ヴェスレイ・ソンク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴェスレイ・ソンク Football pictogram.svg
Wesley Sonck.jpg
2007年時のソンク
名前
ラテン文字 Wesley Sonck
基本情報
国籍 ベルギーの旗 ベルギー
生年月日 1978年8月9日(36歳)
出身地 フランデレン地域の旗フランデレン地域
オースト=フランデレン州の旗オースト=フランデレン州ニノーヴェ
身長 174cm
体重 74kg
選手情報
ポジション CF
利き足 右足
ユース
1985-1994 ベルギーの旗 KVKニノーヴェ
1994-1996 ベルギーの旗 モレンベーク
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1996-1998 ベルギーの旗 モレンベーク 33 (11)
1998-1999 ベルギーの旗 ジェルミナル・エケレン 32 (7)
1999-2000 ベルギーの旗 ジェルミナル・ベールショット 28 (11)
2000-2003 ベルギーの旗 ヘンク 93 (66)
2003-2005 オランダの旗 アヤックス 34 (10)
2005 ドイツの旗 ボルシアMG (loan) 7 (2)
2005-2008 ドイツの旗 ボルシアMG 21 (4)
2007-2008 ベルギーの旗 クラブ・ブルッヘ (loan) 21 (6)
2008-2010 ベルギーの旗 クラブ・ブルッヘ 50 (21)
2010-2012 ベルギーの旗 リールセ 32 (6)
2012-2013 ベルギーの旗 ワースラント=ベーフェレン 23 (2)
2014 ベルギーの旗 アッペルテレ=アイヘム
代表歴
1996 ベルギーの旗 ベルギー U-18 4 (1)
1997-1999  ベルギー U-21 11 (8)
2001-2010 ベルギーの旗 ベルギー 55 (24)
1. 国内リーグ戦に限る。2012年1月15日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ヴェスレイ・ソンクWesley Sonck, 1978年8月9日 - )は、ベルギーオースト=フランデレン州ニノーヴェ出身の元サッカー選手、元ベルギー代表。ポジションはセンターフォワード。弟のケヴィンもサッカー選手[1]

経歴[編集]

クラブ[編集]

初期[編集]

オースト=フランデレン州ニノーヴェに生まれたソンクは、地元のKVKニノーヴェnl)で7歳の時にキャリアを始め[2]、その後、国内トップリーグRWDモレンベークと契約し、1997-98シーズンにプロ初出場を飾る[3]。それから、KFCジェルミナル・エケレンに籍を移し、K・ベールスホットVACと合併して誕生したKFCジェルミナル・ベールスホットでも引き続きプレー。2000年にはKRCヘンクへ移籍する。なお、同時期に出身地であるニノーヴェの地方議会選挙に社会党・別から出馬して660票で当選しているが、この移籍が原因で活動することはなかった[4]。ヘンクでは、加入1季目から相手の脅威となっており、2季目の2001-02シーズンは、セフ・フェルホーセン新監督の下で新加入のムムニ・ダガノと強力なコンビを組んでリーグ優勝に導くと共に自身は得点王、ベルギー・ゴールデン・シューベルギー・プロフェッショナル・フットボール・アワード年間最優秀選手部門に輝き[3][5]、相方のダガノはエボニー・シューに選出された。続く2002-03シーズンは、昨季の30得点から減らしたとはいえ、22得点で2季連続得点王のタイトルを獲得[6]。これらの活躍から、2010年にHet Laatste Nieuws上で行われた読者による投票で2000年から2010年までのヘンクの最高選手に選出されている[7]

アヤックス[編集]

ヘンクでの素晴らしい活躍によってイタリア1部ラツィオニコス・マフラスミドの後釜としてオランダ1部アヤックス・アムステルダムから関心を寄せられ[8]、2003年7月7日に移籍金500万ユーロでアヤックスと5年契約を締結する[9]。ベルギーリーグで2季連続得点王に輝く屈指の点取り屋だったことから移籍決定時には、恩師のフェルホーセン監督やフランキー・ヴァン・デル・エルストen)監督からオランダでも変わらず得点を量産出来ると太鼓判を押されていた[10]ものの、アヤックスでは、ベルギー時代の慣れ親しんだ4-4-2システムとは違って4-3-3システムが採用されており、そしてロナルド・クーマン監督によって主に不慣れな右ウイングとして起用されたことで苦戦し、厳しいシーズンだった[11]。しかし、その不慣れなポジションながらも、9月13日のRKCヴァールヴァイク戦で初得点を記録[11]して以降、5月2日のFCズウォレ戦でのハットトリック[12]まで9得点を挙げるまずまずの結果で優勝に貢献した[13]。また、10月のヴィレムII戦では2アシストを記録して得点のみならず相手を活かす能力を示し[14]UEFAチャンピオンズリーグ 2003-04では、母国のクラブ・ブルッヘ相手に2得点を挙げた[15]ように国際舞台でも存在感を示した。

