ファティ・テリム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ファティ・テリム Football pictogram.svg
Fatih Terim.jpg
名前
本名 ファティ・テリム
愛称 Imparator(トルコ語で皇帝)
カタカナ ファティ・テリム
ラテン文字 Fatih Terim
基本情報
国籍 トルコの旗 トルコ
生年月日 1953年9月4日(61歳)
出身地 アダナ
身長 172cm
選手情報
ポジション DF
代表歴
1974–1985[1] トルコの旗 トルコ 51 (2)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj


ファティ・テリムFatih Terim, 1953年9月4日 - )は、トルコ出身の元同国代表サッカー選手サッカー指導者

人物[編集]

トルコ代表監督として1996年のユーロ96出場。ガラタサライの監督として2000年にUEFAカップを制覇するなどトルコサッカーの地位を向上させた人物の一人である。また攻撃的なサッカーの信奉者として知られ、フィオレンティーナの監督時代はマヌエル・ルイ・コスタをトップ下に配した4-3-1-2システムで旋風を起こした。

略歴[編集]

  • 1974年: トルコ代表初選出。現役時代はセンターバックとして主将も務める。
  • 1985年: 現役を引退。指導者の道へ進む。
  • 1993年: トルコ代表監督就任。
  • 1995年: ユーロ96予選を突破。本大会初出場に導く
  • 1996年: ユーロ96、1次リーグ敗退。大会終了後にガラタサライの監督に就任、以後トルコリーグ4連覇。
  • 2000年: UEFAカップ決勝でアーセナルを下し初優勝。この成功で数多くのオファーが舞い込むが、イタリアのフィオレンティーナと契約。
  • 2001年: コッパ・イタリア準優勝に導くが、会長のヴィットリオ・チェッキ・ゴーリと対立し辞任。翌シーズンにACミランの監督に就任するがUEFAカップ3回戦敗退の責任を取りわずか5ヶ月で辞任。
  • 2005年: トルコ代表監督に復帰。EURO2008ではトルコをベスト4に導く快挙を成し遂げた。
  • 2009年: 2010FIFAワールドカップ予選敗退の責任をとり代表監督を辞任。 
  • 2011年: ガラタサライの監督に復帰。
  • 2013年: ガラタサライとの兼任でトルコ代表監督に4度目の就任[2]。9月24日、ガラタサライの監督を解任された[3]

選手経歴[編集]

監督経歴[編集]

獲得タイトル[編集]

監督時代[編集]

ガラタサライ

  • UEFAカップ: 1回 (2000)
  • トルコ・シュペルリガ: 6回 (1996-97, 1997-98, 1998-99, 1999-00, 2011-12, 2012-13)
  • トルコカップ: 2回 (1999,2000)
  • トルコ・スーパーカップ: 4回 (1996, 1997, 2012, 2013)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “Fatih Terim - International Appearances” (英語). The Rec.Sport.Soccer Statistics Foundation. http://www.rsssf.com/miscellaneous/terim-intl.html 
  2. ^ “テリム監督、トルコ代表監督兼任へ”. UEFA.com. (2013年8月22日). http://jp.uefa.com/news/newsid=1984779.html 2013年8月23日閲覧。 
  3. ^ “ガラタサライ、テリム監督解任”. goal.com. (2013年9月25日). http://www.goal.com/jp/news/3639/%E3%83%88%E3%83%AB%E3%82%B3/2013/09/25/4286208/%E3%82%AC%E3%83%A9%E3%82%BF%E3%82%B5%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%A0%E7%9B%A3%E7%9D%A3%E8%A7%A3%E4%BB%BB 2013年10月1日閲覧。