ジョン・アロイージ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョン・アロイージ Football pictogram.svg
Jasyd.JPG
名前
本名 John Aloisi
カタカナ ジョン・アロイージ
ラテン文字 John ALOISI
基本情報
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
生年月日 1976年2月5日(38歳)
出身地 アデレード
身長 185cm
体重 80kg
選手情報
ポジション FW
利き足 左足
代表歴2
1997–2007 オーストラリアの旗 オーストラリア 55 (27)
監督歴
2012-2013 オーストラリアの旗メルボルン・ハート監督
2. 2009年10月26日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ジョン・アロイージ(John Aloisi, 1976年2月5日 - )は、オーストラリアアデレード出身で同国代表の元サッカー選手、サッカー指導者。ポジションはフォワード。イタリア系オーストラリア人。 ジョン・アロイジと表記する場合もある。兄のロス・アロイージ(Ross Aloisi)もサッカー選手。

FIFAコンフェデレーションズカップ2005に参加したオーストラリア代表チームは、全敗でグループリーグ敗退だったが、アロイージはグループリーグ3試合で4得点を挙げる活躍をみせた。

2006 FIFAワールドカップ予選では南米の強豪ウルグアイとの大陸間プレーオフ第2戦(2005年11月16日)において、ワールドカップ出場権が賭かったプレッシャーのかかるPK戦の場面で最後のキッカーを務め、オーストラリア代表チームを32年ぶりの本大会出場に導いた。本大会では出場4試合全て途中出場だったものの日本戦では3点目のゴールを挙げ、チームのベスト16進出に貢献した。

AFCアジアカップ2007決勝トーナメント1回戦ではチームは日本にPK戦の末敗れたが、先制ゴールを決めている。

2011年に現役から引退し、最後の所属クラブだったメルボルン・ハートFCのユースチームの監督に就任する。2012年5月、メルボルン・ハートFCトップチームの監督に就任。2013年12月、成績不振により解任された[1]

人物[編集]

  • ヨーロッパの各リーグを渡り歩いたベテラン選手。
  • 母国オーストラリアへの愛情を事ある毎に語っており、「選手生活の最後はアデレード・ユナイテッドFC(兄のロス・アロイージは同チームのキャプテンを務めた)で終えたい」と話している。
  • 2006年ドイツ・ワールドカップで対戦したブラジル代表ロナウドは「オーストラリアの選手で知っているのはアロイージだけ」と語っている。

選手経歴[編集]

指導歴[編集]

  • オーストラリアの旗 メルボルン・ハートFCユース監督 2011-2012
  • オーストラリアの旗 メルボルン・ハートFC監督 2012-2013

脚注[編集]

  1. ^ 最下位に沈むメルボルン・ハート、アロイージ監督を解任”. Qoly football web magazine (2013年12月29日). 2014年1月13日閲覧。

外部リンク[編集]