永沢君

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

永沢君』(ながさわくん)は、さくらももこ作の漫画。小学館の『ビッグコミックスピリッツ』及び『ビッグコミックスピリッツ21』に連載された。連載期間は1993年1月から1995年5月まで。全18話からなり、単行本は全1巻が小学館から発売されている。

内容[編集]

ちびまる子ちゃん』の登場キャラクターのひとり永沢君を主人公におき、彼とその周りの人達の中学生活を描いている。舞台は清水市立桜中学校。中学生男子の行動を視点にした、ある意味さくらももこの観察眼が発揮された作品である。青年誌ならではのブラックユーモア下ネタともとれるギャグが多く、『ちびまる子ちゃん』とは違うテイストで楽しめる内容になっている。

主な登場人物[編集]

『ちびまる子ちゃん』では下の名前があるものもいるが、『永沢君』では設定されていないため名字のみの場合が多い。

『ちびまる子ちゃん』からのキャラ[編集]

永沢君
この漫画の主人公、フルネームは永沢君男(きみお)。特徴的なタマネギ頭に、サイズの小さな学生帽を着用している。体重は43kg。父親、弟の太郎も同様にタマネギ頭である。かなりの毒舌家で、結構嫌な性格。お笑いが好きで、ラジオのギャグ投稿コーナーにハガキを出している。ペンネームは「キンタマネギ男」。藤木・小杉とは友人ではあるが二人を見下しており、ことあるごとに貶めている。過去に自分の家が火事になり、火がトラウマになっていたが、よその家が火事になろうが冷静でいられることに気付くため、克服している。城ヶ崎姫子に好かれているが気付いておらず、むしろ姫子のことは好きではないらしい[1]。修学旅行以来、野口のことが気になっている。最終話(第18話)で志望校に落ちてしまい、今まで自分があざ笑っていた連中(倉田、川口、ゲヘ、カツヤン)ばかりと一緒になる第二志望の高校に行くことになったため、仲の良かった藤木や小杉とは違う高校に行くことになる。卒業式で藤木・小杉から「学校が変わっても友達だ」との励ましに嫌味を返し、拒絶した為に二人との縁も切れたと思われる。
藤木しげる
永沢君とは小3の頃から仲良し。基本的にいい奴な反面、卑怯な性格。卑劣さは「ちびまる子ちゃん」登場時から磨きがかかっており、小杉に手ひどい仕打ちをする程である。英語で3点[2]をとるなど学業は不得意な反面、ユーモアセンスに富んでいてかなりのハガキ職人でもある(ペンネームは「キジフ・ゲルーシ」)。笹山かずこが好きだったが、修学旅行以来一緒の班だった堀こずえが気になっている。最終話では小杉とは同じ高校に行くことになるが、永沢君は落ちたため卒業後は離れることになる。本心から永沢を好きではなく小杉に永沢の長所を挙げることが出来ず、永沢と高校が離れた時には安堵の表情を浮かべていた。
花輪君
お金持ちの家の息子。勉強はできるらしい。相変わらずヒデじいが送り迎えをしている。堀こずえに好意を持っている。
ヒデじい
第12話に登場。放課後に花輪君のゲタ箱の中のチョコレートの山を持って帰ってくれと頼まれる。ラストで永沢君のゲタ箱にチョコレートを入れた相手だと彼に勘違いされる(本当は城ヶ崎姫子)。
冬田さん
「永沢君」ではたった1コマ(第10話)しか登場していない。
太郎
第1話に登場。永沢君の弟。家が火事のときはまだ赤ん坊だった。兄と同じくタマネギ頭が特徴的で、兄よりは純真な性格らしい。
永沢の母
第1話から登場。口うるさい所があるが、息子の成長を感じて「さびしいもんだねぇ」と涙を流す感傷的な一面も見せる。
永沢の父
第1話しか登場していない。タマネギ頭。

回想シーンのみ[編集]

第8話の火事の記憶の回想シーン(2コマ)のみに登場した人物。

まる子
『ちびまる子ちゃん』の主人公だが、この漫画では回想シーンしか登場していない。家が火事になった永沢君を励ました。
たまちゃん
まる子とは仲良し。家が火事になった永沢君を励ました。
はまじ
家が火事になった永沢君を励ました。

『永沢君』初出の登場人物 [編集]

