ユージン・ガレコヴィッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ユージン・ガレコヴィッチ Football pictogram.svg
Eugene Galeković.jpg
名前
本名 エウゲン=ヨシップ・ガレコヴィッチ
Eugen-Josip Galeković
愛称 Eugene
ラテン文字 Eugene Galeković
基本情報
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
生年月日 1981年6月12日(32歳)
出身地 オーストラリアの旗 メルボルン
身長 188cm
選手情報
在籍チーム オーストラリアの旗 アデレード・ユナイテッドFC
ポジション GK
背番号 1
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2000-2001
2002-2004
2004-2005
2004-2005
2005-2007
2007-
オーストラリアの旗 イースタン・プライド
オーストラリアの旗 サウス・メルボルン
ポルトガルの旗 ベイラ・マル
ポルトガルの旗 マルコ
オーストラリアの旗 メルボルン・ビクトリー
オーストラリアの旗 アデレード・ユナイテッド
11 (0)
34 (0)
2 (0)
6 (0)
15 (0)
115 (0)
代表歴2
2003-2004
2009-
オーストラリアの旗 オーストラリア U-23
オーストラリアの旗 オーストラリア
4 (0)
8 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2012年12月22日現在。
2. 2013年7月25日現在。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

エウゲン=ヨシップ"ユージン"・ガレコヴィッチEugen-Josip "Eugene" Galeković, 1981年6月12日 - )は、オーストラリアメルボルン出身の同国代表サッカー選手。ポジションはGK

経歴[編集]

2000年12月、19歳の時にガレコヴィッチはビクトリア州モーウェル英語版をホームにするNSLギプスランド・ファルコンズ英語版でキャリアを始めた。翌シーズンにサウス・メルボルンFCへ移籍し、NSLが消滅する2003-04シーズン終了まで在籍。

その後、アテネオリンピック正GKとして鳴り物入りでポルトガルSCベイラ・マルへ移籍するも、トップチームでの出場機会は僅かにとどまり失敗に終わった。2005-06シーズンのAリーグ開催に伴い創設されたメルボルン・ビクトリーFCへ加入し、開幕戦のシドニーFC戦でデビューした。このシーズンは、当時監督を務めたアーニー・メリック英語版の意向でGKでは非常に珍しいローテーションを採用したことで11試合にとどまり、残りの10試合をマイケル・セオクリトス英語版がゴールマウスを守った。2006-07シーズンは、セオクリトスが負傷するまでを第2GKとして過ごし、第13節サンコープ・スタジアムブリスベン・ロアーFC戦で先発出場した。

アデレード[編集]

2007年10月30日、ダニエル・ベルトラム英語版が負傷したことにより、その代役としてライバルチームのアデレード・ユナイテッドFCに引きぬかれ、ハインドマーシュ・スタジアムでブリスベン・ロアーFC相手にデビュー[1]。2008年1月20日、ブリスベン・ロアーFC戦で2-0と勝利し初めてクリーンシートを達成すると、12月27日の1-0で勝利したパース・グローリーFC戦まで5回クリーンシートを記録した。

2011-12シーズン途中からジョナサン・マッケイン英語版に代わりキャプテンに就任した。

代表[編集]

2009年、リーグとAFCチャンピオンズリーグで印象的なパフォーマンスを見せたことから、同僚のスコット・ジェイミーソン英語版, ポール・リード英語版と共にオーストラリア代表に招集され、1月28日のAFCアジアカップ2011 (予選)インドネシア戦でデビューした。同大会のクウェートに2-0で勝利した試合を最後にしばらく代表から遠ざかっていたものの、2010 FIFAワールドカップ開幕前にブラッドリー・ジョーンズが息子の白血病を看病するために辞退したしたことで、代役としてメンバー入りを果たした[2]。2013年7月、東アジアカップ2013のオーストラリア代表に選出された。

所属クラブ[編集]

タイトル[編集]

  • Aリーグ最優秀ゴールキーパー : 2008-09, 2009-10

脚注[編集]

  1. ^ Galekovic gets nod after keeper hurt
  2. ^ Brad Jones vows to stay with sick son, Eugene Galekovic poised to step in

外部リンク[編集]