ディーター・ミュラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ディーター・ミュラー Football pictogram.svg
名前
ラテン文字 Dieter Müller
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
生年月日 1954年4月1日(60歳)
出身地 オッフェンバッハ
身長 182cm[1]
体重 76kg[1]
選手情報
ポジション FW
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1972–1973 ドイツの旗 キッカーズ・オッフェンバッハ 2 (0)
1973–1981 ドイツの旗 1.FCケルン 248 (159)
1981–1982 ドイツの旗 VfBシュトゥットガルト 30 (14)
1982–1985 フランスの旗 FCジロンダン・ボルドー 93 (43)
1985 スイスの旗 グラスホッパー・クラブ・チューリッヒ 7 (3)
1985–1986 ドイツの旗 1.FCザールブリュッケン 23 (4)
1986–1989 ドイツの旗 キッカーズ・オッフェンバッハ 51 (26)
代表歴
1973-1974 西ドイツの旗 西ドイツ アマチュア 6 (2)
1975-1981 西ドイツの旗 西ドイツ B 6 (6)
1976-1978 西ドイツの旗 西ドイツ 12 (9)
監督歴
2000 ドイツの旗 キッカーズ・オッフェンバッハ (暫定)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ディーター・ミュラー(Dieter Müller, 1954年4月1日 -)は、ドイツ出身のサッカー選手サッカー指導者。選手時代のポジションはフォワード。元キッカーズ・オッフェンバッハ会長。

経歴[編集]

選手時代[編集]

1972年キッカーズ・オッフェンバッハで選手キャリアを開始すると[2]1973年1.FCケルンへ移籍。ケルンではリーグ戦248試合に出場して159得点[3]、公式戦通算では326試合に出場して231得点を記録し[2]、1度のブンデスリーガ優勝 (1977–78) と、2度のDFBポカール優勝 (1976-77, 1977-78) に貢献[2]。個人としては1975-76シーズンに34得点、1976-77シーズンに24得点をあげてリーグ得点王となった[2][3]。また、1977年8月17日ヴェルダー・ブレーメン戦(7-2でケルンの勝利)においてダブルハットトリック(12分、23分、32分、52分、73分、85分)を達成した記録を持つが[3]2014年の時点においてブンデスリーガ1試合最多得点記録となっている[4]

西ドイツ代表としては1976年6月17日に行われたUEFA欧州選手権1976準決勝のユーゴスラビア戦で代表デビュー[5]。79分にピッチに立つと1分後の80分に初得点を決め2-2の同点に追いつくと[2]、延長戦でも2得点をあげてハットトリックを達成した[2][5][6]。決勝ではチェコスロバキア代表にPK戦の末に敗れたものの大会通算4得点をあげて得点王となった[2]。その後、1978年アルゼンチンで開催された1978 FIFAワールドカップでもプレーするなど国際Aマッチ12試合に出場し9得点を記録した[7]

クラブレベルではケルンを退団後にVfBシュトゥットガルトを経て、1982年にフランスのFCジロンダン・ボルドーへ移籍し、アラン・ジレスジャン・ティガナらと共に2度のリーグ優勝 (1983-84, 1984-85) に貢献[8]。スイスのグラスホッパー・クラブ・チューリッヒ1.FCザールブリュッケンを渡り歩き、1989年に古巣のキッカーズ・オッフェンバッハで現役を引退した[2]

引退後[編集]

私生活では息子が脳腫瘍を患い1997年に16歳の若さで亡くなった[8]

2000年キッカーズ・オッフェンバッハの会長に就任し [9]、同年11月から12月にかけてオリヴァー・ロートドイツ語版との共同で暫定監督を務めたが[10]2012年9月に退任[11]。同年9月30日に自宅で心臓発作により倒れ昏睡状態となったが[11]、病状は回復した[8]

個人記録[編集]

代表での成績[編集]

出典[1]
チーム 出場 得点
西ドイツの旗 西ドイツ 1976 3 4
1977 5 3
1978 4 2
合計 12 9

代表での得点[編集]

出典[1]
# 開催日 開催地 対戦国 結果 大会
1 1976年6月17日 ユーゴスラビアベオグラード ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア 4-2 UEFA欧州選手権1976
2
3
4 1976年6月20日 ユーゴスラビア、ベオグラード チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア 2-2 UEFA欧州選手権1976
5 1977年4月27日 西ドイツケルン 北アイルランドの旗 北アイルランド 5-0 親善試合
6 1977年4月30日 ユーゴスラビア、ベオグラード ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア 2-1 親善試合
7 1977年6月8日 ウルグアイモンテビデオ ウルグアイの旗 ウルグアイ 2-3 親善試合
8 1978年6月6日 アルゼンチンコルドバ メキシコの旗 メキシコ 6-0 1978 FIFAワールドカップ
9 1978年6月18日 アルゼンチン、コルドバ オランダの旗 オランダ 2-2 1978 FIFAワールドカップ

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Dieter Müller”. Fussballdaten. 2014年10月25日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h FC-Rekordtorschütze wird 60”. 1. FC Köln (2014年4月1日). 2014年10月25日閲覧。
  3. ^ a b c Dieter Müller nach Herzinfarkt: "Ich hatte riesiges Glück"”. DFB - Deutscher Fußball-Bund e.V.. 2014年10月25日閲覧。
  4. ^ Bundesliga » Statistik » Die meisten Tore eines Spielers pro Spiel”. weltfussball.de. 2014年10月25日閲覧。
  5. ^ a b Spielstatistik Jugoslawien gegen Deutschland 2:4 n.V. - EM 1976 - Endrunde - Halbfinale”. Fussballdaten. 2014年10月25日閲覧。
  6. ^ Dieter Müller: "Dieser Tag hat mein Leben verändert"”. DFB - Deutscher Fußball-Bund e.V.. 2014年10月25日閲覧。
  7. ^ Dieter Müller wird 60: "Zweites Leben geschenkt"”. DFB - Deutscher Fußball-Bund e.V.. 2014年10月25日閲覧。
  8. ^ a b c Ein Lebenskünstler wird 60”. hr-online.de (2014年3月31日). 2014年10月25日閲覧。
  9. ^ Former Germany striker Dieter Müller in coma following heart attack”. RP Online (2012年10月6日). 2014年10月25日閲覧。
  10. ^ Trainer Chronik”. Die offizielle Webseite von Kickers Offenbach. 2014年10月25日閲覧。
  11. ^ a b Former Germany striker Dieter Müller in coma following heart attack”. ZEIT ONLINE (2012年10月5日). 2014年10月25日閲覧。

外部リンク[編集]