UEFAカップ1971-72

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
UEFAカップ1971-72
大会概要
日程 1971年9月14日~1972年5月17日
チーム数 64
大会結果
優勝 イングランドの旗 トッテナム・ホットスパー (1回目)
準優勝 イングランドの旗 ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズ
大会統計
試合数 64試合
得点王 北アイルランドの旗 デレク・デューガン(9点)
1972-73

UEFAカップ 1971–72 は、UEFAチャンピオンズカップUEFAカップウィナーズカップに出場できなかったヨーロッパの強豪サッカークラブの為に開かれた第1回目の大会である。

1971年9月14日に開幕し1972年5月17日までの約8ヶ月間にわたり64試合の熱戦が繰り広げられ、トッテナム・ホットスパーが2試合合計スコア3–2でウルヴァーハンプトン・ワンダラーズを降して優勝した。最多得点選手は、準優勝クラブであるウルヴァーハンプトン・ワンダラーズのデレク・デューガンが9得点である。

1回戦[編集]

第1戦は1971年9月14日から16日に、第2戦は9月29日と30日に実施された。

チーム #1 合計 チーム #2 第1戦 第2戦
ヘルタ・ベルリン 西ドイツ 7–2 スウェーデン IFエルフスボリ 3–1 4–1
ダンディー スコットランド 5–2 デンマーク ABコペンハーゲン 4–2 1–0
ローゼンボリBK ノルウェー 4–0 フィンランド HIFK 3–0 1–0
ヴァシャシュSC ハンガリー 2–1 アイルランド シェルバーン 1–0 1–1
グレントラン 北アイルランド 1–7 西ドイツ アイントラハト・ブラウンシュヴァイク 0–1 1–6
ÍBKケフラヴィーク アイスランド 1–15 イングランド トッテナム・ホットスパー 1–61 0–9
セルタ・デ・ビーゴ スペイン 0–3 スコットランド アバディーン 0–2 0–1
FCデン・ハーグ オランダ 7–2 ルクセンブルク FCアリス・ボンヌヴォワ 5–0 2–2
ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズ イングランド 7–1 ポルトガル アカデミカ・コインブラ 3–0 4–1
ASサンテティエンヌ フランス 2–3 西ドイツ 1.FCケルン 1–1 1–2
FCルガーノ スイス 1–3 ポーランド レギア・ワルシャワ 1–3 0–0
FCポルト ポルトガル 1–3 フランス ナント 0–2 1–1
ハンブルガーSV 西ドイツ 2–4 スコットランド セント・ジョンストン 2–1 0–3
サウサンプトン イングランド 2–3 スペイン アスレティック・ビルバオ 2–1 0–2
ボローニャ イタリア 3–1 ベルギー RSCアンデルレヒト 1–1 2–0
ナポリ イタリア 1–2 ルーマニア ラピド・ブカレスト 1–0 0–2
ヴィトーリアFC ポルトガル (a)2–2 フランス ニーム・オリンピック 1–0 1–2
アトレティコ・マドリード スペイン 2–2(a) ギリシャ パニオニオス 2–1 0–1
FCカール・ツァイス・イェーナ ドイツ民主共和国 4–3 ブルガリア ロコモティフ・ソフィア 3–0 1–3
FCバーゼル スイス 2–4 スペイン レアル・マドリード 1–2 1–2
マーサFC マルタ 0–11 イタリア ユヴェントス 0–6 0–5
ディナモ・ザグレブ ユーゴスラビア 8–2 ブルガリア ボテフ・ヴラツァ 6–1 2–1
UTアラド ルーマニア 5–4 オーストリア アウストリア・ザルツブルク 4–1 1–3
フェネルバフチェ トルコ 2–4 ハンガリー フェレンツヴァーロシュ 1–1 1–3
ACミラン イタリア 7–0 キプロス ディゲニス・モルフォウ 4–0 3–0
FCスパルタク・モスクワ ソビエト連邦 3–2 チェコスロバキア VSSコシツェ 2–0 1–2
OFKベオグラード ユーゴスラビア 6–3 スウェーデン ユールゴーデンIF 4–1 2–2
ジェリェズニチャル・サライェヴォ ユーゴスラビア 4–3 ベルギー クラブ・ブルッヘ 3–0 1–3
PSVアイントホーフェン オランダ (wo)2 ドイツ民主共和国 ハレシャーFCヒェミー 0–0
ザグウェンビェ・ヴァウブジフ ポーランド 4–2 チェコスロバキア ウニオン・テプリツェ 1–0 3–2
リールセSK ベルギー 4–2 イングランド リーズ・ユナイテッドFC 0–2 4–0
ラピード・ウィーン オーストリア (wo)3 アルバニア ヴラジニア・シュコダル