翌2004-05シーズンは、開幕から数試合控えに回っていたが、移籍市場最終日にエースでセンターフォワードを務めるズラタン・イブラヒモビッチが退団したことで、クーマン監督はソンクを後釜に据えることを決意[16]し、ソンクには大きな期待がかかった。しかし、イブラヒモビッチが去った最初の試合である9月12日のADOデン・ハーグでシーズン初先発にしてセンターフォワードを務め[17]、19日のFCデン・ボス戦でも同様にセンターフォワードとして先発を務めたが、精彩を欠き与えられたチャンスを活かせず、オランダ中の新聞からアヤックスには不適格との失敗の烙印を押された[18]結果、次のローダJC戦でヤニス・アナスタシウスen)に先発の座を奪われてしまった[19]。さらに、次の試合も控えにまわる厳しい状況に陥ると、報道陣に「何故、ヤニスが2試合も起用されたかのが理解出来ない」と自身が起用されないことに不満を漏らし、「オランダ人は常に4-3-3システムでなくてはならないと思っているが、俺はヘンクでダガノとプレーしていたように、アナスタシウスと共にプレーをしたい」と自身が得意とする2トップでのプレーを望んだ[20][21]。しかし、その願いは叶うことなく、また昨季務めた右ウイングには新加入のマウロ・ロサレスの存在があったため[22]に出場機会は限定されたものだった。

ボルシア・メンヒェングラードバッハ[編集]

2005年1月13日にドイツ1部ボルシア・メンヒェングラートバッハへ買い取りオプション付きで7月1日までの期限付き移籍をする[23]。同2004-05シーズンは、終盤の4月21日に足の付根を手術するためにシーズン残りを欠場することが決定し、7試合2得点とあまり印象付けることが出来なかった[24]ものの、5月9日に移籍金230万ユーロでの完全移籍を勝ち取った[25]

しかし、翌2005-06シーズンは、開幕前のPSVアイントホーフェンとの親善試合で相手DFのヴィルフレート・ボウマと衝突した際に肋骨を3ヶ所骨折したことで出遅れる[26]と、さらに鼠径部の手術により復帰が遠退き[27]、2006年1月27日のバイエルン・ミュンヘン戦(1-3)まで待たなくてはならなかったが、復帰後にしてシーズン初試合で得点を挙げた[28]。翌2006-07シーズンも負傷に見舞われると、2ヶ月後の10月に戦列に復帰する[29][30]も、出場機会は僅かと厳しいシーズンを過ごす中、2007年2月7日に同僚のカエen)と練習中に喧嘩に発展し、翌日にヨス・ルフカイen)監督から罰金とBチームへの降格処分を言い渡される更に厳しい状況となった[31]。騒動後すぐさま自身の過ちを認めて謝罪した[32]ソンクは、処分が解除されて17日のボルシア・ドルトムントを最後に出番が訪れることはなく[33]、チームは2部へと降格した。

クラブ・ブルッヘ[編集]

22007年8月20日にボシュコ・バラバンジャンヴィオン・ユル・マトンドen)の後釜としてクラブ・ブルッヘと2年契約を締結し、4年ぶりに故郷ベルギーへ戻った[34]

加入初年度は、序盤の6試合で3得点こそ記録したものの、その後の負傷による離脱[35]や度々システムを変更したことで不慣れな役割に苦労した影響からフランソワ・ステルシェルドゥシャン・ジョキッチen)の後塵を拝して21試合6得点と不満の残る結果に終了し、翌シーズンは自身の得意とする4-4-2のシステムでの多くのプレーを望んだ[36]

その2008-09シーズンは、開幕前に昨季のチーム最多得点者ステルシェルの逝去、自身の望む4-4-2のシステムをジャッキー・マタイセンen)監督が採用したことで新加入のジョセフ・アクパラとコンビを組んで14得点を挙げる活躍を見せた[37]。しかし、翌2009-10シーズンにアドリー・コスター監督が就任すると、新システムを採用した影響により開幕からの2試合共に途中出場での役割に限定され[37]、その後も状況は好転せずベンチを温めることが多かったが、シーズン終了後にブルッヘの首脳陣から契約延長を求められ、また、ソンク自身も応じるつもりだったものの、コスター監督の構想外だったために退団することが決定した[38]

晩年[編集]

自由契約選手として2010年8月24日に同1部のリールセSKと2年契約を締結する[39]。リールセでの初得点はオーバーヘッドキックによるものだった。2011-12シーズン終盤に契約交渉を行うも金銭面で折り合いがつかなかったため[40]にシーズン終了後に退団し、数ヶ月の無所属を経て、10月23日に昇格組のワースラント=ベーフェレン英語版と2012-13シーズン終了までの契約を締結した[41]

2014年1月21日に実弟ケヴィンと共にプレーするためにケヴィンが主将を務める5部オースト=フランデレン州地区のKEアッペルテレ=アイヘムと契約[1]。3月18日に契約満了となる2013-14シーズン終了を以って引退する意向を発表[42]し、4月27日の現役最後となった試合で得点を記録した[43]

代表[編集]

