ウリ・ヘーネス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウリ・ヘーネス Football pictogram.svg
Hoeness BMK.jpg
名前
本名 ウルリッヒ・ヘーネス
ラテン文字 Uli Hoeneß
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
生年月日 1952年1月5日(62歳)
出身地 ウルム
選手情報
ポジション FW
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1970-1978
1978-1979
ドイツの旗バイエルン・ミュンヘン
ドイツの旗1.FCニュルンベルク
239 (86)
11 (0)
代表歴
1972-1976 西ドイツの旗 西ドイツ 35 (5)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ウリ・ヘーネスUlrich "Uli" Hoeneß, 1952年1月5日 - )は、ドイツ出身の元サッカー選手。選手時代のポジションはFW。現バイエルン・ミュンヘンゼネラルマネージャー。元サッカー選手のディーター・ヘーネスは実弟。

来歴[編集]

クラブ[編集]

1952年、ドイツ南部の小都市ウルムで生まれる。1959年、アマチュアクラブのVfBウルムで選手生活を開始し、1965年SSVウルム1846に移籍する。

1970年ウド・ラテック監督に認められ、弱冠18歳にしてブンデスリーガバイエルン・ミュンヘンへ移籍する。在籍した8年半で、4度のリーグ制覇、4度のDFBポカール、1度のUEFAチャンピオンズカップ、1度のインターコンチネンタルカップ制覇を経験。1974年のUEFAチャンピオンズカップ決勝再試合のアトレティコ・マドリード戦では2得点を挙げ、4-0での勝利に貢献した。しかし、翌1975年の同大会決勝のリーズ・ユナイテッドFC戦で膝を痛め、これが選手生活を縮めた。

1978年1.FCニュルンベルクレンタル移籍し、怪我からの復活を目指したが、翌1979年に27歳の若さで引退した。ブンデスリーガ通算250試合出場86得点。

西ドイツ代表[編集]

1972年3月29日ハンガリー戦で西ドイツ代表デビュー。1976年までに35試合出場5得点を記録した。バイエルン・ミュンヘンから選出された6人の選手の一人として1972年のUEFA欧州選手権1972、1974年のFIFAワールドカップ・西ドイツ大会制覇に貢献した。しかし、UEFA欧州選手権1976決勝のチェコスロバキア戦のPK戦では、4人目のキッカーとしてシュートをクロスバーの上に外し、ドイツ敗退の要因となった。

また、1972年までプロ契約を結ばずアマチュア契約であったため、オットマー・ヒッツフェルトらと共に西ドイツ五輪代表として1972年のミュンヘンオリンピックへ出場が許可された。準々決勝の東ドイツ戦では1得点を挙げたが、試合は2-3で敗れ、メダル獲得は成らなかった。なお、この試合は東西ドイツのナショナルチームが対戦した初のケースでもあった。

引退後[編集]

引退後の1979年からバイエルン・ミュンヘンのゼネラルマネージャーに就任すると、クラブの財政状況を大きく安定させ、数多くのタイトルを獲得する支援となった。収益は約20倍に増加し、クラブ会員数は100倍に増加するなど、クラブを世界でも2番目に多くの会員数を有するサッカークラブへと成長させた。また2005年には約370億円の予算を投じクラブが所有するサッカー専用スタジアム(アリアンツ・アレーナ)を建設した。このスタジアムは2006年の2006 FIFAワールドカップの会場の一つとなった。

1982年2月に飛行機事故に遭遇し、3人の友人を亡くしている。

脱税[編集]

2013年3月20日、スイスの銀行口座に資金を隠した脱税の疑いで逮捕され、7月30日にミュンヘン地方裁判所に起訴された[1]

2014年3月14日ミュンヘン地方裁判所ドイツ語版において、2850万ユーロ(約40億円)の脱税の罪で禁錮3年6月の有罪判決を受けた[2]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]