オイゲン・ポランスキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オイゲン・ポランスキ Football pictogram.svg
Eugen Polanski.jpg
名前
ラテン文字 Eugen Polanski
基本情報
国籍 ポーランドの旗 ポーランド
ドイツの旗 ドイツ
生年月日 1986年3月17日(28歳)
出身地 ポーランドの旗 ソスノヴィエツ
身長 183cm
体重 73kg
選手情報
在籍チーム ドイツの旗 ホッフェンハイム
ポジション MF (CH)
背番号 42
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2004-2008
2008-2010
2009-2010
2010-2013.1
2013.1-
ドイツの旗 ボルシアMG
スペインの旗 ヘタフェ
ドイツの旗 マインツ(Loan)
ドイツの旗 マインツ
ドイツの旗 ホッフェンハイム
53 (0)
26 (1)
21 (1)
65 (3)
代表歴2
2011- ポーランドの旗 ポーランド 16 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2012年12月28日現在。
2. 2012年12月27日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

オイゲン・ポランスキ(Eugen Polanski, 1986年3月17日 - )は、ポーランドソスノヴィエツ出身でドイツ育ちのサッカー選手である。ブンデスリーガ1899ホッフェンハイム所属。ポジションはMF(センターハーフ)。出生時の名前はボグスワフ・エウゲニウシュ・ポラニスキ (Bogusław Eugeniusz Polański)。

経歴[編集]

クラブ

10歳からボルシア・メンヒェングラットバッハに在籍し、2005年2月12日のヴェルダー・ブレーメン戦でトップチームデビューした。このシーズンは1試合のみの出場だったが、2005-06シーズンに大きく成長してチームの主力となった。2007-08シーズンは2.ブンデスリーガ2部で戦ったが、ヴァランシエンヌFCから移籍してきたパトリック・パーウヴェが重用され、ポランスキの出場時間は大きく減少した。2005年11月19日のバイヤー・レバークーゼン戦で決めた得点がブンデスリーガで決めた唯一の得点になった。

2008年7月7日、スペインヘタフェCFに移籍。9月28日のアスレティック・ビルバオ戦でデビューした。序盤戦は出場機会が少なかったが、冬頃からレギュラーに定着。中盤センターでハビエル・カスケーロとコンビを組み、26試合に出場した。

2009年6月12日、ブンデスリーガ1部に昇格した1.FSVマインツ05へレンタル移籍し、再びドイツでプレーすることとなった[1]。9月17日、2年契約でマインツに完全移籍した[2]

2013年1月25日、ホッフェンハイムへ2015年シーズン終了までの2年半契約で完全移籍した[3]

代表

ドイツU-21代表ではキャプテンを務め、2006年のUEFA U-21欧州選手権ではセルビア・モンテネグロ戦でロングシュートを突き刺した。ポーランド代表パヴェル・ヤナス監督は2006 FIFAワールドカップを前にポランスキに国籍を変えるよう説得した。2011年8月10日グルジア代表との親善試合でポーランド代表デビューを果たした。

所属クラブ[編集]

ドイツの旗 1.FSVマインツ05(Loan) 2009-2010

脚注[編集]

  1. ^ kicker.de (2009年6月12日). “Polanski: Einigung mit Getafe erzielt”. 2009年9月30日閲覧。
  2. ^ transfermarkt.de (2009年9月17日). “Polanski bleibt bis 2011 beim FSV Mainz 05”. 2009年9月30日閲覧。
  3. ^ ホッフェンハイム公式HP (2013年1月25日). “TSG holt Eugen Polanski aus Mainz”. 2013年1月26日閲覧。

外部リンク[編集]