ボルシア・メンヒェングラートバッハ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボルシア・メンヒェングラートバッハ
原語表記 Borussia VfL 1900 Mönchengladbach
愛称 Fohlen(子馬), Fohlenelf
クラブカラー 緑と白
創設年 1900年
所属リーグ ドイツ・ブンデスリーガ
所属ディビジョン 1部
ホームタウン メンヒェングラートバッハ
ホームスタジアム シュタディオン・イム・ボルシア・パルク
収容人数 54,019
代表者 ドイツの旗ロルフ・ケーニヒス
監督 スイスの旗リュシアン・ファーヴル
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
サードカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

ボルシア・メンヒェングラートバッハ (Borussia VfL 1900 Mönchengladbach) は、ドイツノルトライン=ヴェストファーレン州メンヒェングラートバッハに本拠地を置くサッカークラブチーム。日本語ではボルシアMGと表記する場合もある。ボルシアとはラテン語で「プロイセン」の意味で、旧プロイセン王国地域のサッカークラブにはボルシアを冠するチーム名がみられる。

概要[編集]

1960年代から1970年代にかけて国内外で強さを発揮。リーグ優勝5回、UEFAカップ優勝2回などを果たし、ドイツ国内ではバイエルンと常に覇権を争ってきた強豪クラブであったが、近年は長い低迷期にあった。2006-07シーズンもマルセル・ヤンセンなど国内外の代表クラスの選手を擁しながら最下位に沈み、クラブ史上2度目の降格が決定した。ただ、2007-08シーズンは第9節からブンデスリーガ2部の首位を守り続け、1部昇格を決めた。

2008-09シーズンは開幕から低迷し、2008年10月にヨス・ルフカイ監督を解任。チームを残留させる実績のあるハンス・マイアー監督を迎えたが、シーズンを通して残留争いを続けた。MFマルコ・マリンは4得点13アシストの活躍を見せていたが、終盤戦では守備に難があるマリンを先発メンバーから外し、15位で残留を達成した。

残留に貢献したMFマルコ・マリンヴェルダー・ブレーメンへ)、MFアレクサンダー・バウムヨハン(バイエルンへ)が抜けた穴にMFフアン・アランゴマジョルカから)、MFトルベン・マルクスを獲得し、新監督にはアルミニア・ビーレフェルトをツヴァイテリーガ(2部)に降格させたミヒャエル・フロンツェックを迎えた。

2011-12シーズンは、マルコ・ロイスフアン・アランゴを中心とした攻撃陣と、DFダンテやGKテア・シュテーゲンを中心とした守備陣が開幕からはまり、ファブレ監督のもと4位でシーズンを終え、2012-13シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を獲得した。

地元での人気は高く、ホームスタジアムをシュタディオン・イム・ボルシア・パルクへと移した2004-05シーズン以降の4シーズンは、2部でのシーズンとなった2007-08シーズンも含めて4万人以上の平均観客動員を記録している。特に1部でのシーズンであった2004-05から2006-07シーズンの間は47,000から49,000人の平均観客動員を記録した。

香川真司などが所属したボルシア・ドルトムントとは、チーム名に同じボルシアがつくものの特にライバル関係では無くダービーマッチと呼ばれることも無い。(ドルトムントとシャルケ04ルールダービーを戦う)。

タイトル[編集]

国内タイトル[編集]

1969-1970, 1970-1971, 1974-1975, 1975-1976, 1976-1977
1959-1960, 1972-1973, 1994-1995
1976-1977

国際タイトル[編集]

1974-1975, 1978-1979

過去の成績[編集]

  • 2003-2004 ブンデスリーガ1部 11位
  • 2004-2005 ブンデスリーガ1部 15位
  • 2005-2006 ブンデスリーガ1部 10位
  • 2006-2007 ブンデスリーガ1部 18位 降格
  • 2007-2008 ブンデスリーガ2部 01位 昇格
  • 2008-2009 ブンデスリーガ1部 15位
  • 2009-2010 ブンデスリーガ1部 12位
  • 2010-2011 ブンデスリーガ1部 16位
  • 2011-2012 ブンデスリーガ1部 04位
  • 2012-2013 ブンデスリーガ1部 08位

現所属メンバー[編集]

2014年1月29日現在
No. Pos. 選手名
1 ドイツの旗 GK マルク=アンドレ・テア・シュテーゲン
3 ベルギーの旗 DF フィリップ・デームス (Captain sports.svg)
4 オランダの旗 DF ルール・ブラウウェルス
7 ドイツの旗 MF パトリック・ヘアマン
8 ドイツの旗 MF ルーカス・ルップ
10 ドイツの旗 MF マックス・クルーゼ
11 ブラジルの旗 MF ラファエル
14 ドイツの旗 MF トールベン・マルクス
15 スペインの旗 DF アルバロ・ドミンゲス
16 ノルウェーの旗 DF ホーヴァル・ノルトヴェイト
17 スウェーデンの旗 DF オスカル・ヴェント
18 ベネズエラの旗 MF フアン・アランゴ
19 ドイツの旗 MF マフムド・ダフード
No. Pos. 選手名
20 ドイツの旗 MF ニコ・ブランデンブルガー
21 ドイツの旗 GK ヤニス・ブラスヴィッヒ
22 ドイツの旗 FW ペニエル・ムラパ
23 ドイツの旗 MF クリストフ・クラマー
24 ドイツの旗 DF トニー・ヤンシュケ
25 ドイツの旗 MF アミン・ユネス
27 ドイツの旗 MF ユリアン・コープ
28 フィンランドの旗 DF ジョエル・メロ
31 スウェーデンの旗 FW ブラニミル・フルゴタ
33 ドイツの旗 GK クリストファー・ハイメロート
34 スイスの旗 MF グラニト・ジャカ
39 オーストリアの旗 DF マーティン・シュトランツル
-- オーストラリアの旗 MF クワシ・イエボア

ローン移籍[編集]

in
No. Pos. 選手名
23 ドイツの旗 MF クリストフ・クラマー (バイエル・レバークーゼン)
No. Pos. 選手名
out
No. Pos. 選手名
9 オランダの旗 FW ルーク・デ・ヨング (ニューカッスル・ユナイテッドFC)
-- ドイツの旗 DF マティアス・ツィマーマン (SVザントハウゼン)
No. Pos. 選手名
-- ドイツの旗 FW エリアス・カチュンガ (SCパーダーボルン07)
監督

歴代監督[編集]

歴代所属選手[編集]

GK[編集]

DF[編集]

MF[編集]

FW[編集]

その他[編集]

1969年6月に訪日し、日本代表と4試合を行い、3勝1分であった。

全盛期の1970年代は、攻撃サッカーの殿堂と呼ばれていた。

外部リンク[編集]