アルシデス・ギジャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルシデス・ジッギア Football pictogram.svg
名前
愛称 アルシデス・エドガルド・ジッギア
カタカナ アルシデス・ジッギア
ラテン文字 Alcides Ghiggia
基本情報
国籍 ウルグアイの旗 ウルグアイ
イタリアの旗 イタリア
生年月日 1926年12月22日(87歳)
出身地 モンテビデオ
身長 169cm
体重 62kg
選手情報
ポジション FW
代表歴2
1950-1952
1957-1959
ウルグアイの旗 ウルグアイ
イタリアの旗 イタリア
12 (4)
5 (1)
2. 2013年8月24日現在。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

アルシデス・エドガルド・ジッギアAlcides Edgardo Ghiggia1926年12月22日 - )は、ウルグアイ出身のサッカー選手。ポジションはフォワード右ウイング)。

経歴[編集]

1950年のブラジルW杯で事実上の決勝戦となった、第2次ラウンド最終戦のウルグアイブラジル戦にて、右ウイングのギジャは後半34分に決勝点となる2点目を挙げ、ウルグアイを2度目のワールドカップ優勝に導いた。ギジャがゴールを決めた瞬間、マラカナン・スタジアムに集まった20万人の大観衆は静まり返ったという(→マラカナンの悲劇参照)。同大会では出場した4試合すべてで1ゴールずつを挙げている。

大会後はイタリアのASローマに移籍し、イタリア代表としてプレイした。1968年に41歳で現役を引退した。

2013年12月6日ブラジルサルバドールで行われた2014年W杯組み合わせ抽選会には、86歳の高齢ながらドロワーとして参加した。

所属クラブ[編集]

代表歴[編集]

  • ウルグアイ代表 1950-1952
1950年 第3回FIFAワールドカップ・ブラジル大会(優勝、4試合出場4得点)
  • イタリア代表 1957-1959