天国からのエール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
天国からのエール
Tengoku karano e-ru
監督 熊澤誓人
脚本 尾崎将也
うえのきみこ
製作 「天国からのエール」製作委員会
製作総指揮 豊島雅郎
堤田泰夫
出演者 阿部寛
ミムラ
桜庭ななみ
矢野聖人
森崎ウィン
野村周平
音楽 御供信弘
林祐介
主題歌 ステレオポニー「ありがとう」
撮影 金子正人
編集 普嶋信一
製作会社 ジャンゴフィルム
配給 アスミック・エース
公開 日本の旗 2011年10月1日
上映時間 114分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

天国からのエール』(てんごくからのエール)は、2011年10月1日に公開の日本映画

概要[編集]

沖縄県本部町にある無料の音楽スタジオ「あじさい音楽村」の設立に尽力し、2009年、がんで逝去した仲宗根陽氏の実話を基にした映画。監督は熊沢誓人。主演は『TRICK』の阿部寛と『いま、会いにゆきます』のミムラ。脚本は『結婚できない男』や『白い春』など阿部寛主演のテレビドラマの脚本を手がけた尾崎将也と『クレヨンしんちゃん』のテレビシリーズに参加しているうえのきみこが手掛けた。主演の阿部寛は実在の人物の役作りのため、沖縄方言の練習や本人の衣服を借りたり、臨終シーンの為に3日で7kgの減量を行うなど役作りを行っている[1]

キャッチコピーは「『本気で叱ってくれた。本気で愛してくれた』 沖縄の小さな弁当屋で生まれた、奇跡の実話」。

ストーリー[編集]

沖縄で小さな弁当屋を営む大城陽(阿部寛)は、彼の店に弁当を買いに来る高校生たちが、バンドの練習をする場所がないことを知り、店のガレージをスタジオにすることに。陽は「挨拶をすること。赤点を取らないこと。人の痛みが分かる人間になること」この3つを条件に無償で場所を提供する。そんな彼を高校生たちは慕うのだが、ある日、陽が病で倒れ…。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌・挿入歌[編集]

ステレオポニーありがとう

実際にあじさい音楽村出身によるバンド。

脚注[編集]

外部リンク[編集]