アスミル・ベゴヴィッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アスミル・ベゴヴィッチ Football pictogram.svg
Asmir Begovic 2013.jpg
名前
ラテン文字 Asmir Begović
基本情報
国籍 ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 ボスニア・ヘルツェゴビナ
カナダの旗 カナダ
生年月日 1987年6月20日(27歳)
出身地 ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 トレビニェ
身長 196cm
体重 83kg
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 ストーク・シティFC
ポジション GK
背番号 1
利き足 左足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2005-2010.1
2010.1-
ポーツマスFC
ストーク・シティFC
11 (0)
55 (0)
代表歴2
2004-2007
2009-
カナダの旗 カナダ U-20
ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 ボスニア・ヘルツェゴビナ
11 (0)
19 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2012年5月13日現在。
2. 2013年2月6日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj


アスミル・ベゴヴィッチ(Asmir Begović, 1987年6月20日 - )は、ボスニア・ヘルツェゴヴィナトレビニェ出身のサッカー選手。プレミアリーグストーク・シティFC所属。ポジションはGK。名前は「アスミール」とも表記される。

経歴[編集]

ボスニア・ヘルツェゴヴィナで生まれるも、ボスニア紛争から逃れるために、4歳の時に一家でドイツへ難民として渡り、ユースチームに所属しプレーする。そして、10歳の時に一家でカナダエドモントンへ移住し、地元のユースチームに所属すると共に、カナダユース代表としてプレーする。2003年にイングランドポーツマスFCのユースチームのトライアウトを受け合格し、イングランドに渡り、ユースチームに所属しプレー。2005年にトップチーム昇格を果たしたが、それ以降はGKの層も厚くレンタル移籍が続いた。

2008年にチームに復帰すると、ディビッド・ジェームスの控えという立場は変わらなかったもののプレミアリーグデビューを飾った。

続く2009-10シーズンはポーツマスで9試合に出場したものの、シーズン途中の2010年2月1日ストーク・シティに移籍。ストークではトーマス・セーレンセンの控えという位置づけだったが4試合に出場した。

2010-11シーズンはセーレンセンが南アフリカW杯敗退の影響を引きずってコンディション不良に陥ったためレギュラーを奪取し、28試合に出場した。しかし、2011-12シーズンは細かいミスが目立つようになりセーレンセンと出番を分け合った。

2012-13シーズンはリーグ全38試合に出場。失点を45点に抑え、リーグワースト2位の得点に止まった攻撃不振のチームを守護神として盛り立てた。PFA年間ベストイレブンこそはダビド・デ・ヘアに譲ったが、ボスニア・ヘルツェゴビナ年間最優秀選手をエディン・ジェコの4連覇を止める形で受賞した。

2013年11月2日のサウサンプトンFC戦では、試合開始直後に味方からのバックパスを受けて大きく蹴り出したロングフィードが、相手GK(アルトゥール・ボルツ)の頭上を越えてゴールマウスに吸い込まれ、得点を挙げた[1]。 プレミアでは過去にピーター・シュマイケルティム・ハワードポール・ロビンソンブラッド・フリーデルとリーグを代表する選手がGKとして得点を上げているが、ベゴヴィッチの開始13秒での得点はGKとしてはプレミア最速記録となった。また、このゴールの距離91.9メートルは世界最長距離得点記録としてギネス世界記録に認定された[2]

代表[編集]

U-20カナダ代表として2007年にカナダで行われた2007 FIFA U-20ワールドカップに出場。2007年にはアイスランドと対戦したカナダのフル代表に招集されるも出場はしなかった。また、2008年には2010年ワールドカップ予選のジャマイカ戦にも招集されるも未出場であった。本人はカナダ代表としてプレーしていく意思を示していたものの、ボスニアサッカー協会による接触などにより、最終的には故郷のボスニア・ヘルツェゴビナ代表を選択し、物議を醸した。

所属クラブ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 歓喜のベゴビッチと悲哀のボルツ Goal
  2. ^ 開始12秒、92m弾…GKベゴヴィッチ、最長距離得点でギネス登録 SOCCER KING 2014年9月5日

外部リンク[編集]