ギルガメッシュないと

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ギルガメッシュNIGHT
ジャンル バラエティ番組
放送時間 当該節参照(55分)
放送期間 1991年10月5日 - 1998年3月28日
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ東京
プロデューサー 斧賢一郎
出演者 岩本恭生
細川ふみえ
飯島愛
イジリー岡田
山崎まさや
鶴久政治
ほか、こちらも参照。
音声 モノラル放送
テンプレートを表示

ギルガメッシュないと』は、テレビ東京系列局ほかで放送されていたテレビ東京製作のバラエティ番組である。実際に使用していたタイトルロゴは「ギルガメッシュNIGHT」であるが、番組表上では「ギルガメッシュないと」と表記されていた。制作局のテレビ東京では1991年10月5日から1998年3月28日まで放送。

本稿では、2012年1月13日から同年12月21日までBSジャパンで毎週金曜 23:00 - 24:00に放送されていた『ギルガメッシュLIGHT』(ギルガメッシュライト)についても述べる。

概要[編集]

1991年10月開始。ディレクター菅、中村[誰?]。1992年1月のテコ入れでスタッフが一新され、後に『ASAYAN』を手掛ける佐藤哲也と後に『開運!なんでも鑑定団』『おはスタ』を手掛ける中尾哲郎にディレクターが交代、司会の岩本恭生細川ふみえを加えて強化された。さらに、これまでのレギュラーコーナーを全廃し、なぎら健壱と裸エプロン姿の野坂なつみによる「夜食バンザイ」や、グラビアアイドルたちがボディコンで鉄棒競技などのスポーツをする「ボディコンdeスポーツ」などがスタートした。

1992年2月に入り、飯島愛が発掘され、空前のTバックブームが到来[独自研究?]。どうでもいいニュースを飯島がTバック姿で語る「GNNヒップライン」や「Tバック派遣OL」企画が人気を呼び[誰に?]、本家のCNNが取材に訪れた[要出典]ことがある。「ランジェリー歌謡祭[1]」や「東海道生き残りクイズバスツアー[2]」などのコーナーもあった。

飯島が、CM前に「ギルガメ〜シュ〜」とカメラ目線にセクシーな声で、スカートを捲ってTバックを見せるポーズで話題となり[誰に?]、細川の降板後に司会に昇格した。水谷ケイをはじめ、憂木瞳氷高小夜矢沢ようこ麻宮淳子、香月あんな、城麻美といった人気AV女優が続々登場し、内容もさらに過激化していった。

過激なシーン終了後の次の画面は、高確率でイジリー岡田の顔のアップが出てくる展開もしばしばあった。時には映画監督の新藤兼人を招いて全編映画談議をしたり、「寺山修司クロニクル」で1時間使いきるなど、非アダルト企画もあった。

地上波放送の終了[編集]

開始当初から深夜放送とはいえ過激すぎる」と批判があった[要出典]ものの、男性を中心に絶大な人気を誇っていた[要出典]。だが1997年頃からは、初期の頃のような過激なコーナーは少なくなっていった。さらにテレビ東京を始めとするテレビ東京系列各局の番組審議委員会等で、「裸をテレビというメディアでむやみに大衆に晒す事は好ましくない」とされ、テレビ東京の親会社・日本経済新聞社からも「日経グループのイメージダウンにつながる」とのクレームがついた[要出典]こともあり、結果的に番組は1998年3月28日をもって終了し、地上波における6年半の放送にピリオドを打った。

BSジャパンで14年ぶりに復活[編集]

2012年1月13日からテレビ東京系列のBSデジタル放送局であるBSジャパンにおいて毎週金曜23:00から『ギルガメッシュLIGHT』として『ギルガメッシュ』シリーズとしては約14年ぶりに復活、司会には『ないと』のレギュラーだったイジリー岡田の他、大堀恵木村好珠(2009年度準ミス日本)の3人でスタート[gl 1][gl 2]、「WEEKEND VISUAL MAGAZINE」をテーマとして掲げている。1月25日より番組未公開映像がYouTubeにて配信され、4月16日発売の『週刊ヤングマガジン』のケータイYM連動企画でコラボレーションした。壇蜜を主軸とした企画「壇密湯」がスタートし、放送終了後のYouTubeの未公開動画が70万アクセスを記録した。

