ネスレ・ミロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホンコンで売られている缶入りのミロ

ネスレ・ミロ(Nestlé Milo)は、ネスレ社が製造、発売するココア味の粉末麦芽飲料のブランド。日本では1973年よりネスレ日本が販売している。

蛋白質鉄分などの栄養素を、麦芽にココア脱脂粉乳、各種ミネラルビタミンを加え、機能性飲料として商品化したもの。通常、粉末の製品を冷たい牛乳か温かい牛乳で溶いて飲む。

概要[編集]

溶かされたネスレ・ミロ

ミロは1934年オーストラリアトーマス・マイン英語版により開発された[1]。名前は古代ギリシアの強力なアスリート・クロトナミロン英語版にちなんでいる[2]

日本では「ミロ」と呼ばれるが、英語圏では「マイロ」(IPA /maɪləʊ/)と発音するのが一般的。ネスレのテレビCMは「スポーツをする子供たち」がイメージとして使われているため「子供の飲み物」のイメージが強いが、中南米やアジア(特に東アジア、東南アジア地域)では、成人にも好まれている。香港茶餐廳ファストフード店では「美祿」(広東語 メイロッ)と呼ばれ、定番メニューとなっている。

今日では多くの国で作られており、例えばシンガポールマレーシア中国タイインドネシアフィリピンベトナムニュージーランド香港日本ジャマイカガイアナトリニダード・トバゴチリコロンビアペルーナイジェリアケニアガーナパプアニューギニア南アフリカスリランカシリア台湾イギリスなどである。

栄養素[編集]

ミロの栄養素は飲料100グラムあたり1,760キロジュール (420 kcal)である。一方でグリセミック指数は低く、牛乳で作った場合は33、低脂肪乳で作った場合は36である。このため、エネルギーが少しずつ使われる。

2010年現在の日本のミロの広告では、ビタミンADビタミンB1ビタミンB2ナイアシンカルシウム、鉄分の「7つの栄養素」が含まれていると解説されている[3]

関連商品[編集]

ミロ・チョコレートバー

オリジナル」の他に、カルシウム入りで特定保健用食品の「ネスレ ミロ 180g」(瓶入り)、ポーションタイプの「ネスレ ミロ アイスクール」(夏季限定)がある。

また、日本では、赤城乳業との提携で、北海道九州沖縄の地域限定でアイスバー(6本入りの箱売り)が販売されている。日本以外では、ネスレ・ミロのチョコレートバーや朝食用のシリアル、缶ジュースタイプなどがある。チョコバーは日本でもヴィレッジヴァンガードや輸入食料品店等で購入出来る。

歴史[編集]

1940年代のミロの缶

ミロは、世界恐慌の影響で栄養が不足していた1930年代のオーストラリアの子供達のために考案された。ネスレ・オーストラリアのトーマス・マイン英語版が考案し、ニューサウスウェールズ州ケンプセイ英語版の工場で作られ始め、1934年シドニー・ロイヤルイースターショー英語版で発表された[4]1936年にミロはベルリンオリンピックの公式スポンサーとなっている[5]

1948年に作られた広告映画は、ミロについて、金属缶入りで0.5ポンド (230 g)入りと14オンス (400 g)入りの2種類があり、「強壮食品(Tonic food)」として、ビタミンABDカルシウムマグネシウム、鉄分、有機リン酸化合物が豊富なドリンクであると宣伝している[6]

日本では1973年にガラス瓶入りとして販売開始された[7]2002年にはフラクトオリゴ糖を強化したタイプが保健機能食品として認可を受けている[8]

オーストラリアでは2008年に「ミロBスマート」というビタミンBとヨウ素を追加した新製品が発売された。味も通常の物とは異なる[9]

各国での状況[編集]

ニュージーランドのミロ、ガーナのミロ

日本や発祥国のオーストラリアでは、粉末の製品を牛乳か湯で溶いて飲むよう説明されている。

ガーナマレーシアフィリピンシンガポールインドネシアでは、説明書に湯か冷水で溶いて飲むよう説明されており、ミルクと砂糖は「お好みに応じて」と書かれている。

ミロはマレーシアでは大変ポピュラーな飲料であり、チョコレート飲料の9割を占め[10]、ミロの消費量も世界一とされる[11]。マレーシアではネスレの売り上げの2割をミロが占めており、シンガポールタイインドネシアフィリピン、米国にも輸出をしている[12]。ミロはマレーシアでハラールの認可を得ている[13]

アメリカでもカリフォルニア州ニューヨークフィラデルフィアワシントン州ニュージャージー州などに住む東アジア東南アジア出身の人々が好む。フロリダ州南部ではコロンビア産やマレーシア産のミロがよく売られている。以前は北アメリカでミロは生産されておらず、輸入製品のみであったが、2006年前半からはカナダでもミロの生産を始めた。カナダ産のミロは早く溶けるよう工夫されており、若干甘めに作られている。

ブラジルではミロが販売された1980年代には非常に売れ行きを伸ばしたが、ネスレがネスクイック英語版を投入するとそれに取って代わられた。

イギリスでもケニアウガンダから輸入されたミロをよく見かける。東洋食材専門店でもよく売られている。ただしイギリスでは別会社が作る類似の商品オバルチンの方が人気がある。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]