漫才ギャング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

漫才ギャング』(まんざいギャング)はお笑い芸人の品川祐(ペンネーム:品川ヒロシ)作による、日本小説作品。2011年3月に映画化された。

リトルモアから刊行され、鈴木大がカバーイラストを担当した。

あらすじ[編集]

売れない漫才芸人が相方から「コンビ解消」を告げられ、やけになりトラブルを起こして留置場に送られてしまう。その中で彼は、やはり留置場送りにされた全身タトゥーの荒くれ者と出会う。芸人はその荒くれ者の話術に注目し、『俺と漫才コンビを組まないか』と持ちかけた。

映画[編集]

漫才ギャング
監督 品川ヒロシ
脚本 品川ヒロシ
出演者 佐藤隆太
上地雄輔
音楽 林祐介
御供信弘
主題歌 SuperflyBeep!!
撮影 北信康
編集 須永弘志
製作会社 「漫才ギャング」製作委員会
配給 日本の旗 角川映画
公開 日本の旗 2011年3月19日
上映時間 137分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

2011年3月19日に公開された、作者の品川が自ら監督・脚本を務め自身の原作による『ドロップ』に次ぐ2作目監督作品。佐藤隆太上地雄輔のW主演。主題歌はSuperflyが担当し、劇中歌は遊助が担当。

キャッチコピーは「もうハンパじゃ、終われない!!」。

東北地方太平洋沖地震の影響で休館や営業時間短縮もあり全体の興行収入も落ち込んでいる中、全国192スクリーンで公開し、2011年3月19、20日初日2日間で興収は興収8,600万4,500円、動員は6万8,206人、初日3日間で興収興収1億3,912万8,600円、動員11万934人になり、映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第8位となった[1]。角川シネマ有楽町と大阪の梅田ブルク7となんばパークスシネマで行われた舞台あいさつ上映回と初回終了後に行われた募金の合計225万5,228円が日本赤十字社を通じて義援金として寄付されており、沖縄国際映画祭でのプレミア上映では、被災地での無料上映会も検討していると語っている[2]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

コミカライズ版[編集]

ヤングエース』(角川書店)2010年10月号より2011年8月号まで、阿部潤の作画による漫画作品が連載された。

脚注[編集]

外部リンク[編集]