サッカーラトビア代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サッカーラトビア代表
国または地域 ラトビアの旗 ラトビア
協会 ラトビアサッカー連盟
監督 アレクサンドルス・スタルコフス
最多出場選手 ヴィタリス・アスタフイェフス(162試合)
最多得点選手 マーリス・ヴェルパコフスキス(26得点)
ホームカラー
アウェイカラー
初の国際試合 1922年9月24日エストニア
1-1
最大差勝利試合 1935年5月30日リトアニア
6-1
最大差敗戦試合 1927年5月29日スウェーデン
0-12
FIFAワールドカップ
出場回数 0回
最高成績 -
UEFA欧州選手権
出場回数 1回
最高成績 本大会出場 (2004)

サッカーラトビア代表Latvijas futbola izlase)は、ラトビアサッカー連盟(LFF)により編成されるラトビアサッカーのナショナルチームである。

1922年、代表を編成し初の試合を開催。1940年ソ連へ併合されたのに伴い代表も活動を休止していたが、1991年に独立したのに伴い、活動を再開。FIFAワールドカップへの本大会出場はないものの、2004年にはEURO2004本大会出場を果たした。バルト諸国間で行なわれているバルティックカップでは、2012年までに出場国最多の20回優勝している。

FIFAワールドカップの成績[編集]

UEFA欧州選手権の成績[編集]

  • 1996 - 予選敗退
  • 2000 - 予選敗退
  • 2004 - 1次リーグ敗退
  • 2008 - 予選敗退
  • 2012 - 予選敗退

歴代監督[編集]

名前
ラトビアの旗 Jānis Gilis 1992-1997
グルジアの旗 Revaz Dzodzuashvili 1998-1999
イングランドの旗 ガリー・ジョンソン 1999-2001
ラトビアの旗 アレクサンドルス・スタルコフス 2001-2004
ラトビアの旗 ユリス・アンドレイェフス 2004-2007
ラトビアの旗 アレクサンドルス・スタルコフス 2007-現在

歴代代表選手[編集]

GK
DF
MF
FW

記録[編集]

太字は現役選手(代表引退ではなく、現役を引退していない選手)を表す。「期間」は代表で試合に出場した期間であり、末期が抜けている選手は現役の代表選手を表す。

出場数[編集]

# 名前 期間 出場数 得点数
1. ヴィタリス・アスタフィエフス 1992-2010 167 16
2. アンドレイス・ルビンス 1998- 117 10
3. ユリス・ライザンス 1998- 108 15
4. イマンツ・ブレイデリス 1995-2007 106 10
5. Mihails Zemļinskis 1992-2005 105 12
6. イゴール・ステパノフス 1995-2011 100 4
7. マーリス・ヴェルパコフスキス 1999- 95 29
8. アレクサンドルス・コリンコ 1997- 86 0
9. Andrejs Štolcers 1994-2005 81 7
10. マリアン・パハース 1996-2007 75 15

得点[編集]

# 名前 期間 得点数 (出場数)
1. マーリス・ヴェルパコフスキス 1999- 29 (94)
2. Ēriks Pētersons 1929-1939 21 (63)
3. ヴィタリス・アスタフィエフス 1992-2010 16 (167)
4. マリアン・パハース 1996-2007 15 (75)
5. ユリス・ライザンス 1998- 15 (108)
6. Alberts Šeibelis 1925-1939 14 (54)
7. Iļja Vestermans 1935-1938 13 (23)
8. Mihails Zemļinskis 1992-2005 12 (105)
9. ヴィッツ・リムクス 1995-2008 11 (73)
10. Aleksandrs Cauņa 2007- 10 (34)
Arnolds Tauriņš 1925-1935 10 (39)
イマンツ・ブレイデリス 1995-2007 10 (106)
アンドレイス・ルビンス 1998- 10 (117)

外部リンク[編集]