唯一地上波で最後まで放送されていたテレビ北海道(テレビ東京系列)でも2013年1月11日に最終回となった。11月20日に番組DVD『ギルガメッシュLIGHT 壇蜜湯 ぷるるん 寝起き ドッキリ いや〜ん旅行 カーウォッシュバトル まなみんのお化け屋敷探訪 テレビはダメだけどDVDならまあいっかSP』が発売されるのを記念して、12月30日に「DVD発売記念! 一夜限りの狂い咲きSP」が放送された[gl 3][gl 4]

ギルガメッシュないと[編集]

出演者[編集]

司会[編集]

アシスタント[編集]

レギュラー[編集]

ネット局[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送時間 放送期間 備考
関東広域圏 テレビ東京 テレビ東京系列 土曜 25:25 - 26:20
土曜 25:15 - 26:10
1991年10月5日 - 1992年3月28日
1992年4月4日 - 1998年3月28日
製作局
北海道 テレビ北海道
愛知県 テレビ愛知 土曜 25:50 - 26:45[3]
土曜 25:15 - 26:10
土曜 25:20 - 26:15
1992年10月3日 - 1994年9月24日
1994年10月1日 - 1994年12月24日
1995年1月7日 -
数週遅れ
大阪府 テレビ大阪 [4]
岡山県・香川県 テレビせとうち
福岡県 TXN九州
静岡県 静岡第一テレビ 日本テレビ系列
富山県 チューリップテレビ TBS系列
山口県 テレビ山口
愛媛県 伊予テレビ
岩手県 岩手めんこいテレビ フジテレビ系列
石川県 石川テレビ
福井県 福井テレビ 1992年 - 1993年
広島県 テレビ新広島 末期1年間のみ
長崎県 テレビ長崎
熊本県 テレビ熊本
鹿児島県 鹿児島テレビ [5]
山形県 山形テレビ テレビ朝日系列 [6]
福島県 福島放送
大分県 テレビ大分 フジテレビ系列
日本テレビ系列
[7]
奈良県 奈良テレビ JAITS
和歌山県 テレビ和歌山

ギルガメッシュLIGHT[編集]

ギルガメッシュLIGHT
ジャンル バラエティ番組
放送時間 金曜 23:00 - 24:00(55分)
放送期間 2012年1月13日 - 2012年12月21日(50回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 BSジャパン
PROTX
演出 祖山聡
井上雅晴
プロデューサー 井上雅晴
越山進
出演者 イジリー岡田
大堀恵
ほか
音声 ステレオ放送
オープニング ブラック・アイド・ピーズ「I Gotta Feeling」
エンディング EDテーマを参照
外部リンク 公式サイト

特記事項:
ナレーション:佐野文俊、新かな子
テンプレートを表示

出演者[編集]

MC[編集]

コメンテーター[編集]

G9[編集]

メンバーの入れ替え等の余地があるために「(仮)」が付いていたが、最終回にてこれが外され、全員卒業となった。括弧内は番組内の愛称。レギュラー育成下部組織「ファーム」も設立され、入れ替え制をとっている。

レギュラー
1期生(#1 - 50)
2期生(#30 - 50)
公式Twitterにて告知されたイベント[gl 11]にて番組より先にお披露目された。[gl 12]表記は#30登場順。
ファーム(#29 - 50)
ロケ中心で出演、活躍次第ではレギュラーへの復帰もある。

主なゲスト[編集]

OG(過去の出演者)[編集]

スタッフ[編集]

復活SP時[編集]

