デヴィッド・カーニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デヴィッド・カーニー Football pictogram.svg
David Carney.jpg
名前
本名 デヴィッド・レイモンド・カーニー
ラテン文字 David Carney
基本情報
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
生年月日 1983年11月30日(30歳)
出身地 シドニー
身長 180cm
体重 69kg
選手情報
在籍チーム オーストラリアの旗 ニューカッスル・ユナイテッド・ジェッツFC
ポジション MF (左SH), DF (左SB)
背番号 23
利き足 右足
代表歴2
2006- オーストラリアの旗 オーストラリア 39 (6)
2. 2012年5月17日現在。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

デヴィッド・レイモンド・カーニーDavid Raymond Carney, 1983年11月30日 - )は、オーストラリアシドニー出身の同国代表サッカー選手。名前は「デビッド」、「デイヴィッド」とも表記される。

経歴[編集]

16歳の時にエヴァートンFCの下部組織に入団。そこではウェイン・ルーニーと一緒にプレーした。トップチームに昇格したものの出番がなかったカーニーは2003年に退団。その後、数チーム渡り歩くも出番はあまりなく、2005年3月にオーストラリアに戻りシドニーFCと契約した。初年度から主力として優勝に貢献。その活躍からルーマニアやドイツのクラブから注目を集めた。その後はイングランドに戻り、シェフィールド・ユナイテッドノリッジ・シティFCでプレーした。2009年8月27日、オランダのFCトゥウェンテに移籍。2010年9月、プレミアリーグ昇格を果たしたブラックプールFCへ移籍。

その後、スペインのADアルコルコンを経て、2012年はウズベキスタンの強豪FCブニョドコルへ移籍。

AFCアジアカップ2011決勝で自身のミスでフリーにしてしまい李忠成に決勝ゴールを決められ優勝を逃した。このミスは、オーストラリア紙に今後のキャリアに一生つきまとうだろうと報じられ[1] 当時、監督だったホルガー・オジェックは「失点の場面は、この試合で唯一ともいえる位置取りのミスだった」と発言した。[2]

代表では左サイドバックとしてプレーしている。

所属クラブ[編集]

イングランドの旗 ノリッジ・シティFC 2009

代表歴[編集]

出典[編集]

  1. ^ Gutted Socceroos pay high price for blunder in the Asian Cup
  2. ^ オジェック監督 唯一のミス悔やむ「選手は沈んでいる」

外部リンク[編集]