ラッキーセブン (テレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラッキーセブン
ジャンル テレビドラマ
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
監督 佐藤信介 ほか
脚本 早船歌江子
野木亜紀子 ほか
出演者 松本潤
瑛太
仲里依紗
大泉洋
松嶋菜々子
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
データ放送 連動データ放送
連続ドラマ
放送時間 月曜日 21:00 - 21:54(54分)
放送期間 2012年1月16日 - 3月19日(10回)
プロデューサー 重岡由美子
関口大輔
エンディング ワイルド アット ハート
外部リンク オフィシャルサイト
お正月特別企画 ラッキーセブンスペシャル
放送時間 木曜日 21:00 - 23:30(150分)
放送期間 2013年1月3日(1回)
テンプレートを表示

ラッキーセブン』は、2012年1月16日から3月19日まで、フジテレビ系の「月9」枠で放送された松本潤主演のテレビドラマ[1]。初回は15分拡大の22:09まで放送し、最終回は20分拡大の22:14まで放送。

2013年1月3日にはスペシャルが放送された。それに伴い、1月2日・3日に連続ドラマが再放送された。

概要[編集]

東京北品川の小さな探偵事務所「北品川ラッキー探偵社」を舞台とした青春群像劇。探偵事務所の7人のメンバーが、チームワークで案件を解決していく姿を描く。恋愛ものが中心だったこれまでの月9枠としては異例の取り組みであるのが特徴である。

主演の松本は2012年平成24年)1月3日放送のフジテレビ系新春ドラマ『もう誘拐なんてしない』に、本作の時多駿太郎役で友情出演した。

キャッチコピーは「恋人より、家族より、仲間じゃないか?」。

あらすじ[編集]

自由人を自称するフリーター・時多駿太郎は、ふとした事件から「ラッキー探偵社」の新田輝、そして社長の藤崎瞳子と出会い、新入社員として働く事になり、事件の切っ掛けとなった新田と反発しながらも他のメンバーと事件を重ねるごとに交流を深めていく。 ストーリー中盤で新田は「ラッキー探偵社」を辞める事になるが、実は「ラッキー探偵社」の設立理由は瞳子の父・眞人の死と関係があり、それは警察上層部も巻き込んだ大規模な事件であり、新田の辞職の切っ掛けとなった偽装浮気事件が事件解明に関係していた事が明らかになる。 「眞人の死」を巡り、瞳子と筑紫が職を辞してまで追い求めていた鍵となる「手帳」の争奪戦の中盤から、辞職後に密かに事件を調査していた新田を加え、メンバー全員による事件解明に挑む。

登場人物[編集]

北品川ラッキー探偵社[編集]

