ルディ・フェラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルディ・フェラー Football pictogram.svg
424px-Rudi Völler 06-2004.jpg
名前
本名 ルドルフ・フェラー
Rudolf Völler
愛称 ルディ
ラテン文字 Rudi Völler
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ(旧西ドイツ
生年月日 1960年4月13日(54歳)
出身地 ハーナウ
身長 177cm
体重 71kg
選手情報
ポジション FW
利き足 右足
代表歴
1982-1994 ドイツの旗 ドイツ 90 (47)
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

ルディ・フェラー(Rudi Völler, 1960年4月13日 - )は、ドイツ(旧西ドイツ)出身の元サッカー選手。現在はバイエル・レバークーゼンでスポーツディレクターを務める。

略歴[編集]

1977年、地元のクラブチーム・オッフェンバッハでキャリアをスタート。その後、1860ミュンヘンヴェルダー・ブレーメンに在籍し、1982-1983シーズンにはドイツ・ブンデスリーガ得点王に輝くとともに、西ドイツ年間最優秀選手にも選出。ドイツを代表するストライカーとなった。その活躍が認められ、1987年にはセリエAASローマへ移籍。1990年イタリアW杯ではエースとして西ドイツの優勝に貢献した。決勝戦のアルゼンチン戦では、当時所属していたローマでの試合ということもあり、ひときわ大きな拍手で迎えられた。

その後、マルセイユ、バイエル・レバークーゼンを経て1997年に現役を引退。ドイツ代表としては90試合に出場し、47得点を記録した。

指導者としては2000年からドイツ代表監督を務め、日韓W杯では準優勝をおさめたが、EURO2004でグループリーグ敗退と振るわず、その責任を取って辞任した。直後に古巣ASローマの監督に就任したものの、成績不振もあって開幕からわずか1ヶ月で辞任。その後はレバークーゼンに戻り、スポーツディレクター職に就いている。

明るい人柄でドイツきっての人気者であり、「ルディ・フェラーはただ一人」という歌は人口に膾炙している。

奥寺康彦とは、ヴェルダー・ブレーメン時代に共にプレーした旧知の仲である。

所属クラブ[編集]

指導歴[編集]

タイトル[編集]

その他[編集]

2006 FIFAワールドカップの日本対クロアチア戦で決定機を外した柳沢敦のプレーについて、ピエール・リトバルスキーは「ルディ・フェラーならギプスをつけていても入るボール」とコメントした。フェラーの決定力の高さを逆から表現した喩えだが、フェラー自身も1990年大会一次リーグのUAE戦で、決定的なシュートを一本バーの上にふかしている[1](その試合チームは圧勝し、またフェラーも他のシュートを決めたため、事無きを得た)。また、2006 FIFAワールドカップ準決勝のイタリア戦の前に、「イタリアの穴はグロッソだ」と発言した[1]。しかし、そのグロッソに先制点を決められてしまい、ドイツ代表は準決勝で敗退した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Football - Very unlucky strikers