  • スタジオ技術:鈴木智昭
  • 映像:芹野昭義、畑中陶太、杉山博紀
  • 撮影[gl 18]:近藤慎司、藤本茂樹、風間誠、平島輝久、松原弘兼、中村郁夫
  • 音声:松岡努、細田秀浩、光山由貴子、立山優美、芝崎泰光
  • 照明:塚生崇、山崎康紀、庄司鉄平
  • ロケ技術:矢田部修
  • 美術:小越敏彦、金森明日香
  • 協力:内海智・岡本純一(ポニーキャニオン)、テクノマックステレビ東京アート、港家
  • メイク:ラフテル
  • タイトル:小室泰樹
  • ロゴ:森村泰久
  • 音響効果:北澤亨
  • TK:関井麻衣
  • 編集:菅野雄介、早川政秀、猿橋怜
  • MA:大矢研二
  • 編成:山田倫生(BSジャパン
  • 番宣:荒井正和
  • コンテンツ:福田和恵、國安百合
  • HP:佐治裕一郎、猿渡真人
  • AD[gl 19]:中澤亜友、中村裕介、山田翔太
  • AP:市川佳子
  • 制作協力:KABUTO
  • SPECIAL TANKS:[要説明]つかはらたむらようこ・岩佐真吾・蓮勺朝子・佐藤大地・清隼一郎(兼構成)、新かな子(兼ナレーション)、野口かず美(兼番宣)、財前健一郎(フルモデルモ)、中沢菜芳、Oidooon(兼制作協力)、100名のお客様、ギルライブース(公式)
  • ディレクター:渡邊展久、関口奈津美(兼AD)
  • チーフディレクター:辻章太郎(兼FD)、米倉伸
  • 演出:祖山聡(兼FD&D)
  • プロデューサー・演出:井上雅晴
  • プロデューサー:越山進
  • 製作:BSジャパン、PROTX

過去[編集]

  • ナレーション:佐野文俊[gl 20]
  • 技術:吉田和雄
  • 映像:杉山博紀
  • 撮影:吉田和雄
  • 音声:斉藤孝行
  • 照明:和氣義幸
  • ロケ技術:宮川量康、小川正明、中馬越直人、小笹直樹、小林寿恵
  • 協力:TSP、アニキ、AKS
  • 衣装協力:12XU、STADIUM、RINKAN、RUPERT
  • ロケ協力:HOTEL & SPA Anda Resort 伊豆高原TOKYO TOWER、二宮町吾妻公園、GUAM TV PRODUCTIONS[gl 21]
  • メイク:エレファントリップ
  • TK:中嶋梨沙
  • 編集:佐藤良正、小川洋行、山岸富則、米沼元之、塩塚寛幸、吉村政孝
  • AD:松崎涯、鈴木信一郎、篠原弘樹、松岡陵馬
  • ディレクター:井上貴詞、大野寿之、南川尚人、鈴木隼、森谷将、五十嵐優人
  • チーフディレクター:木戸隆文[gl 22]、須藤孝幸、杠政寛、青山海太(兼D)、坂口秀作・高橋伸幸(兼FD&D)

エンディングテーマ[編集]

『Mu・Zi・Q』(#1 - 22)
作詞 - bokachi / 作曲 - wtf / 歌 - bómi(日本コロムビア
「OH MY POOKY!!!」TWCP-17(2012年2月8日、TOWER RECORDS限定ミニアルバム)4曲目に収録
『Friend』(#23 - 49)
作詞 - SILVA / 作曲・編曲 - 朝本浩文 / 歌 - SILVA (BACIAMI RECORDS)
『Baby Don't Cry』(#50・復活SP)
歌 - INXS

放送リスト[編集]