小杉
永沢・藤木と同じクラス。体重が86㎏ある肥満児。大らかで性格は良いが、愚鈍。永沢君とは小3のときから同じクラスにいたことになっているが、仲良くなったのは中学の頃からである。永沢・藤木とは友人だが永沢の思いやりのなさに辟易している。一度もてたいためにやせようとしたことがあるが結局はやせていない。永沢と高校が離れた時には藤木同様安堵の笑顔を浮かべていた。
城ヶ崎姫子
第10話から登場。成績優秀で何でもこなせる美少女。ハンサムな父とすてきな母から生まれたお嬢様。学校のマドンナ的存在であり、2枚目の男子生徒とは仲良さげに話してはいるものの、永沢君に好意を寄せている。小汚い男に汚されたい願望を持つ、いわゆるマゾヒスト。永沢君の前では気の強い女を演じているが、心の奥底では自分と永沢君を、愛読する官能小説[3]の登場人物に見立て、永沢に汚されることを妄想しているマゾ女である。永沢君への妄執は常軌を逸しており、高レベルの高校に行けたのに、永沢君の第1志望校を受験するという行為にまで及んでいる。しかし、当の永沢からは相手にされておらず、永沢は第一志望校を落ちたため、同じ高校には通えなかった。
野口
第15話から登場。根っからの暗い性格で、かなりのお笑い好き。性格とは裏腹に成績はかなり良く大抵の事はそつなくこなす。英語が堪能。まる子との仲が続いていることになっている。修学旅行以来、平井君のことが気になっている。
初登場(1994年8月)のときはクラスの暗い女子でお笑い好きということは語られていなかった。『ちびまる子ちゃん』初登場(1994年11月)の時、まる子が野口はお笑い好きなのではということに気づくが、同時期のこの作品でも永沢君が気づく。
ラジオが好きという『ちびまる子ちゃん』での設定は失われておらず、修学旅行にもラジオを持ってきて、関西のローカルのラジオを聴いていた。
お笑い好きという共通点からか、最終的に永沢君にとって気になる存在になる。

『永沢君』のみのキャラ[編集]

堀こずえ
永沢君も認めるほどの清楚な美人。野口を「のぐちん」とあだ名で呼ぶほど仲が良い。花輪君のことが好きだが修学旅行以来、藤木のことが気になっている。
平井やすあき
第3話から登場。不良。シンナーやタバコも平気でしていて、暴走族に入隊している。永沢君も憧れるほどの本物の不良である。高齢者の手を引き横断歩道を渡るという優しい一面もある。また、藤木がラジオ番組に投稿する予定のギャグを聞いて笑い、素直に褒めた事もある。実は堀こずえが好き。
別作品の『コジコジ』では一話だけ登場している。卒業後、高校進学せず飲食店に就職した。
倉田
一人前に眼鏡をかけているが、先生に眼鏡はゴミ箱に捨てろと言われるほど頭が悪く暗記も苦手。小杉よりも何十倍も愚鈍。性格も悪い。
川口
倉田とは仲良し。倉田に負けないほど頭と性格が悪い。
ゲヘ
いつも「ゲヘゲヘ」と笑うスケベな男。城ヶ崎のことが好きだが、彼女からは見下されている。カツヤンとは仲良し。案外照れ屋である。
カツヤン
ゲヘと仲が良い。意外と勘が鋭い。成績は悪いが親切で人当りが良い。単行本には書き下ろしの『ゲヘとカツヤン』なる作品が掲載されていた。アニメちびまる子ちゃんで1996年に放送された「教育実習の先生の巻(前編)」に、さきこのクラスの教育実習生として登場した“角田カツオ”という男と顔が酷似しているが、関係は不明。さくらももこは「永沢君」の特集ページ内で、「ゲヘか倉田かカツヤンの中で誰かと結婚しろと言われたら、迷うがカツヤンがいい」と語っている。

実写化[編集]

2013年4月1日から9月30日TBSテレビで実写ドラマ化。月曜 - 木曜23時53分 - 23時58分(JST)の5分枠・全101回で放送。同局で放送された『コジコジ』グッズが小道具として紛れている時がある。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

TBSテレビ 月曜 - 木曜23:53 - 23:58枠
前番組 番組名 次番組
永沢君
番組ナビ[9]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 理由は「もう少し美人がいいんだ。」
  2. ^ 最初は教師の採点ミスで1点だった。
  3. ^ ちなみにその小説の内容はお金持ちの夫人が性格は暗く、不器量で、家が火事になったことにより借金まみれになっている使用人に体を汚される。というもの。
  4. ^ 毎週火曜日は裏番組に出演しているため、OPの映像には目に棒線が入っていて本編には登場しない。
  5. ^ まるまるちびまる子ちゃん〜20年後の同窓会フジテレビ)でも大人になった野口さんを演じていた。
  6. ^ 不定期火曜日に登場。この状態は藤木にしか見えず他の人には普段の永沢として見えている。第39話では森永君として本物の永沢と会話した。
  7. ^ a b ドラマオリジナルキャラ
  8. ^ 公式サイトには掲載無し。
  9. ^ 一部番組表では『NEWS23』に内包扱い。

外部リンク[編集]