ベルント・ヘルツェンバイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベルント・ヘルツェンバイン Football pictogram.svg
名前
愛称 Holz
ラテン文字 Bernd Hölzenbein, Bernd Hoelzenbein
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
生年月日 1946年3月9日(68歳)
出身地 デルン
身長 172cm
選手情報
ポジション FW
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1967-1981
1981-1982
1983-1984
1985
1985
ドイツの旗フランクフルト
アメリカ合衆国の旗フォートローダーデール
アメリカ合衆国の旗メンフィス・アメリカンズ
アメリカ合衆国の旗バルティモア・ブラスト
ドイツの旗FSVザールモア
420 (160)



代表歴
1973-1978 西ドイツの旗 西ドイツ 40 (5)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ベルント・ヘルツェンバインBernd Hölzenbein, Hoelzenbein1946年3月9日 -)は、ドイツ出身の元サッカー選手。ポジションはFW

略歴[編集]

選手時代[編集]

ヘルツェンバインは1967年にアイントラハト・フランクフルトで選手キャリアをスタートさせると、3度のDFBポカール制覇に貢献、1980年にはUEFAカップ初制覇に貢献した。選手生活の大半をフランクフルトで過ごし、ブンデスリーガ通算420試合出場160得点を記録。得点数はクラブ歴代最多記録でもある。

晩年は、クラブ側と報酬面で折り合いが付かず退団し、北米サッカーリーグ(NASL)のフォートローダーデール・ストライカーズへ移籍。NASL解散後はインドアサッカーリーグのメンフィス・アメリカンズとバルティモア・ブラストで活躍した。1985年にドイツへ帰国しFSVザールモアに所属したのを最後に現役を引退した。

西ドイツ代表としては1974年のFIFAワールドカップ・西ドイツ大会優勝、1978年のFIFAワールドカップ・アルゼンチン大会2次リーグ進出などに貢献するなど、1973年から1981年の間に国際Aマッチ40試合出場5得点を記録した。特に西ドイツ大会決勝のオランダ戦では、前半25分にドリブル突破から相手DFのビム・ヤンセンのファールを誘い、PKを獲得する事に成功した。しかしヤンセンはヘルツェンバインにタックルを仕掛けた際に脚に触れなかったと主張し、ヘルツェンバインも新聞上で公に認めた。彼は「ダイブ」を得意としていたのだ[1]

引退後[編集]

1988年に古巣のアイントラハト・フランクフルトの副会長に就任すると手腕を発揮し、1990年代初頭にはアンソニー・イエボアアンドレアス・メラーらを補強しリーグ屈指の強豪クラブを作り上げた。しかし1991-92シーズンに最終節の結果優勝を逃すと、これが分岐点となり、クラブの成績は下降線を下る様になった。そして1996年には2部リーグへ降格した責任を問われ、この数ヵ月後に副会長を辞任した。

現在はアイントラハト・フランクフルトのスカウトを務める傍ら、ユルゲン・クリンスマンが主催する若手選手育成プロジェクトに携わっている。また2006年のFIFAワールドカップ・ドイツ大会ではフランクフルト市の大使を務めた。

脚注[編集]

  1. ^ ウルリッヒ・ヘッセ・リヒテンベルガー『ブンデスリーガ』(バジリコ株式会社、2005年)320ページ。現在、このプレーは警告の対象となっている。

外部リンク[編集]