日). “Huntelaar, the new Dutch goal machine”. London: The Independent. http://www.independent.co.uk/sport/football/european/huntelaar-the-new-dutch-goal-machine-1655912.html 2009年3月28日閲覧。 
  5. ^ a b c d e f g h i Biografie van Klaas-Jan Huntelaar” (Dutch). Official website of Klaas-Jan Huntelaar. 2007年9月24日閲覧。
  6. ^ Klaas-Jan Huntelaar vader” (Dutch). Telegraaf.nl (2009年4月9日). 2010年7月23日閲覧。
  7. ^ RBC Roosendaal” (Dutch). PSV Eindhoven (2002年11月23日). 2007年9月24日閲覧。
  8. ^ PSV looking to loan out kids”. Sky Sports (2003年4月28日). 2009年3月22日閲覧。
  9. ^ Huntelaar class shines through”. UEFA.com (2006年1月13日). 2007年10月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年10月15日閲覧。
  10. ^ De Graafschap herdenkt Cor Huntelaar groots” (Dutch). Soccernews.nl (2008年3月15日). 2008年3月16日閲覧。
  11. ^ RBC Roosendaal – De Graafschap (1–0)” (Dutch). De Graafschap (2003年2月8日). 2007年10月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年9月24日閲覧。
  12. ^ De Graafschap – SC Heerenveen (1–5)” (Dutch). De Graafschap (2003年2月16日). 2007年10月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年9月24日閲覧。
  13. ^ FC Zwolle – De Graafschap (2–1)” (Dutch). De Graafschap (2003年5月29日). 2007年10月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年9月24日閲覧。
  14. ^ De Graafschap ziet af van langer huren van Huntelaar” (Dutch). Sport1 (2003年6月21日). 2007年9月24日閲覧。
  15. ^ Klaas-Jan Huntelaar profiel” (Dutch). NOS Studio Sport (2007年9月10日). 2007年9月24日閲覧。
  16. ^ AGOVV Club historie” (Dutch). AGOVV. 2007年12月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年12月16日閲覧。
  17. ^ Eerste overwinning AGOVV” (Dutch). Sport1 (2003年8月23日). 2007年10月17日閲覧。
  18. ^ Huntelaar verkozen tot speler van het seizoen” (Dutch). Sport1 (2004年6月2日). 2007年10月17日閲覧。
  19. ^ AGOVV Apeldoorn to open Huntelaar Stand on 27 September”. Ajax USA (2007年9月11日). 2007年9月11日閲覧。
  20. ^ Huntelaar krijgt eigen tribune bij AGOVV” (Dutch). Trouw (2007年9月11日). 2007年9月23日閲覧。
  21. ^ Classy Huntelaar thinking big”. FIFA.com (2007年10月1日). 2007年10月19日閲覧。
  22. ^ Uitstekende start Heerenveen tegen AZ: 1–1” (Dutch). SC Heerenveen (2004年8月14日). 2007年9月16日閲覧。
  23. ^ Chase is on for Huntelaar”. Sky Sports (2005年12月2日). 2005年12月2日閲覧。
  24. ^ Ajax heading Klaas chase”. Sky Sports (2005年12月19日). 2005年12月19日閲覧。
  25. ^ Transfer completed: Huntelaar to join Ajax for 4.5 years”. Ajax USA (2005年12月29日). 2007年8月23日閲覧。
  26. ^ Ajax naar halve finale Gatorade Cup door zege op Heerenveen” (Dutch). Ajax Online (2006年2月2日). 2007年6月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年8月23日閲覧。
  27. ^ Inter recovery pegs back Ajax”. UEFA.com (2006年2月22日). 2007年8月23日閲覧。
  28. ^ Huntelaar evenaart topscorer Cruijff” (Dutch). KNVB (2006年4月17日). 2007年8月23日閲覧。
  29. ^ Ajax in Arena ruim langs Feyenoord” (Dutch). Ajax Online (2006年4月20日). 2007年6月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年8月23日閲覧。
  30. ^ Ajax bezorgt Feyenoord de ultieme vernedering” (Dutch). Ajax Online (2006年4月23日). 2007年6月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年8月23日閲覧。
  31. ^ Ajax plaatst zich in slotfase voor voorronde Champions League” (Dutch). Ajax Online (2006年5月3日). 2007年6月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年8月23日閲覧。
  32. ^ Ajax naar bekerfinale na zinderend duel tegen Roda” (Dutch). Ajax Online (2006年3月22日). 2007年6月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年8月23日閲覧。