時多 駿太郎
演 - 松本潤
ラッキー探偵社の新人探偵。元々は“自由人”を自称したフリーターで、気ままに生活していたが、ラッキー探偵社の探偵達に人妻との密会現場を撮られて不倫関係が破綻したことに怒り、新田を追って入ったラッキー探偵社で瞳子にスカウトされ探偵として働くことになる。輝には及ばないが、身体能力はかなり高く格闘術もある程度使え、足が速い。格闘術も新田に紹介されたジムに通うことで、回を重ねるごとに向上している。女性に関する観察眼は高く、女性の扱いには絶対の自信を持つ。調子がよくノリも軽いが、正義感が強く目の前の困った人を放っておけない情の厚さも持ち合わせている。前述のように“自由人”を自称するだけに自分の気持ちを主体に行動する。
新田 輝
演 - 瑛太
ラッキー探偵社のキャリア8年目の探偵。クールな性格で、仕事中は常に飄々として余裕の態度を崩さない。格闘技に優れ、本気を出していない時でも回し蹴り一発で相手を倒してしまうほどの実力である。東都大学理学部生物化学科中退の経歴を持ち、以前は植木屋だったという。父親が会社の社長であるという金持ちで、親の決めたレールの上で生きていたが、大学時代に探偵になることを志したことから両親とは絶縁状態にある。駿太郎とは折り合いが悪く、互いを「猿(輝)」「犬(駿太郎)」と罵り合い喧嘩が絶えないが、共にいるにつれ次第に信頼関係を築くようになっていく。
偽りの浮気調査依頼の陰謀に嵌められ警察に追われる身となり、自身も皆を巻き込ませないために行方を晦ましたが、駿太郎ら探偵社のメンバーの尽力によって無実が証明された。この一件を境に父親の会社を継ぐ決心を理由にラッキー探偵社を去るが、実際は自分が巻き込まれた一件が16年前の瞳子の父親の事件が関わっていたことを知り、独自に調査をしていた。16年前の事件と関わる問題を機に駿太郎達と合流し、ラッキー探偵社に戻る。
上述の通り格闘術に優れているものの足元が弱く、足元を狙われると防御が手薄となる。
植物の苔を育てており(名前はコケ丸)、辞職してラッキー探偵社を去る際に駿太郎にコケ丸の世話を頼む。しかし、駿太郎がまともに水やりをしなかったために枯れてしまい、ラッキー探偵社に戻った際には深い悲しみを表していた。その後は2代目を育てている模様。
水野 飛鳥
演 - 仲里依紗
ラッキー探偵社の女探偵。サバサバとした性格で、よく淳平のボケにツッコミを入れたり、あしらったりしている。容姿と演技力に優れ、潜入工作を得意とする。ペット・大二郎を溺愛している愛犬家で、大二郎を「犬」と呼ばれることを嫌う。自分より強い男性に守られたい願望があるが、基本的に男性の短慮な言動をあきれ気味にみる傾向がある。俳優の祐希守のファンだが、彼の演じる真壁リュウには全く興味を示さない。
料理は一応作れるものの、見た目が雑。
旭 淳平
演 - 大泉洋
ラッキー探偵社のキャリア12年目のベテラン探偵でチーフ。別の大手探偵事務所にいたところを引き抜かれた。駿太郎の教育係を任されている。普段は後輩達にぞんざいな態度を取られるなどひょうきんな言動が目立つが、ここぞという時に探偵としての腕を見せることもある。そんな見た目に反して腕っぷしは強い。犬が苦手。
女性に縁がなく、調査中に女性へアプローチを仕掛けても駿太郎や新田にとられてしまう。また北品川警察署の由貴に好意を寄せ、時には駿太郎に手ほどきを受けるもその仲はなかなか進展しない。
筑紫 昌義
演 - 角野卓造
ラッキー探偵社で総務・経理・営業・瞳子への連絡係を担当。元刑事という経歴を持ち、瞳子と共にラッキー探偵社を開設した古参のメンバーでもある。普段は黙々と仕事を熟しているが、しばしば、駿太郎たちのノリに巻き込まれる。
茅野 メイ
演 - 入来茉里
ラッキー探偵社事務員。平時ローテンションな地味目の女性。探偵達のバックアップを担当し、機械や理科系方面の知識に精通している。
藤崎 瞳子
演 - 松嶋菜々子
ラッキー探偵社社長。16年前の父の死の真相を探るために筑紫と共にラッキー探偵社を開設する。普段は事務所にいないことが多いが、要所で駿太郎達の行動の指針となる言葉を送り、案件解決に導いていく。
格闘術に優れているのか、敵から筑紫や駿太郎を回し蹴りで救ったこともある。

警視庁北品川警察署[編集]

桐原 由貴
演 - 吹石一恵
警部補。気弱で淑やかに見えるが、基本的に尖った性格。淳平に好意を寄せられているが、そっけない態度であしらう。武術に長けている。ラッキー探偵社の自由な立場で調査するところを羨ましく感じており、彼らの言葉に心を動かされることもある。
後藤 将司
演 - 金田明夫
警部

時多家[編集]

時多 百合子
演 - 岡江久美子
駿太郎の母親。
時多 孝次郎
演 - 小山慶一郎NEWS
駿太郎の弟。
時多 翔太
演 - 後藤奏佑人
孝次郎の息子。『私立探偵★真壁リュウ』のファンで探偵に憧れている。

