茗荷谷駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
茗荷谷駅
1番出入口(2005年6月12日)
1番出入口(2005年6月12日)
みょうがだに - Myogadani
M 22 後楽園 (1.8km)
(1.2km) 新大塚 M 24
所在地 東京都文京区小日向四丁目6-15
駅番号 M 23
所属事業者 東京地下鉄(東京メトロ)
所属路線 M 丸ノ内線
キロ程 3.0km(池袋起点)
電報略号 タニ
駅構造 地下駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
70,890人/日
-2013年-
開業年月日 1954年昭和29年)1月20日

茗荷谷駅(みょうがだにえき)は、東京都文京区小日向四丁目にある、東京地下鉄(東京メトロ)丸ノ内線である。駅番号M 23

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地下駅。ホームは地下鉄のトンネルの出口に隣接して建設されており、当駅 - 後楽園駅間が地上線となる。ホームの一部は地上部にある。改札口も地上部に立地する。駅南方の地上には留置線と車両修繕工場が併設されている。

1993年から1998年にかけて駅改良工事が行われ、駅ビルの新設やホームの拡幅(大手町方面が6.0mから6.99mに、池袋行きホームが6.0mから6.39mに)が行われた[1]

のりば[編集]

番線 路線 行先
1 M 丸ノ内線 御茶ノ水大手町東京銀座新宿荻窪方面
2 M 丸ノ内線 新大塚池袋方面

利用状況[編集]

2013年度の1日平均乗降人員70,890人である。他線と接続しない丸ノ内線の単独駅では最も乗降人員が多い。

近年の1日平均乗降・乗車人員推移は下表のとおりである。

年度別1日平均乗降・乗車人員[3]
年度 1日平均
乗降人員[4][5]
1日平均
乗車人員[6]
1992年(平成04年) 68,342 33,093
1993年(平成05年) 66,844 33,181
1994年(平成06年) 66,371 32,959
1995年(平成07年) 65,154 32,746
1996年(平成08年) 64,480 32,389
1997年(平成09年) 62,802 31,674
1998年(平成10年) 63,082 32,074
1999年(平成11年) 61,741 31,210
2000年(平成12年) 61,551 31,063
2001年(平成13年) 62,436 31,476
2002年(平成14年) 64,511 31,804
2003年(平成15年) 63,627 31,380
2004年(平成16年) 61,333 30,581
2005年(平成17年) 60,881 30,238
2006年(平成18年) 60,986 30,290
2007年(平成19年) 62,438 31,128
2008年(平成20年) 63,386 31,625
2009年(平成21年) 65,479 32,707
2010年(平成22年) 65,898 32,928
2011年(平成23年) 66,404 33,320
2012年(平成24年) 69,497 34,562
2013年(平成25年) 70,890 35,328

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

茗荷谷駅前

茗荷谷駅

駅名の由来[編集]

駅名はかつての茗荷谷町に由来する。なお、駅が所在する一帯は住居表示実施後は小日向となっている。

その他[編集]

1995年7月に池袋駅構内での分岐器交換工事が実施された際には、池袋駅 - 新大塚駅間が運休となり、荻窪方面からの電車は渡り線2番線に入線し、そのまま2番線から折り返し発車をするという形状をとっていた。ちなみに1番線は当駅 - 新大塚駅間の区間電車の発着ホームとして使用していた[7]。なお、当時は駅ビルの完成を控えていたため、2番線ホームと1番線ホームとの間は新設の階段を使って対応していた。

ギャラリー[編集]

隣の駅[編集]

東京地下鉄
M 丸ノ内線
後楽園駅 (M 22) - 茗荷谷駅 (M 23) - 新大塚駅 (M 24)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 帝都高速度交通営団史』 東京地下鉄株式会社、2004年12月、237-238頁。
  2. ^ 帝都高速度交通営団史』 東京地下鉄株式会社、2004年12月、618頁。
  3. ^ 文京の統計 - 文京区
  4. ^ 各種報告書 - 関東交通広告協議会
  5. ^ 東京メトロ 各駅の乗降人員ランキング
  6. ^ 東京都統計年鑑
  7. ^ 帝都高速度交通営団史』 東京地下鉄株式会社、2004年12月、245-246頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]