2001年5月22日に2002 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選ラトビア戦とサンマリノ戦へ向けてロベール・ヴァサイジュen)監督によってベルギー代表に初招集され[44]、6月2日のラトビア戦(3-1)でエミール・ムペンザに代わって75分から初出場を飾り[45]、6月6日のサンマリノ戦(4-1)で初得点を挙げた[46]2002 FIFAワールドカップでは、国内リーグ得点王だったにもかかわらずベスト16までの全4試合途中出場だったが、ロシア戦で得点を挙げ、グループリーグ突破に貢献した[34]

その後、クラブでの負傷の影響から代表を遠ざかっていた時期もあったが、2008年10月15日のスペインとの2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選で先制点を挙げ、イケル・カシージャスホセ・マヌエル・レイナによって作り上げられていたUEFA EURO 2008からの無失点記録を710分で途絶えさせる[47]等の活躍を見せた。2011年10月10日に、自身がプレーするレベルにはないとの理由で54試合24得点を記録した代表からの引退を表明[48]、2009年末のカタール戦が最後に得点した試合であり、2010年3月のクロアチア戦が最後に出場した試合であった[49]

タイトル[編集]

クラブ

ベルギーの旗 KRCヘンク

オランダの旗 アヤックス・アムステルダム

個人

脚注[編集]

  1. ^ a b "Wesley Sonck rejoint Appelterre"
  2. ^ "Aan de poort van tweede klasse"
  3. ^ a b "Wesley Sonck nieuwe vedette van België"
  4. ^ "Zwarte sneeuw, gouden schoen"
  5. ^ "Wesley Sonck 'profvoetballer van het jaar'"
  6. ^ "Sonck verdient een transfer"
  7. ^ "Sonck is volgens lezers HLN.BE de beste bij Racing Genk"
  8. ^ "Ajax en Lazio knokken om Wesley Sonck"
  9. ^ "Sonck krijgt Ajax-shirt"
  10. ^ "Als Ajax draait, is Sonck goed voor 25 goals"
  11. ^ a b "Eerste doelpunt pleziert Sonck, zelfs op vleugel"
  12. ^ "Hattrick Sonck brengt Ajax geflatteerd lang Zwolle"
  13. ^ "Ajax verovert 29ste titel"
  14. ^ "Belgische killer Sonck velt zijn landgenoten in de Arena"
  15. ^ "Sonck leert bij Ajax elke minuut"
  16. ^ "Koeman: 'Rosales krijgt rust, kans voor Sonck'"
  17. ^ "ADO Den Haag is iets anders dan Tsjechië"
  18. ^ "Sonck is geen Ajax-spits"
  19. ^ "Anastasiou helpt Ajax gelukkig langs Roda"
  20. ^ "Sonck zinspeelt op snel vertrek uit Amsterdam"
  21. ^ "Wesley Sonck blij dat hij Ajax-zorgen even kan vergeten"
  22. ^ "Sonck was bij Ajax meest onder indruk van Maxwell: "Bij hem ging alles soepel""
  23. ^ "Bij degradatie moet Sonck terug naar Ajax"
  24. ^ "Wesley Sonck mist rest van het seizoen bij Mönchengladbach"
  25. ^ "Wesley Sonck blijft bij Mönchengladbach"
  26. ^ "Geblesseerde Sonck mist drie interlands"
  27. ^ "Sonck mist heenronde na nieuwe liesoperatie"
  28. ^ "Doelpunt Sonck volstaat niet"
  29. ^ "Wesley Sonck viert volgende week terugkeer bij Mönchengladbach na nieuwe blessure"
  30. ^ "Sonck terug in selectie Mönchengladbach"
  31. ^ "Sonck naar B-kern"
  32. ^ "Luhukay neemt Sonck in genade aan"
  33. ^ "Sonck und Thijs treten nachTrainer Luhukay ein Feigling!"
  34. ^ a b "Sonck rejoint Sterchele à Bruges !"
  35. ^ "Club gaf 12,65 miljoen uit, maar koopje Sonck is het geheime wapen"
  36. ^ "Sonck wil op zijn plaats staan"
  37. ^ a b "Wesley Sonck moet geduld oefenen"
  38. ^ "Transfervrije Sonck: "Koster heeft afgedaan""
  39. ^ "Wesley Sonck tekent bij Lierse"
  40. ^ "Sonck en Lierse gaan uiteen"
  41. ^ "Wesley Sonck tekent bij Waasland-Beveren"
  42. ^ "Sonck stopt met voetballen"
  43. ^ "Wesley Sonck heeft zijn laatste doelpunt ooit gescoord: “Ik had er meer uit kunnen halen”"
  44. ^ "BELGA DEADLINE: Rode Duivels - 22 spelers voor 2 wedstrijden"
  45. ^ "België wint zwakke wedstrijd tegen Letland"
  46. ^ "Wedstrijdverslag San Marino-België"
  47. ^ "Spanjaarden winnen op een diefje van sterke Rode Duivels"
  48. ^ "Sonck: "Geen ambitie meer voor Rode Duivels""
  49. ^ "Sonck in voorselectie Rode Duivels"

外部リンク[編集]