ネット局[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送時間 放送期間 備考
全国 BSジャパン テレビ東京系列
金曜 23:00 - 24:00 2012年1月13日 - 12月21日 製作局
長崎県 テレビ長崎 フジテレビ系列 土曜 25:10 - 26:10 2012年4月7日 - 7月28日 [gl 26]
北海道 テレビ北海道 テレビ東京系列 金曜 25:00 - 26:00 2012年4月20日 - 2013年1月11日 [gl 27]

エピソード[編集]

  • 同局『水着少女』の最終回でスタッフの1人[誰?]が「学生時代に見た、『ギルガメッシュないと』のような番組を作れたらいいなと思って作ったのがこの番組だった」と告白した。『水着少女』を立ち上げたのは、『ギルガメッシュないと』のスタッフの1人[誰?]だった。
  • 当時、テレビ東京で数少ない自社制作[8]の番組だった(この番組以外では、『愛ラブSMAP!』と『演歌の花道』だけであった)。
  • 朝日新聞の連載4コマ漫画となりのやまだ君』第359回(1992年10月14日付け)にて、突然テレビから流れた“ブー、ギルガメッシュ”という音に、登場人物が驚き慌てるという場面があった。この件を後日『ギルガメッシュないと』では、その年の番組重大ニュースを発表する企画で、「ギルガメ朝日新聞に掲載される」と題して紹介した。
  • 「LIGHT」の番組終了後もスタジオセットは保存され、翌年4月スタートした「大竹まことの金曜オトナイト」にそのまま流用されている(この番組に宇多丸がゲスト出演した際に使い回しであることを指摘し、大竹が恐縮するというやりとりがあった)。

脚注[編集]

ギルガメッシュないと[編集]

  1. ^ AV女優が出演ビデオの紹介とともにランジェリー姿でカラオケを競い、お色気と歌唱力でガチンコ勝負をする企画。
  2. ^ 優勝賞品はゲストAV女優とゴール地点の温泉宿で混浴できる権。
  3. ^ ミニ番組『グランパスNEWS』の放送期間中は5分遅れで放送。
  4. ^ 1991年10月から半年間は、同時刻に自社制作の関西ローカル番組『beatパラダイス』を放送していた関係で、数日遅れで放送していた。
  5. ^ 1994年3月31日までは日本テレビ系列とのクロスネット局だった。
  6. ^ 1993年3月31日まではフジテレビ系列だった。
  7. ^ 1993年9月30日まではテレビ朝日系列にも加盟していた。
  8. ^ ここで言う「自社制作」というのは、外部の制作会社へ番組の制作を委託(発注)せず、プロデューサーからディレクター、アシスタントディレクターといった「演出スタッフ」をすべて自社(つまりこの場合はテレビ東京)の社員で賄うということを指す。なおカメラや音声、照明から衣装、美術、テロップなど所謂「裏方さん」は外部業者のスタッフであったので、番組の全てを自社社員で賄っていた訳ではない。

ギルガメッシュLIGHT[編集]

