エルイェロ・エリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エルイェロ・エリア Football pictogram.svg
HSV ELJERO ELIA.jpg
名前
本名 エルイェロ・ヘオルヘ・リナルド・エリア
愛称 エリー
ラテン文字 Eljero George Rinaldo Elia
基本情報
国籍 オランダの旗 オランダ
生年月日 1987年2月13日(27歳)
出身地 南ホラント州フォールブルフ
身長 177cm
体重 78kg
選手情報
在籍チーム ドイツの旗 ヴェルダー・ブレーメン
ポジション FW (WG)
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2004-2007
2007-2009
2009-2011
2011-2012
2012-
オランダの旗 ADOデン・ハーグ
オランダの旗 FCトゥヴェンテ
ドイツの旗 ハンブルガーSV
イタリアの旗 ユヴェントスFC
ドイツの旗 ヴェルダー・ブレーメン
59 0(6)
64 (11)
52 0(7)
4 0(0)
代表歴2
2006-2008
2009
2009-
オランダの旗 オランダ U-21
オランダの旗 オランダ B
オランダの旗 オランダ
7 0(1)
3 0(2)
28 0(2)
1. 国内リーグ戦に限る。2012年5月26日現在。
2. 2012年11月14日現在。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

エルイェロ・ヘオルヘ・リナルド・エリア(Eljero George Rinaldo Elia, 1987年2月13日 - )は、オランダ南ホラント州フォールブルフ英語版出身のサッカー選手ヴェルダー・ブレーメン所属。ポジションはフォワード(ウイング)。

経歴[編集]

クラブ[編集]

ADOデン・ハーグ

1996年からADOデン・ハーグの下部組織に在籍し、2000年から2002年までの期間はアヤックス・アムステルダムの下部組織に所属していた。2004年、17歳でADOデン・ハーグのトップチームデビューし、そのシーズンは4試合に出場して1得点した。2005年にはオランダU-19代表に招集されたが、急速に成長したことから2006年初頭にはオランダU-21代表に選出された。しかしADOデン・ハーグの新監督にレックス・スフーンマカーが就任し、エリアはクラブとの関係を悪くしていった。

FCトゥヴェンテ
トゥヴェンテ時代のエリア

2007年、FCトゥヴェンテに移籍した。2008-09シーズンは開幕から3戦連続で得点し、その後もコンスタントに得点した[1]。チーム最多の先発回数を記録し、チーム3位の9得点の活躍でリーグ戦2位躍進に貢献した。ブレイズ・ヌクフォマルコ・アルナウトヴィッチとの3トップでチーム総得点の6割弱の37点を稼いだ。アーセナルFCとのUEFAチャンピオンズリーグ予選3回戦に敗れて回ったUEFAカップでは2008年11月6日のグループリーグ・マンチェスター・シティFC戦で同点ゴールを決めた[2]。12月3日のシャルケ04戦ではグループリーグ突破を決めるケネス・ペレスの決勝点の起点となった[3]。2008-2009シーズンのオランダ年間若手最優秀選手としてヨハン・クライフ賞を受賞。

ハンブルガーSV

2009年7月4日、移籍金900万ユーロの5年契約でハンブルガーSVに移籍した。かつて在籍したアヤックス・アムステルダムもエリア獲得を狙っていたが、FCトゥヴェンテのヨープ・ムンスターマン会長はリーグ内の強豪に選手を譲渡することに難色を示し、アヤックスからのオファーを拒んだ[4]。ハンブルガーSVに所属しているヨリス・マタイセンロメオ・カステレン、ハンブルガーSVに所属した経験のあるラファエル・ファン・デル・ファールトハリド・ブラルーズに相談してハンブルガーSV移籍を決意したという[5]。移籍金の5%を古巣のADOデン・ハーグが受け取る。右膝と膝蓋腱英語版の負傷によりプレシーズンをほぼ棒に振ったが、8月9日、リーグ開幕戦のSCフライブルク戦で69分にピオトル・トロヒョウスキと代わって途中出場し、デビューを飾った。8月15日のボルシア・ドルトムント戦でははじめて先発出場した。8月23日のVfLヴォルフスブルク戦で7分にリーグ戦初得点を決め、9月12日のVfBシュトゥットガルト戦でも得点した。11月8日、ロベルト・エンケの最後の試合となったハノーファー96戦ではチームの2点目を決めた。開幕から14試合全てに連続出場中だったが、11月28日の1.FSVマインツ05戦で前半早々にタックルを受けて負傷交代した。

ユヴェントスFC

2011年8月にユヴェントスFCに4年契約で移籍。移籍金は900万ユーロで契約内の達成内容によって100万ユーロのボーナスが追加される。ユヴェントスではアントニオ・コンテ監督の信頼を得るに至れず、カップ戦を含め公式戦5試合の出場に終わった。

ヴェルダー・ブレーメン

2012年7月にヴェルダー・ブレーメンに移籍。移籍金は550万ユーロで契約内の達成内容によって200万ユーロのボーナスが追加される。

オランダ代表[編集]

オランダ代表としては前述の年代別代表に選出されたのち、2009年8月12日の親善試合・イングランド戦で初めてA代表に招集される。この試合では出場しなかったものの、9月5日の親善試合・日本戦で後半開始からアリエン・ロッベンに代わって途中出場し初出場を記録し[6]、2アシストで3-0の勝利に貢献した[7]。テレビの解説者をしていたヤープ・スタムは「エリアの動きのすべてが相手の脅威となっていた」と称えた[7]。その4日後のワールドカップ予選スコットランド戦では決勝点となる代表初ゴールを記録した[8]

2010年5月、2010 FIFAワールドカップに出場するオランダ代表メンバー23人に選出された[9]

所属クラブ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ zerozerofootball.comEljero Elia Season 2008/2009
  2. ^ livedoorスポーツ (2008年11月6日). “シティー、ロビーニョの鮮烈なゴールで白星発進”. 2009年8月17日閲覧。
  3. ^ livedoorスポーツ (2008年12月3日). “トウェンテ、前監督との勝負を制しGL突破”. 2009年8月17日閲覧。
  4. ^ スポーツナビ (2009年7月6日). “トゥエンテのエリアがハンブルガーSVに移籍”. 2009年9月14日閲覧。
  5. ^ uefa.com (2009年7月6日). “エリアがハンブルガーに移籍”. 2009年9月14日閲覧。
  6. ^ スポーツナビ (2009年9月5日). “オランダに0-3で敗れる”. 2009年9月5日閲覧。
  7. ^ a b 『footballista #134』ソルメディア、2009年9月16日号
  8. ^ uefa.com (2009年9月9日). “オランダ全勝、スコットランドの夢を砕く”. 2009年9月14日閲覧。
  9. ^ オランダ代表、23人のメンバーが決定Goal.com、2010年5月28日

外部リンク[編集]