ヘッドセット (音響機器)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パソコン向けヘッドセット

ヘッドセットHeadset)は、頭部に装着するマイクロフォン(マイク)の総称である。一般にヘッドフォンにフレキシブルパイプによって小型のマイクが取り付けられたものがよく知られているが、ヘッドフォンのないマイク単体でもヘッドセットと呼ばれる。マイクを手で持つ必要がなく両手が自由に使えること、口(音源)とマイクの距離が変わらないのでマイクで拾う音声が安定していることから演劇・ダンス・プレゼンテーション・アナウンス実況など発声の際に手でマイクロフォンを持つことが相応しくない場合にも利用される。インカムとも呼ばれる。またアメリカではブレイクダンスの時に装着することから、この装置には「ブレイクマイク」という別名もある。電電公社では「ブレストマイク」と呼んでいたが、これはかつて電話交換手はマイクを(breast)に付けていた名残りである(下の電話交換手(ドイツ)の写真を参照)。

構造・形態[編集]

ヘッドセットを装着して業務にあたる電話交換手(ドイツ)

固定バンドが頭頂部を通って両耳で支持するものの他、両耳と後頭部で支持するもの、後頭部とこめかみで支持するものがある。

騒音が多い環境下での利用には骨伝導式のヘッドフォンを使ったものもある。モータースポーツ用途ではピットクルーやスポッターなどが騒音下でも通信を可能にする為に密閉式で強い遮音性のあるイヤーマフを使ったヘッドホンを使用している。またドライバーが使うヘルメットはその内部を一部くりぬいて薄型スピーカーとノイズキャンセリング式マイクを内蔵させてある場合が多い。

マイクは単一指向性を持ったノイズキャンセリング式マイクが主に使用され、自分の発する声以外の音は出来るだけ拾わないように工夫されていることが多い。軽量小型にしやすいことからコンデンサーマイクを使用したものが多く見られるが、ダイナミックマイクを使用したものもある。音声を拾い易いようマイクがの付近まで延びているものが多いが、ミュージカルなどでは観客に意識させないよう超小型マイクが顔の横あたりに装着されているものもある。また周りの騒音をほとんど集音しない咽喉式マイクを使うこともある。

用途[編集]

  • 通信
    • 航空交通管制
      • 騒音が激しい中で通信内容を聞き取る場合に用いられる。特に航空機操縦において、高度や天候など管制官からの指示や重要情報を聞き漏らさないように用いられる。小型機向けではヘッドホン部分は密閉型、大型機向けでは開放型。
      • 航空関連業務用のヘッドセットではプラントロニクス製が多く利用されている(管制官向けやパイロット向けなど職種に合わせた製品がある)。
  • 通信線工事
    • 回線保守をする担当者が、配線盤の線がどの電話機に繋がっているかを確認するのに用いる。
  • スポーツ
    • 自転車ロードレースでは、選手が走行中に監督からの指示を受け、また選手が監督に状況を報告するために用いる。通常のヘッドセットを使うこともあるが、小型のイヤホンマイクを頬に絆創膏で貼り付けることもある。
    • モータースポーツでは選手とチーム(ピット)との通信、ラリーの場合は同乗するクルー同士の会話に利用される。スピーカーとマイクが最初からヘルメットに組み込まれており、スピーカーはイヤープラグタイプになっている。なお、ラリーのリエゾン区間ではヘルメットを外して通常のヘッドセットを着用する。
    • アメリカンフットボールNFLでは、スタジアムの高所にいる監督とグランドのベンチサイドに居るコーチへの指示などに使われる。コーチ用は騒音に強い指向性マイクと大型のイヤーカップ(周りと会話するため片耳だけ)を備えており、選手用は小型軽量で衝撃に強い。NFLをスポンサードしているモトローラが、アメフト関係者用の「NFLスタイルヘッドセット」を製造している。
  • 軍事
    • 歩兵や特殊部隊人員が装着し、作戦中の指揮連絡手段として利用している、ペルター社製の“コムタック”シリーズが有名で、そのレプリカなどがサバイバルゲーム関係者にも使われている。
  • アマチュア無線
    • 特にコンテストやDXペディションのように、スタンドマイクのプッシュ・ツー・トークスイッチを押す時間さえ惜しい場合に使われる(手は無線機を操作し記録を取り、スイッチは足踏みで操作する)。
  • 語学学習
  • 放送PA
    • ディスクジョッキースタジオ
      • 主にアシスタントディレクターやミキサー担当が装着する。ラジオ放送局ではメインパーソナリティが使用することがある(片耳ヘッドホンとスタンドマイクやブームマイクである場合が多い。ゲストはイヤホン)。またスポーツ中継で実況担当と解説者が使用する(会話する場合でも“顔だけはマイクに向けておく”という不自然な姿勢を取る必要がない)。
  • 動きを伴うもの
  • 電話
  • その他

関連項目[編集]

外部リンク[編集]