その他[編集]

祐希 守 / 真壁 リュウ
演 - 谷原章介
テレビドラマ『私立探偵★真壁リュウ』の主人公の私立探偵・真壁リュウを演じる俳優。普段は無理難題なワガママでマネージャーやスタッフを振り回し、妻からも離婚を迫られている傍若無人な人物でネガティブな性格。脅迫文が送られ困っている時、偶然通りがかった駿太郎に解決を依頼する。『私立探偵★真壁リュウ』は18年間続いている人気シリーズであり、現在シーズン7を放送している。

ゲスト[編集]

第1話[編集]

松浦 拓巳
演 - 水橋研二
元消防士。半年前に火災現場で部下を亡くして辞職、その出来事に対して罪悪感を抱きアンダーグラウンドファイトでやられ屋として参戦する。命の危機に直面している状態にある。
松浦 茉菜
演 - 緑友利恵
拓巳の妹。ラッキー探偵社に兄の捜索を依頼する。
美香
演 - 松本若菜
駿太郎と不倫していた人妻。ラッキー探偵社に密会現場を撮りおさえられたことで夫に不倫がバレたため、駿太郎と別れる。

第2話[編集]

佐々岡 光男
演 - リリー・フランキー
バイオ産業のベンチャー企業「ステラバイオ社」の研究員。天才肌だが、周囲に迎合することなく自分のペースを崩さず研究を続けている一種の変人。
峯岸
演 - 鶴見辰吾
「ステラバイオ社」人事部長。佐々岡を役員に迎えるため、その昇進の前に佐々岡の素行調査を依頼する。
佐々岡 美紀
演 - 鮎ゆうき
佐々岡の妻。夫との関係は冷え切り、どうにか修復できないかと悩んでる。

第3話[編集]

岡本 紗江
演 - 紺野まひる
結婚詐欺疑惑のある女性。「水沢紗己子」の名前で毎回違う男と料理教室に通っており、その男性に手料理を振る舞うため他の生徒達に料理ショーと揶揄される。
箕輪 和則
演 - 東根作寿英
「水沢紗己子」の婚約者だという男性。紗己子の母親が難病だと500万を渡したが、母親が結婚詐欺だと疑っているため、彼女の身辺調査を依頼する。彼女の潔白を信じきっている。
岡本 弥生
演 - 畠山紬
水沢紗己子の娘。大人びた性格の毒舌家で、駿太郎を振り回す。涙もろく、泣く事ができる。

第4 - 5話[編集]

峰永 賢一
演 - 近江谷太朗
警視庁刑事部参事官。輝が林原の愛人を見張っていた時に撮った写真が切っ掛けで捜査情報漏洩や不正入札に関与した疑惑を持たれる。
林原 浩志
演 - 正名僕蔵
料亭の女将を愛人にしている妻帯者。女将が別の男と一緒にいるところを目撃し、女将の浮気調査を依頼する。神経質な性格で、錠剤を手放さない。
新田 真須子
演 - 西山繭子(第5話)
輝の姉。警察に追われることになった輝を調べに来た駿太郎に輝の過去を話す。

第6話[編集]

小林 タモツ
演 - 飯田基祐
ラッキー探偵社2000件目の依頼の調査対象者。探偵達に不倫現場を押さえられ、その調査報告者が依頼者の妻に行き渡ることになっている。
敷島 貴志
演 - 野間口徹
ラッキー探偵社の向かいにある喫茶店「敷島珈琲」のマスター。常連の茅野と懇意にしているが、茅野は憩いの場を乱したくない思いから探偵社のメンバーにはコーヒーがまずい店として振れ回っている。

第7話[編集]

