トーマス・セーレンセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トーマス・セーレンセン Football pictogram.svg
Sørensen, Thomas.jpg
名前
本名 トーマス・レヴェンダール・セーレンセン
ラテン文字 Thomas Sørensen
基本情報
国籍 デンマークの旗 デンマーク
生年月日 1976年6月12日(38歳)
出身地 オーデンセ
身長 196cm
体重 88kg
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 ストーク
ポジション GK
背番号 29
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1993-1998
1996-1997
1997-1998
1998-2003
2003-2008
2008-
デンマークの旗 オーデンセ
デンマークの旗 ヴィエレ (Loan)
デンマークの旗 FC Svendborg (Loan)
イングランドの旗 サンダーランド
イングランドの旗 アストンヴィラ
イングランドの旗 ストーク
0 (0)
6 (0)
45 (0)
171 (0)
139 (0)
95 (0)
代表歴2
1993-1997
1999-2012[1]
U-21デンマーク
デンマークの旗 デンマーク
24 (0)
101 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2012年5月13日現在。
2. 2012年5月26日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

トーマス・セーレンセンThomas Løvendahl Sørensen, 1976年6月12日 - )はデンマークオーデンセ出身の同国代表サッカー選手。ポジションはゴールキーパープレミアリーグストーク・シティFC所属。

経歴[編集]

クラブ[編集]

デンマーク国内でプレーの後、1998年7月1日イングランドサンダーランドAFCへ加入。長らく正GKとして活躍していたが、2003年にチームは2部降格の憂き目にあい、8月8日アストン・ヴィラFCへ移籍。

アストン・ヴィラ移籍後は正GKとして活躍するも、2007-08シーズンリヴァプールFCからレンタル移籍のスコット・カーソンにポジションを奪われ、ほとんど試合に出ることができなかった。さらにスチュアート・テイラーにも控えGKの座を奪われたため、リザーブチームの試合に出場させられた。

シーズン終了後にアストン・ヴィラを自由契約となり、さらにブラックバーンからブラッド・フリーデルも加入したため、2008年7月30日に23季ぶりに1部へ昇格したストーク・シティFCへ移籍した。移籍後は正GKとして活躍していたが、2010-11シーズンアスミル・ベゴヴィッチの台頭によりベンチを温める試合が増えた。ベゴヴィッチとのポジション争いは現在も続いているが、出場機会は減少傾向である。

代表[編集]

代表デビューは1999年11月イスラエル戦で、シュマイケルの控えながらもユーロ2000のメンバーにも選出された。2002 FIFAワールドカップ予選からは本格的に正GKとして活躍している。

ユーロ2004では代表としてプレーし、特に対イタリア戦ではイタリア代表のGKジャンルイジ・ブッフォンを相手に一歩も引かない守備を見せた。

2010年南アフリカワールドカップでも正GKとして出場したが、グループステージ最終節の日本戦では本田圭佑遠藤保仁にフリーキックでの2得点を決められ、合計3失点を喫した。その影響もあってか、前述のようにクラブでもポジションを失いかけている。

2012年2月29日ロシア戦 (0-2) で史上8人目となる代表通算100試合出場を達成した[2]

その後、EURO2012のメンバーにも選ばれたが、5月26日ブラジルとの親善試合で背中を負傷し、離脱を余儀なくされた(代役にはカスパー・シュマイケルが選出)[3]

2012年8月7日、代表からの引退を表明した[4]。結果的に前述の親善試合が代表でのラストゲームとなった。

所属クラブ[編集]

デンマークの旗 ヴェイレBK 1996-1997 (Loan)
デンマークの旗 FC Svendborg 1997-1998 (Loan)

脚注[編集]