原阿佐緒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
原 阿佐緒
Asao Hara.jpeg
誕生 原 浅尾
1888年6月1日
日本の旗 日本 宮城県黒川郡宮床村
(現在の同県同郡大和町大字宮床)
死没 1969年2月21日(満80歳没)
日本の旗 日本 神奈川県足柄下郡真鶴町
職業 歌人
言語 日本の旗 日本語
最終学歴 宮城県立高等女学校(現在の宮城県宮城第一高等学校)中途退学
日本女子美術学校(現在の東京都立忍岡高等学校)中途退学
活動期間 1909年 - 1940年
ジャンル 短歌作詞、映画原作
配偶者 庄子勇
パートナー 小原要逸
古泉千樫
石原純
子供 2
原千秋(長男)
原保美(次男)
公式サイト haraasao.jp
テンプレートを表示

原 阿佐緒(はら あさお、女性、1888年6月1日 - 1969年2月21日)は、日本歌人である。本名原 浅尾(はら あさお)。

人物・来歴[編集]

1888年(明治21年)6月1日宮城県黒川郡宮床村(現在の同県同郡大和町大字宮床)に生まれる[1]宮城県立高等女学校(現在の宮城県宮城第一高等学校)を中途退学し、上京して日本女子美術学校(現在の東京都立忍岡高等学校)で日本画を学び、1909年(明治40年)、新詩社に入って与謝野晶子に師事、『スバル』に短歌を発表。『スバル』終刊後は『アララギ』に移り、今井邦子三ヶ島葭子とともにアララギ女流の新鋭と見なされるようになる。

美貌の持ち主であり若くからさまざまな恋愛問題を引き起こしてきた。小原要逸との間に一児(阿佐緒の長男・千秋)、画家庄子勇と結婚し一児(阿佐緒の次男・保美)をもうけるも離婚。1921年(大正12年)、物理学者で『アララギ』重鎮の歌人であった石原純との恋愛が問題となる。石原には妻子があったため『アララギ』を揺るがす大事件となり、島木赤彦斎藤茂吉は石原に離縁を説得したものの受け入れなかった。同年8月に石原は東北帝国大学を辞職。二人は同棲を続けた。この事件により阿佐緒は『アララギ』を事実上追放され、石原も『アララギ』を脱会した。また、阿佐緒を擁護した古泉千樫三ヶ島葭子も『アララギ』を離れることになった。1924年(大正13年)に北原白秋前田夕暮釈迢空らによって歌誌『日光』が創刊されると、四人とも参加に至った。

1929年(昭和4年)、大阪梅田にバー「阿佐緒の家」を始める。1932年(昭和7年)、直木三十五の紹介で「大衆文芸映画社」に入社、阿佐緒が原作を書き女優として主演したサイレント映画佳人よ何処へ』(監督福西譲治)が製作され、同年6月1日に新興キネマが配給して公開された[2]。同作の公開に先行し、阿佐緒が作詞し古賀政男が作曲・編曲、淡谷のり子が歌った同名の主題歌、および関種子が歌った関連曲『あけみの唄』を、日本コロムビアが同年5月に発売している[3][4]1933年(昭和8年)、石原は妻子の許に帰り、原はバーを転々として1943年(昭和18年)帰郷。歌壇には復帰しなかった。

1969年(昭和44年)2月21日神奈川県足柄下郡真鶴町心不全により死去した[1][5]。満80歳没。

長男は映画監督・原千秋、次男は俳優・原保美で、保美は画家中川一政の長女・桃子と結婚した。

著書[編集]

左から、保美阿佐緒、しげ、千秋(1930年前後)。
  • 涙痕 歌集 東雲堂 1913
  • 白木槿 歌集 東雲堂書店 1916
  • うす雲 歌集 不二書房 1928
  • 原阿佐緒抒情歌集 平凡社 1929
  • 原阿佐緒全歌集 小野勝美編 至芸出版社 1978.6
  • 死をみつめて 歌集 短歌新聞社 1995.9 (短歌新聞社文庫)
  • 原阿佐緒自伝・黒い絵具 西田耕三編・制作 耕風社 1997.8 (みやぎ文学館ライブラリー)

作品[編集]

映画[編集]

楽曲[編集]

すべて作詞である[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 原阿佐緒年譜、原阿佐緒記念館、2012年11月7日閲覧。
  2. ^ 佳人よ何処へ日本映画データベース、2012年11月7日閲覧。
  3. ^ 佳人よ何処へ国立国会図書館、2012年11月7日閲覧。
  4. ^ あけみの唄、国立国会図書館、2012年11月7日閲覧。
  5. ^ 小野[1974]、p.2.
  6. ^ 原 阿佐緒 作詞、国立国会図書館、2012年11月7日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]