千崎 陽子
演 - 中越典子
航空会社「JAPAN AIRLINES」Lost and Found Service(遺失物係)。淳平のお見合い相手で一時は淳平の嘘から彼を弁護士だと信じていた。仕事熱心で客の無くした物を決して諦めずに探し出すことを至上とする。
中村 トメ
演 - 水野久美
枕元に現れるようになった幽霊が戦時中に出兵した夫かを確認してほしいと依頼してきた老婆。夫は船ごと沈んでしまったが、夫の帰りを信じる思いから、未だに独り身。その戦時中に思い出の品であるお守りも無くしていた。
山下 さとこ
演 - 田野アサミ
陽子の後輩社員、航空会社「JAPAN AIRLINES」Lost and Found Service(遺失物係)。

第8話[編集]

飯塚 月子
演 - 釈由美子
銀座高級club「M」ホステス嬢。自宅に盗聴器が仕掛けられ、その目的と犯人を割り出して欲しいと「ラッキー探偵社」に依頼する。
立藤 晋作
演 - 前川泰之
月子の彼氏、「日本革新党」衆議院議員。大物代議士・十朱派に属している議員で円満に派閥から離れられないかと画策している。
新堂 誠
演 - 細田よしひこ
外資系企業「ACジョーンズ通信」勤務。飛鳥の元彼、同窓会で久し振りに再会する。仕事で失敗し落ち込んでいる飛鳥にアメリカのワシントン本社に海外赴任が決まったので、一緒に行かないかと誘う。

第9 - 10話[編集]

八神 景介
演 - 鹿賀丈史(10話)
「八神コーポレーション」社長。瞳子の父・眞人(後述)が死の直前まで調べていた人物であり、眞人の死にも関係している。
望月 史織
演 - 夏帆
「CAFE`MATERIALS」のウェイトレス。ストーカーに付け狙われていると「ラッキー探偵社」に依頼するも、ラッキー探偵社から眞人の手帳を奪い取るための口実に過ぎなかった。しかし、恋人役の駿太郎に警護されるうちに駿太郎に惹かれ始め、彼を欺くための演技(または本心)でキスをしたことが仇となり、駿太郎に工作員としての正体がバレてしまう。10話では取引のために再度、駿太郎たちの前に登場する。自分の任務を遂行した後で、「駿太郎といた時間は楽しかった」と彼に本心を伝える。
キャップの男
演 - 三元雅芸
史織を付け回していた男で、ショッピングモールで駿太郎を突き飛ばし史織をショッピングモールの屋上まで連れ去る。しかし、実は史織とグルで、史織が手帳を強奪する際にラッキー探偵社に合流する。その後駿太郎と激しい格闘となり追い詰められた末に、史織を人質に手帳を寄越すように要求するも、駿太郎に一瞬の隙を突かれ倒された。
謎の男性
演 - 永井大
溜池の幽霊会社を根城にし、八神の指示で動く男達のリーダー。黒い手帳を奪うため、部下を率いて瞳子を拉致する。駿太郎相手に善戦するほどの格闘センスの持ち主である。
槇谷 由香利
演 - 奥田恵梨華
長年蒸発していた父親が見つかるが余命宣告され別れを惜しむ間もなく他界する。亡くなった父親は瞳子の父親と友人関係で黒い手帳を預かっていた。
藤崎 眞人
演 - 大鷹明良
瞳子の父親、弁護士。ボランティアで「品川の未来を考える会」の活動をしていた。北品川の歩道橋で転落死したと思われていたが、八神景介の不正の証拠を入手した後に「八神コーポレーション」の内部で殺害されていたことが発覚する。

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

連続ドラマ[編集]

