ウカシュ・ピシュチェク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウカシュ・ピシュチェク Football pictogram.svg
Łukasz Piszczek.JPG
2012年度のピシュチェク
名前
ラテン文字 Łukasz Piszczek
基本情報
国籍 ポーランドの旗 ポーランド
生年月日 1985年6月3日(29歳)
出身地 ポーランドの旗 チェホビツェ=ジェジツェ
身長 184cm
体重 75kg
選手情報
在籍チーム ドイツの旗 ボルシア・ドルトムント
ポジション 右SB / 右SH
背番号 26
利き足 右足
ユース
ポーランドの旗 LKSゴツァウコヴィツェ=ズドルイ
2001-2004 ポーランドの旗 グワレク・ザブジェ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2004-2010 ドイツの旗 ヘルタ・ベルリン 68 (3)
2004-2007 ポーランドの旗 ザグウェンビェ・ルビン (loan) 69 (14)
2010- ドイツの旗 ボルシア・ドルトムント 103 (7)
代表歴2
2007- ポーランドの旗 ポーランド 34 (2)
1. 国内リーグ戦に限る。2014年2月22日現在。
2. 2013年3月26日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ウカシュ・ピシュチェクポーランド語: Łukasz Piszczek, 1985年6月3日 - )は、ポーランドチェホビツェ=ジェジツェ出身のサッカー選手ポーランド代表ブンデスリーガボルシア・ドルトムントに所属する。ポジションは右サイドバック右サイドハーフ)。

経歴[編集]

クラブ[編集]

ポーランド[編集]

ビェルスコ・ビャワ郡チェホビツェ=ジェジツェに生まれ、ゴツァウコヴィツェ=ズドルイで育ったピシュチェクは、7歳の頃から自身の父が指導する地元のLKSゴツァウコヴィツェ=ズドルイでフォワードとしてキャリアを開始[1]し、2001年に入団したグワレク・ザブジェen)では、2003年に国内のユース選手権で優勝を果たした[1]。2004年にUEFA U-19欧州選手権でトルコのアリ・オズトゥルクen)と共に得点王となる[2]と、ドイツ1部ヘルタ・ベルリンへ引きぬかれ、すぐに母国のザグウェンビェ・ルビンへ貸し出されて2004年10月16日のGKSカトヴィツェen)戦で初出場にして初得点を記録した。最初の3シーズンは同クラブで研鑚を積み、2006-07シーズンは、度々センターフォワードで起用されつつ左ウイングのレギュラーとして、右ウイングのヴォイチェフ・ロボジンスキen)、CFのミハル・ハルビンスキen)との3トップを中心に弱小だったルビンをリーグ制覇へと導いた。なお、このシーズンのピシュチェクは、ハルビンスキ(13得点)に次いでチーム2位の11得点を挙げている。

ヘルタ・ベルリン[編集]

2009年、ヘルタ・ベルリンでのピシュチェク

2007-08シーズンから保有元のヘルタへと復帰し、2008年4月26日のハノーファー96戦で初得点を記録した。復帰当初はなかなか定位置を確保できず、また、翌2008-09シーズンは、最終的に手術する股関節の問題から前半戦の殆どを逃し[3]、2009年2月にチームの練習に復帰するも3月に膝を軽傷する苦しいシーズンが続いていた[4]。4月にリーグ戦へ復帰を果たした当初は、守備的ミッドフィルダーあるいは左サイドハーフで起用されていたが、右サイドバックのレギュラーだったソフィアン・シャヘドの長期離脱以降、なかなか穴が埋まらず、また、当のシャヘドがその後に復帰するも調子が戻らずにいる厳しい台所事情だったために苦肉の策として急遽リュシアン・ファーヴル監督によって右サイドバックに転向された[5]ところ、本職ではないにもかかわらず及第点以上の働きを見せ、シーズン終了まで定位置確保に成功すると、2009-10シーズンフリートヘルム・フンケル監督就任以降も引き続き右サイドバックの中心選手として活躍した[6]

ドルトムント[編集]

ヘルタ・ベルリンの2部降格に伴い、2010年5月19日に自由移籍でボルシア・ドルトムントと2013年6月までの3年契約を締結した[7]。2011年7月26日に契約を2016年6月まで延長[8]し、9月24日のアウェイでの1.FSVマインツ05戦(2-1)で試合終了間際にボレーにより決勝点及び移籍後初得点を記録した[9]。ドルトムントでも右サイドバックとして守備に加えて攻撃力からユルゲン・クロップ監督を始めとしたクラブ首脳陣から称賛を浴び、リーグでもトップクラスのサイドバックとして活躍を見せている[10]中、UEFAチャンピオンズリーグ 2012-13 決勝後の2013年5月22日に慢性的な腰の手術を発表したことで最大5ヶ月の離脱が決定[11]し、11月23日のバイエルン・ミュンヘン戦(0-3)でスヴェン・ベンダーに代わり途中出場で復帰を果たした[12]

代表歴[編集]

ポーランド代表として2007年2月3日に親善試合のエストニア戦で代表デビューを飾る[13]UEFA EURO 2008では、クラブで定位置を確保できていなかったこともあり、当落線上をさまよっていたが、最終的にヤクブ・ブワシュチコフスキの離脱により追加招集でメンバー入りを果たした[14]。同大会では、初戦のドイツ戦に途中出場こそしたものの、次戦に向けた練習中に負傷したことで残り試合は欠場となっている[15]

2011年7月29日に、2006年のKSクラコヴィア戦での汚職関与によりポーランドサッカー協会から半年の出場停止が言い渡された[16][17]が、2011年9月21日にピシュチェクの控訴により処罰は解除されることが発表された[18]

自国とウクライナとの共同開催となったUEFA EURO 2012では、グループリーグ全3試合に出場し、初戦のギリシャ戦でクラブでの同僚ロベルト・レヴァンドフスキ、ブワシュチコフスキと共に再三に渡って相手ゴールを脅かす良いパフォーマンスを見せた[19]が、チームは最終的にグループリーグ突破出来ずに敗退となった。2013年3月22日に2014 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選ウクライナ戦で代表初得点を挙げ、4日後の同予選サンマリノ戦でも得点を挙げた。

私生活[編集]

元サッカー選手で指導者のKazimierzを父に持ち、長兄のMarekもサッカー選手である。次兄のAdamもサッカー選手だったが怪我により引退している[20]

2009年6月に結婚[21]し、2011年3月3日には子供が誕生した[22]

タイトル[編集]

クラブ

ポーランドの旗 ザグウェンビェ・ルビン

ドイツの旗 ボルシア・ドルトムント

個人

脚注[編集]

外部リンク[編集]