クラウス・アロフス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クラウス・アロフス Football pictogram.svg
Klaus Allofs.JPG
名前
ラテン文字 Klaus Allofs
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
生年月日 1956年5月12日(57歳)
出身地 デュッセルドルフ
身長 174cm
選手情報
ポジション MFFW
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1975-1981
1981-1987
1987-1989
1989-1990
1990-1992
ドイツの旗デュッセルドルフ
ドイツの旗1.FCケルン
フランスの旗マルセイユ
フランスの旗ボルドー
ドイツの旗ブレーメン
169 (71)
177 (88)
53 (20)
37 (14)
78 (18)
代表歴
1978-1988 西ドイツの旗 西ドイツ 56 (17)
1. 国内リーグ戦に限る。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

クラウス・アロフスKlaus Allofs, 1956年5月12日 -)は、ドイツ出身の元サッカー選手サッカー指導者。ポジションはMFFW。現VfLヴォルフスブルクゼネラルマネージャー。実弟のトーマス・アロフスも元サッカー選手。

経歴[編集]

1975年にフォルトゥナ・デュッセルドルフで選手キャリアをスタート。1981年には1.FCケルンへ移籍、フランスのマルセイユボルドーを経て、1990年にブレーメンへ移籍し1992年に現役を引退した。

クラウスはブンデスリーガ通算424試合に出場し177得点を記録した。得点記録は歴代7位(ディーター・ミュラーと並ぶ)、デュッセルドルフ時代に記録した71得点はクラブ歴代最多記録である。1979年と1985年にはブンデスリーガ得点王を獲得、現役時代に4度のDFBポカール制覇、1992年にはブレーメンの一員としてUEFAカップウィナーズカップ制覇に貢献した。

西ドイツ代表としては1978年10月11日チェコスロバキア戦で代表デビューを飾る。1980年のUEFA欧州選手権1980優勝、1986年のFIFAワールドカップ・メキシコ大会準優勝に貢献するなど、国際Aマッチ56試合出場17得点を記録した。

現役引退後の1999年にフォルトゥナ・デュッセルドルフの監督を短期間務めた後にブレーメンのスポーツディレクターに就任し、現在は同クラブのゼネラルマネージャーを務めている。

2012年11月15日、13年務めたブレーメンを退団しVfLヴォルフスブルクのゼネラルマネージャーに就任した[1]

個人タイトル[編集]

  • ブンデスリーガ得点王 2回(1979年、1985年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Goal.com (2012年11月16日). “長谷部ヴォルフスブルク、当面は暫定監督で続行か?”. 2012年11月16日閲覧。

外部リンク[編集]