各話 放送日 サブタイトル 脚本 演出 視聴率
mission 1 2012年1月16日 新米探偵、女ボスからの初ミッション! 早船歌江子
野木亜紀子
佐藤信介 16.3%
mission 2 2012年1月23日 天才研究員を調査せよ 金沢達也 成田岳 16.9%
mission 3 2012年1月30日 結婚詐欺師を追え 野木亜紀子 平野眞 15.2%
mission 4 2012年2月06日 仕掛けられた甘いワナ 佐藤信介 15.4%
mission 5 2012年2月13日 別れの予感、駆ける夜 成田岳 15.2%
mission 6 2012年2月20日 最初で最悪の案件 長瀬国博 14.6%
mission 7 2012年2月27日 恋におちて 宇田学 成田岳 13.6%
mission 8 2012年3月05日 美人ホステスのスキャンダル! 早船歌江子 平野眞 15.5%
mission 9 2012年3月12日 恋という名のワナ! 野木亜紀子 成田岳 15.6%
mission 10 2012年3月19日 仲間達よ永遠に! 佐藤信介 16.9%
平均視聴率 15.6%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)
  • 初回は15分拡大、最終回は20分拡大。
  • 2012年1月期の連続ドラマの中では最高視聴率、最終回視聴率、平均視聴率はトップとなった。月9枠の作品がクール1位を記録したのは『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命- 2nd Season』以来、2年ぶりとなった。

スペシャル[編集]

放送日 サブタイトル 脚本 演出 視聴率
2013年1月3日 空前の豪華キャスト奇跡の再集結!~魔性の女の甘美な誘惑
天才教授に仕掛けられた巧妙なワナに探偵社最後で最大の危機!
井上由美子 松山博昭 15.0%

番外編[編集]

サイドストーリー『敷島★珈琲 バリスタは見た!?』[編集]

ドラマ放送期間中にYouTubeで配信されたサイドストーリー。全10回。ラッキー探偵社の向かいにある敷島珈琲という喫茶店の店主、敷島貴志(野間口徹)が、ラッキー探偵社で何が起こっているのかを調べるというストーリー。ほぼ毎回探偵社の茅野メイが喫茶店にやってきて敷島と話をする。敷島珈琲は、ドラマ6話で登場した。なお、2011年にフジテレビNEXTで放送された『TOKYO コントロール』に、コーヒーに詳しい航空管制官として、同じ配役の敷島貴志という登場人物がいた。

スタッフ[編集]

  • プロデューサー - 関口大輔
  • 演出 - 尾形竜太
  • 脚本 - 宇田学
  • 音楽 - ティム・ウィン

スピンオフドラマ『私立探偵★真壁リュウ』[編集]

ドラマに登場する登場人物が見ているドラマ『私立探偵★真壁リュウ』が独立して制作された。全4話。CSで放送され、DVDとしてレンタル・販売されている。ドラマ『私立探偵★真壁リュウ』は、ラッキーセブン内にほぼ毎回登場するが、6話で駿太郎がテレビ局で真壁本人と出会うエピソードが制作された。

キャスト[編集]

  • 谷原章介
  • 阪田マサノブ

スタッフ[編集]

水曜どうでしょうからのパロディー[編集]

作品内では、旭淳平役の大泉洋が出演していたバラエティー番組『水曜どうでしょう』のパロディーがいくつか見られた。以下詳細は水曜どうでしょうの企画などを参照。

  • 第3話、料理教室のシーンで「何度かパイ生地を腐らせたことがある」という発言は『シェフ大泉 夏野菜スペシャル』から。
  • 第6話、「相撲で勝負」という発言はどうでしょう内では定番の相撲対決から。
  • 第8話、移動手段にホンダスーパーカブを使用したのは『カブの旅シリーズ』から。
  • 第8話、「アメリカにも温泉はある」「30号線を真っ直ぐ行くと」という発言は『アメリカ合衆国縦断』から。

脚注・出典[編集]

  1. ^ 新春を飾る1月・月9ドラマ『ラッキーセブン』の主演に松本潤が決定!!”. とれたてフジテレビ. フジテレビ (2011年11月11日). 2011年11月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年8月19日閲覧。
  2. ^ 主題歌を歌った嵐は次作『鍵のかかった部屋』でも主題歌を歌っており、また月9枠において2作連続で同一アーティストが主題歌を手掛けるのは初めてのことである。

外部リンク[編集]

フジテレビ 月曜9時枠の連続ドラマ
前番組 番組名 次番組
私が恋愛できない理由
(2011.10.17 - 2011.12.19)
ラッキーセブン
(2012.1.16 - 2012.3.19)
鍵のかかった部屋
(2012.4.16 - 2012.6.25)