1 この試合はレイキャビクで振替実施。
2 ハレシャーは、第1戦終了後に棄権。
3 ヴラジニア・シュコダルは、第1戦開始前に棄権。

2回戦[編集]

第1戦は1971年10月19日から21日に、第2戦は11月2日から4日に実施された。

チーム #1 合計 チーム #2 第1戦 第2戦
ローゼンボリBK ノルウェー 4–4(a) ベルギー リールセSK 4–1 0–3
ラピド・ブカレスト ルーマニア 4–2 ポーランド レギア・ワルシャワ 4–0 0–2
1.FCケルン 西ドイツ 4–5 スコットランド ダンディー 2–1 2–4
FCデン・ハーグ オランダ 1–7 イングランド ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズ 1–3 0–4
ジェリェズニチャル・サライェヴォ ユーゴスラビア (a)3–3 イタリア ボローニャ 1–1 2–2
ナント フランス 0–1 イングランド トッテナム・ホットスパー 0–0 0–1
アイントラハト・ブラウンシュヴァイク 西ドイツ 4–3 スペイン アスレティック・ビルバオ 2–1 2–2
セント・ジョンストン スコットランド 2–1 ハンガリー ヴァシャシュSC 2–0 0–1
FCスパルタク・モスクワ ソビエト連邦 0–4 ポルトガル ヴィトーリアFC 0–0 0–4
ACミラン イタリア 5–4 西ドイツ ヘルタ・ベルリン 4–2 1–2
OFKベオグラード ユーゴスラビア 1–5 ドイツ民主共和国 FCカール・ツァイス・イェーナ 1–1 0–4
ザグウェンビェ・ヴァウブジフ ポーランド 2–3 ルーマニア UTアラド 1–1 1–2
ディナモ・ザグレブ ユーゴスラビア 2–2(a) オーストリア ラピード・ウィーン 2–2 0–0
レアル・マドリード スペイン 3–3(a) オランダ PSVアイントホーフェン 3–1 0–21
ユヴェントス イタリア 3–1 スコットランド アバディーン 2–0 1–1
フェレンツヴァーロシュ ハンガリー (wo)2 ギリシャ パニオニオス

1 この試合は、スヘルトーヘンボスで振替実施。
2 パニオニオスは、第1戦でのファンの暴動により失格。

3回戦[編集]

第1戦は、1971年11月23日と24日に、第2戦は12月8日に実施された。

チーム #1 合計 チーム #2 第1戦 第2戦
ACミラン イタリア 3–2 スコットランド ダンディー 3–0 0–2
FCカール・ツァイス・イェーナ ドイツ民主共和国 0–4 イングランド ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズ 0–1 0–3
アイントラハト・ブラウンシュヴァイク 西ドイツ 3–6 ハンガリー フェレンツヴァーロシュ 1–1 2–5
PSVアイントホーフェン オランダ 1–4 ベルギー リエルセSK 1–0 0–4
ラピード・ウィーン オーストリア 1–5 イタリア ユヴェントス 0–1 1–4
セント・ジョンストン スコットランド 2–5 ユーゴスラビア ジェリェズニチャル・サライェヴォ 1–0 1–5
トッテナム・ホットスパー イングランド 5–0 ルーマニア ラピド・ブカレスト 3–0 2–0
UTアラド ルーマニア 3–1 ポルトガル ヴィトーリアFC 3–0 0–1

準々決勝[編集]

第1戦は1972年3月7日と9日に、第2戦は3月21日と24日に実施された。

チーム #1 合計 チーム #2 第1戦 第2戦
ACミラン イタリア 3–1 ベルギー リールセSK 2–0 1–1
UTAアラド ルーマニア 1–3 イングランド トッテナム・ホットスパー 0–2 1–1
フェレンツヴァーロシュ ハンガリー (p)3–3 ユーゴスラビア ジェリェズニチャル・サライェヴォ 1–2 2–1
ユヴェントス イタリア 2–3 イングランド ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズ 1–1 1–2

準決勝[編集]

第1戦は1972年4月5日、第2戦は4月19日に実施された。

チーム #1 合計 チーム #2 第1戦 第2戦
トッテナム・ホットスパー イングランド 3–2 イタリア ACミラン 2–1 1–1
フェレンツヴァーロシュ ハンガリー 3–4 イングランド ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズ 2–2 1–2

決勝[編集]

第1戦は1972年5月3日に、第2戦は5月17日に実施された。

チーム #1 合計 チーム #2 第1戦 第2戦
ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズ イングランド 2–3 イングランド トッテナム・ホットスパー 1–2 1–1

外部リンク[編集]