  1. ^ イジリー岡田暴走再び!?「ギルガメッシュ…」復活 - スポーツニッポン 2011年12月26日
  2. ^ 伝説の深夜番組「ギルガメ」14年ぶり復活、イジリー岡田がMC - お笑いナタリー 2011年12月26日
  3. ^ DVD発売記念!伝説的バラエティ『ギルガメッシュLIGHT』がBSジャパンで一夜限りの復活! - テレビドガッチ 2013年9月19日
  4. ^ エンドロールでクレジットされたが、大堀恵、宇多丸、西永嶺花が欠席。
  5. ^ 大堀のトレーディングカード発売に便乗した。
  6. ^ #13からSDN48テロップは無くなった。企画にも参加している。トレーディングカードで番組とコラボしている。#49では結婚祝福テロップが入った。
  7. ^ #43 - 45は立花が欠席、#43・45は中央席がなかった。
  8. ^ #37はDMが欠席したため中央席がなかった。
  9. ^ a b 番組内企画「10kmマラソン」、「第3回 Run Pit presents SPORTSONE 皇居マラソン」(2012.5.12)10kmの部に出場、記録は63:20(目標は60:00)の結果により野田と神庭姉、姉妹の連帯責任という事で神庭妹もファームへ降格。自らシェイプアップ企画を提案し達成、その努力が認められ#44からレギュラーに復帰。
  10. ^ a b 太田ソロ企画にて神庭姉妹が評価され太田がファーム降格。神庭姉妹は手段にクレームがつきレギュラー復帰はならなかった。ファーム降格後の努力が認められ#48からレギュラーに復帰。その際G9(仮)が10人となった為、席が左5となる。
  11. ^ 2012年7月23日のツイート
  12. ^ 元SDN大堀ギルガメで宣言「確率98%」 - nikkansports.com 2012年7月31日
  13. ^ #16で留年したかのような発言があったが、ブログでは卒業パーティに参加している記事もある。卒業パーティー|神庭姉妹公式ぶろぐ「欲しがりません。勝つまでは。」 - アメーバブログ
  14. ^ 企画にも参加していて度々G9入りを示唆されたりとMCの座を脅かされていた。学業が忙しいため#16 - 17を欠席、学業専念の為#18で卒業を発表(本人公式Twitterでのツイート - 2012年5月12日閲覧)。夏休み期間に、#34 - 37でゲストとして出演。
  15. ^ 親バレ前にとの発言もあったが今後の展開を考え、#29で卒業を発表。
  16. ^ アニソンぷらすプロデューサーあきちを見学にきており、2012年4月9・16日の出演が決まった。2012年10月13 - 14日に自身がイメージキャラクター「ゆめの☆あきち」(Moe1 ゆめの☆あきち「夢★CHU」 オリジナル3DキャラクターPV - YouTube)を務めるイベント「Moe1グランプリ」に専念する為、#29で卒業を発表。#41でイベントが紹介された。
  17. ^ #1のゲストで#2からレギュラーに昇格、「三者面談」のナビゲーターを担当。海外ドラマSMASH」のアイヴィー役CVに抜擢され、吹き替えに専念するため#37で卒業を発表。卒業後も、VTR企画やロケで出演した。
  18. ^ 度々登場する「小島さん」はクレジットされていない。
  19. ^ 「AD審議会」という番組方針を決定する組織がある。
  20. ^ #39でゲスト出演、復活SP時はクレジット無し。
  21. ^ #49の関連コーナーの最後にスタッフロールが流れた。
  22. ^ #14では企画に巻き込まれた。
  23. ^ 「ZOOM IN」は#4から、#13は出張版。
  24. ^ #16は蔵出し映像。
  25. ^ #21は番外編。
  26. ^ 『ハピ★バラ』枠で放送されていた。
  27. ^ BSジャパンより28日遅れで途中回からの放送。開始当初はBSジャパンより21日遅れでの放送だったが、8月3日の金曜日は4日未明にかけてテレビ東京系列でロンドンオリンピック中継の同時ネット放送を行った関係で1週分放送休止となったため、遅れ日数が拡大された。最終回の時点で21日遅れになった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

テレビ東京 土曜25:25枠 → 土曜25:15枠
前番組 番組名 次番組
深夜映画
※25:25 - 不定、土曜26:20枠へ移動
ギルガメッシュないと
(1991年10月5日 - 1998年3月28日)
サッカーTV
※25:05 - 25:20
平成女学園
※25:20 - 25:30
アルテミッシュNIGHT
※25:30 - 26:24
BSジャパン 金曜23:00枠
ギルガメッシュLIGHT
(2012年1月13日 - 2012年12月21日)
最上の命医 再放送
(2013年1月11日 - 2013年3月15日)
テレビ東京 土曜深夜のお色気番組
夜はエキサイティング
(1984年10月6日 - 1985年3月23日)
ギルガメッシュないと
(1991年10月5日 - 1998年3月28日)
アルテミッシュNIGHT
(1998年4月4日 - 2000年3月25日)