エーリッヒ・リベック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エーリッヒ・リベック Football pictogram.svg
名前
愛称 Sir Erich(エリック卿)
カタカナ エーリッヒ・リベック
ラテン文字 Eric Ribbeck
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
生年月日 1937年6月13日(77歳)
出身地 ヴッパータール
選手情報
ポジション DF
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

エーリッヒ・リベックEric Ribbeck1937年6月13日 - )は、ドイツノルトライン=ヴェストファーレン州ヴッパータール出身のサッカー指導者。

略歴[編集]

選手時代はDFとして、オーバーリーガに所属するヴッパーターラーSVボルシアSCBヴィクトリア・ケルンでプレーをした。

現役引退後は指導者の道へ進み、1965年ボルシア・メンヒェングラートバッハのアシスタントコーチに就任しヘネス・バイスバイラーに師事。1973年からは1.FCカイザースラウテルンの監督を務め、1976年DFBポカールで準優勝に導く。

1978年からは西ドイツ代表のアシスタントコーチに就任し、ユップ・デアヴァル監督を補佐。1984年UEFA欧州選手権1984敗退の責任を問われ、デアヴァルが解任されると次期監督候補と目されたが、若いフランツ・ベッケンバウアーの前に敗れた。

その後はバイエルン・ミュンヘンを始めとしたドイツ国内の有力クラブの監督を歴任。1988年バイエル・レバークーゼンを率いてUEFAカップ優勝に導いた。

1998年9月9日ベルティ・フォクツの後任としてドイツ代表監督に就任。 2000年に行われたUEFA欧州選手権20001次リーグでは初戦のルーマニア戦を1-1で引き分けたものの、第2戦のイングランド戦を0-1で落とし同国を相手に15年ぶりの敗戦を喫する。最終戦のポルトガル戦では控え選手主体のポルトガルを相手に0-3と完敗を喫し0勝1分2敗で敗退。1938年以来の主要国際大会においてドイツサッカー史上に残る惨敗を喫したことで国民の非難を浴び、監督を辞任した。ドイツ代表監督としての通算成績は10勝6分け8敗。

所属クラブ[編集]

指導歴[編集]

外部リンク[編集]