広尾駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
広尾駅
2番出入口
2番出入口
ひろお - Hiro-o
H 02 恵比寿 (1.5km)
(1.7km) 六本木 H 04
所在地 東京都港区南麻布五丁目10-28
駅番号 H 03
所属事業者 東京地下鉄(東京メトロ)
所属路線 H 日比谷線
キロ程 17.8km(北千住起点)
電報略号 ヒロ
駅構造 地下駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
55,448人/日
-2011年-
開業年月日 1964年昭和39年)3月25日
駅名標と出口案内(2005年10月24日)
六本木寄り改札口(2005年10月24日)

広尾駅(ひろおえき)は、東京都港区南麻布五丁目にある、東京地下鉄(東京メトロ)日比谷線である。駅番号H 03

当駅のローマ字表記は、一般的には Hiroo となるが、東京メトロでは帝都高速度交通営団(営団地下鉄)時代から引き続き Hiro-o と表記している。

歴史[編集]

東京メトロ発足時に多くの駅で地上出入口の駅名表示が取り替えられたが、当駅での取り替えでは1か所で『Horo-o』とローマ字を誤記したものを設置してしまった。このことは当日朝に通りがかったサンケイスポーツの記者が写真入りで記事にし、テレビ番組でも取り上げられた。このミスは発見されたその日に直されたとされる[要出典]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地下駅エスカレーターエレベーターは設置されていない。トイレは2・3番出入口側の改札内にある。

六本木駅との間に留置線があり、当駅始発中目黒方面の列車が早朝に[1]、中目黒始発当駅終着の列車が深夜にそれぞれ設定されている[2]

のりば[編集]

番線 路線 行先
1 H 日比谷線 恵比寿中目黒方面
2 H 日比谷線 銀座上野北千住南栗橋方面

利用状況[編集]

2011年度の1日平均乗降人員は55,448人である[3]。近年の1日平均乗車人員推移は下表のとおり。

年度 一日平均
乗車人員
出典
1992年 31,436 [4]
1993年 32,005 [5]
1994年 31,156 [6]
1995年 30,454 [7]
1996年 30,430 [8]
1997年 30,148 [9]
1998年 29,910 [10]
1999年 28,929 [11]
2000年 28,501 [12]
2001年 27,477 [13]
2002年 26,696 [14]
2003年 26,189 [15]
2004年 26,455 [16]
2005年 26,537 [17]
2006年 26,844 [18]
2007年 27,978 [19]
2008年 28,151 [20]
2009年 28,512 [21]

駅周辺[編集]

駅周囲は大使館や公園が多く立地し、緑が多くなっている。

1番出入口

2番出入口

3番出入口

バス路線[編集]

広尾橋[編集]

広尾駅[編集]

隣の駅[編集]

東京地下鉄
H 日比谷線
恵比寿駅 (H 02) - 広尾駅 (H 03) - 六本木駅 (H 04)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]