アルベルト・マレザーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルベルト・マレザーニ Football pictogram.svg
Malesani.jpg
名前
カタカナ アルベルト・マレザーニ
ラテン文字 Alberto MALESANI
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 1954年6月5日(59歳)
出身地 イタリアの旗 ヴェローナ
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

アルベルト・マレザーニAlberto Malesani1954年6月5日 - )は、イタリアヴェローナ出身の元サッカー選手、サッカー指導者。

経歴[編集]

セリエC1ACキエーヴォ・ヴェローナにて指導者としてのキャリアをスタートし、セリエB昇格に成功。1997年にACFフィオレンティーナ監督に就任し、4位となる。

1998年からはパルマFC監督となり、コッパ・イタリアUEFAカップスーペル・コッパ優勝を果たすなど優れた成績を残す。その後、エラス・ヴェローナモデナFCでは苦戦が続き、ギリシャの強豪パナシナイコスFCでもリーグ優勝は果たせなかった。

2007年1月にウディネーゼ・カルチョ監督に任命され、イタリアに復帰。2007-08シーズン途中に、エンポリFCの監督に就任するが、途中解任。

しばらくフリー期間が続いていたが、2009年11月23日に最下位と低迷しているACシエナの監督に就任。しかし、シエナではチームを再建できずセリエB降格となり半年でチームを去った。2010年9月1日、前シーズン途中に就任してセリエA残留に導いたフランコ・コロンバを解任したボローニャFCの監督に就任。給料未払い問題など波乱はあったものの、見事セリエA残留に導いた。

2011年6月19日、ボローニャを残留に導いた実績が評価されてジェノアCFCの監督に就任するが、12月21日のナポリ戦で1-6の大敗を喫した翌22日に途中解任。2012年4月2日、後任のパスクアーレ・マリーノが成績不振で解任され、ジェノアの監督に復帰したが、22日のシエナ戦に1-4で敗れ試合終了後に再度解任された。

指導歴[編集]