  33. ^ Huntelaar bezorgt Ajax met twee doelpunten de beker” (Dutch). Ajax Online (2006年5月7日). 2007年6月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年8月23日閲覧。
  34. ^ Huntelaar gekozen tot beste talent” (Dutch). Sportweek (2006年5月3日). 2007年10月15日閲覧。
  35. ^ “Bergkamp given rousing farewell”. BBC Sport. (2006年7月22日). http://news.bbc.co.uk/sport2/hi/football/teams/a/arsenal/5203954.stm 2007年8月23日閲覧。 
  36. ^ Stam nieuwe aanvoerder Ajax, Perez vice-captain” (Dutch). Ajax Online (2006年7月11日). 2008年1月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年11月1日閲覧。
  37. ^ Ajax wint play-offs na goede zege op AZ” (Dutch). Ajax Online (2007年5月27日). 2007年8月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年8月23日閲覧。
  38. ^ Ajax boekt ruime overwinning op Heerenveen” (Dutch). Ajax Online (2007年5月13日). 2007年9月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年8月23日閲覧。
  39. ^ Ajax claim KNVB Cup after 120 minutes and 16 penalties”. Ajax USA (2007年5月6日). 2007年8月23日閲覧。
  40. ^ Slavia make Ajax pay the penalty”. UEFA.com (2007年8月15日). 2007年8月23日閲覧。
  41. ^ Ajax follow French pair out of Europe”. UEFA.com (2007年10月4日). 2007年10月5日閲覧。
  42. ^ Timely boost for four-goal Huntelaar”. UEFA.com (2007年8月20日). 2007年8月20日閲覧。
  43. ^ Huntelaar aanvoerder in bekerduel” (Dutch). AT5 (2007年10月31日). 2007年11月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年11月1日閲覧。
  44. ^ Strikers toast milestone moments”. FIFA.com (2008年4月9日). 2009年3月25日閲覧。
  45. ^ Huntelaar topscorer, Suarez derde” (Dutch). Ajax (2007年4月20日). 2008年6月6日閲覧。
  46. ^ Klass Jan Huntelaar factfile”. ESPN (2008年12月3日). 2009年3月25日閲覧。
  47. ^ Topscorers (2)” (Dutch). AFC Ajax (2008年5月31日). 2008年5月31日閲覧。
  48. ^ Huntelaar to captain Ajax”. AFC Ajax (2008年7月16日). 2008年7月16日閲覧。
  49. ^ Huntelaar tears ankle ligament”. AFC Ajax (2008年11月10日). 2009年4月3日閲覧。
  50. ^ Huntelaar Blow For Ajax”. Goal.com (2008年11月10日). 2009年4月3日閲覧。
  51. ^ “Madrid to sign Ajax goal machine Huntelaar”. UEFA.com. (2008年12月2日). http://www.uefa.com/competitions/ucl/news/kind=1/newsid=781441.html 2009年8月6日閲覧。 
  52. ^ “'Onvergetelijke jaren bij Ajax'” (Dutch). AFC Ajax. (2008年12月3日). http://www.ajax.nl/Nieuws/Nieuwsarchief/Nieuws-artikel/Onvergetelijke-jaren-bij-Ajax.htm 2009年8月6日閲覧。 
  53. ^ “Klaas Jan Huntelaar Game Logs”. SI.com. (2009年3月2日). http://sports.sportsillustrated.cnn.com/liga/players.asp?player=17801 2009年4月3日閲覧。 
  54. ^ Sporting Gijon 0–4 Real Madrid”. ESPN Soccernet (2009年2月15日). 2009年3月23日閲覧。
  55. ^ UEFA decision on Real Madrid”. UEFA.com (2009年1月8日). 2009年1月8日閲覧。 [リンク切れ]
  56. ^ Definitive Champions League list”. Realmadrid.com (2009年2月2日). 2009年2月2日閲覧。
  57. ^ Definitive Champions League list”. Realmadrid.com (2009年2月2日). 2009年2月2日閲覧。
  58. ^ Huntelaar is the real deal”. Sporting Life (2009年3月23日). 2009年3月23日閲覧。
  59. ^ Dutch soccer star keeping Real in title hunt”. Yahoo Sports (22 March 20092). 2009年3月23日閲覧。 [リンク切れ]
  60. ^ “Huntelaar transferred to AC Milan”. Real Madrid official site. (2009年8月6日). http://www.realmadrid.com/cs/Satellite/en/1202777594942/noticia/ComunicadoOficial/OFFICIAL_ANNOUNCEMENT_2009-08-06.htm 2009年8月6日閲覧。 
  61. ^ “Catania 0 – 2 AC Milan”. ESPN Soccernet. (2009年11月30日). http://soccernet.espn.go.com/report?id=278374&cc=5739 2009年12月1日閲覧。 
  62. ^ Huntelaar moves to Schalke 04”. goal-arena.com (2010年8月31日). 2010年9月3日閲覧。
  63. ^ Dortmund dominate derby”. ESPN Soccernet (2010年9月19日). 2010年9月30日閲覧。

外部リンク[編集]