ジェームス・トロイージ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェームス・トロイージ Football pictogram.svg
JamesTroisi.JPG
名前
ラテン文字 James Troisi
基本情報
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
生年月日 1988年7月3日(25歳)
出身地 オーストラリアの旗 アデレード
身長 180cm
体重 80kg
選手情報
在籍チーム オーストラリアの旗 メルボルン・ビクトリーFC
ポジション FW / MF (左WG / OH)
背番号 14
利き足 左足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2007-2008
2008-2009
2009-2012
2012
2012-
2013-
イングランドの旗 ニューカッスル
トルコの旗 ゲンチレルビルリィ
トルコの旗 カイセリスポル
イタリアの旗 ユヴェントス
イタリアの旗 アタランタ
オーストラリアの旗 メルボルン・ビクトリー
0 0(0)
29 0(6)
64 (10)
0 0(0)
6 0(0)
代表歴2
2007-2008
2008–
オーストラリアの旗 オーストラリア U-23
オーストラリアの旗 オーストラリア
13 0(2)
9 0(1)
1. 国内リーグ戦に限る。2013年9月24日現在。
2. 2012年9月15日現在。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

ジェームス・トロイージJames Troisi, 1988年7月3日 - )は、オーストラリアアデレード出身の同国代表サッカー選手。ポジションはMF

経歴[編集]

初期[編集]

トロイージは、イタリア人の父とギリシャ人の母の下[1]南オーストラリア州アデレードに生まれた。

ニューカッスル[編集]

2007年1月10日、ニューカッスル・ユナイテッドFCの下部組織からトップチームと2008年6月までの契約で初めてプロ契約を結んだ。2007-8シーズン開幕前のハートリプール・ユナイテッドFCとのプレシーズンマッチでは2アシストを決めるなど好調を見せ、プレミアリーグUEFAカップでベンチ入りを果たしたが、契約終了までの間に出場は叶わなかった。

2008年1月、オランダローダJCのトライアルで2試合プレーした。ローダ側は完全移籍を望んだが、ニューカッスル側はトロイージがまだ23歳以下のユース育成段階の選手と主張し育成費を求めたため交渉は決裂した[2]。5月6日、2007-08シーズン終了をもって契約を終了することが発表された[3]

トルコ[編集]

ニューカッスから放出された後は、オランダNECナイメヘンスペインのクラブから関心を寄せられていたものの、2008年8月末に3年契約でトルコゲンチレルビルリイ英語版に移籍。9月14日、ホームのアンカラ19マイス・スタジアム英語版エスキシェヒルスポル英語版を迎えた試合で65分にエンギン・バイタル英語版に代わりデビューをした。2009年1月24日、アウェーのカイセリスポル戦でキャリア初のハットトリックを決め3-1で勝利した[4]

2009年7月、カイセリスポルに4年契約で移籍した[5]

アタランタ[編集]

カイセリスポルとの契約が切れた後、2012年8月22日に自由移籍でイタリアユヴェントスFCと4年契約を結び、8月24日にマノロ・ガッビアディーニのユヴェントス移籍の一部としてアタランタBCへ共同保有での移籍が発表された[6]

メルボルン・ビクトリー[編集]

2013年9月24日、メルボルン・ビクトリーへ期限付きでの移籍が決まった。

代表[編集]

2008年、代表でのトロイージ

2007年4月18日、北京オリンピックサッカーアジア予選2次予選サウジアラビア戦でU-23代表デビューをした。1-2で敗れたものの素晴らしいパフォーマンスを披露したトロイージは、次のイラン戦にも出場し初ゴールを決めた。本大会のメンバーに選ばれ、グループリーグの2試合に出場した。

2008年3月22日、シンガポールとの親善試合で左SHでオーストラリア代表デビューをし、2011年6月5日のニュージーランド戦で初ゴールを決めた。

所属クラブ[編集]

オーストラリアの旗 メルボルン・ビクトリーFC (loan) 2013-

脚注[編集]

外部リンク[編集]