赤坂ACTシアター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
赤坂ACTシアター
Akasaka ACT Theater
赤坂ACTシアター
情報
旧名称 赤坂ミュージカル劇場(旧施設)
完成 2008年3月14日
開館 2008年3月14日
開館公演 新作バレエ 『ベートーヴェン第九
収容人員 1,324人
客席数 1階890席、2階434席
延床面積 約10,000m²
設備 カフェ
用途 ミュージカル、演劇、コンサートなど
運営 TBSテレビ
所在地 107-8006
東京都港区赤坂5-3-2
赤坂サカス内)
位置 北緯35度40分22秒 東経139度44分6.1秒 / 北緯35.67278度 東経139.735028度 / 35.67278; 139.735028座標: 北緯35度40分22秒 東経139度44分6.1秒 / 北緯35.67278度 東経139.735028度 / 35.67278; 139.735028
アクセス 東京メトロ千代田線赤坂駅」から徒歩1分
東京メトロ銀座線南北線溜池山王駅」から徒歩7分
東京メトロ銀座線・丸ノ内線赤坂見附駅」から徒歩8分
公式サイト 赤坂ACTシアター

赤坂ACTシアター(あかさかあくとシアター、英語Akasaka ACT Theater)は、東京都港区赤坂赤坂サカス内にある劇場である。座席数1,324席。旧・赤坂ミュージカル劇場。

概要[編集]

2008年平成20年)3月14日に、東京放送(現・東京放送ホールディングス)旧社屋跡地で行われていた再開発計画、赤坂サカスの中核となる文化施設の一つとして、同じく一時閉鎖されていたライブハウス赤坂BLITZに隣接して(新)赤坂ACTシアターが開業した。

初公演は、熊川哲也率いるKバレエカンパニーによる新作バレエ 『ベートーヴェン第九』である(2008年(平成20年)3月14日 - 20日[1]

公式の杮落し公演は、宮本亜門演出・LION presents 祝祭音楽劇『トゥーランドット』(同年3月27日 - 4月27日)である[2]

2008年(平成20年)11月20日 - 12月20日には、中島みゆき夜会が行われた[3]

2009年(平成21年)4月に、東京放送の持株会社化(東京放送ホールディングス)に伴い、運営がTBSテレビに移行した。

JNN系・TBS系列局でこのような劇場を所有しているのは毎日放送(MBS)が大阪市中央区に所有しているシアターBRAVA!、そしてTBSテレビが所有する赤坂BLITZ、赤坂ACTシアターの3箇所である。

略史[編集]

主な公演[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “プレミアムオープニング 熊川哲也Kバレエカンパニー” チケットスペース
  2. ^ “新・赤坂ACTシアターオープニングシリーズ ラインアップ発表会” シアターガイド 2007年9月13日
    事前報道ではこのように「杮落し」と呼ばれたが、実際の催しとしては前述『第九』が先であるため、厳密な意味では「杮落し」とは言えない。
  3. ^ 長年渋谷Bunkamuraシアターコクーンで開催されてきたが、数年前に青山劇場に移り、2008年平成20年)は赤坂ACTシアターでの開催となった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]